あら、こんなとこに『花神』と『東京裁判』が  ――兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑

■大村益次郎 wiki
■『花神』(司馬遼太郎)

 最後に出かけたのっていつだっけよ……と自問すると自動的に遠い目にならざるを得ないほど、今のわたくしはおうちにずっと居るのだけれど。それでも正月にはお能なんか観に行ったんだよ。
 マミーとシーゴラスの三人でさ。んで、早くに着きすぎたんで、その大槻能楽堂がある上町あたりをうろうろ散歩してた。そいたら、交差点側にこんなでっかいもんが。

b0016567_413091.jpg
 「兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑」……大村益次郎卿といえばあの村田蔵六。あの司馬遼太郎の『花神』の火吹きダルマではないのっ!

 でも、ちょっと待てと腕組み、「殉難報國之碑」って、蔵六さんは、大村益次郎は京都三条木屋町で刺客に襲われたんだよな?と考え、おお、そうか、その後、大阪運ばれて大阪仮病院で手術受けて、それから死んだんだよ、じゃ、それがここ? ……あり? その大阪仮病院って今の阪大医学部じゃねがっだ?……わがんね。ともかくこの界隈でお亡くなりになられたということで手を打とうと。  
*その辺の事情Yahoo質問箱

 ま、ともかく、碑文の建立は昭和15年11月。まずは、ずらりと並んだ発起人・賛助者の名の豪華さに驚く。



 いきなし二番目から伊藤忠兵衛(伊藤忠&丸紅創業者)で、他にも、
b0016567_493824.jpg

すいません、実際の名前はいろは順に並んでるんですが、ばらばらに撮ったんで、画像くっつけた時に順番がめちゃくちゃになってます。

 国際連盟脱退したときの外相、松岡洋右じゃないのさ、ほんで松下幸之助鴻池善右衛門鴻池財閥)、小林一三阪急財閥)、高津久右衛門マミー曰く「大阪の大商人よ」)。江崎利一江崎グリコ)、寺内壽一って寺内寿一?(つうことはあの史上最低最悪のインパール作戦、ここまで超絶的にバカな作戦なかなか考えつくもんじゃねえよのウ号作戦を「いいんじゃないの~」とやらせた南方軍総司令官? あ、そういえば、京都から蔵六を担架で運んだ一人がこの人のとうちゃん、寺内正毅だったな
 ほんで、安宅彌吉安宅産業)、あら荒木貞夫って皇道派の大物、2・26でわりくらった人じゃん、『東京裁判』で観たぞ。そうそう、写ってないが南次郎の名前もあった。関東軍総司令官でこれも東京裁判組……おっと、松岡洋右もそうだぜ。林銑十郎(陸相&総理大臣)、そして、東条英機
 そのすぐ横で見えづらいのは鳥井信治郎(「聞いた名前だけど、誰だっけ?」、シーゴラス曰く「サントリー」)。大島健一日露戦争の参謀か何かだよね? その後陸相の筈)、大林義雄これまたシーゴラスが間髪を容れず「大林組」)。

 ……などと、驚きつつも、私はだんだんいやんな感じに。
 だってさ、司馬遼太郎の『花神』じゃ、蔵六さんは、明治維新という革命の狂気の渦の中で一人、ウルトラ現実主義を貫いた頑固者という、いわば骨の髄までエンジニア気質の人でね。私はとても好きだったのよ。ちょっと惚れてたのよ。それがこういうラインナップで祀られてるのって、ぴんと来ねえなあと。
 でも、やっぱ「事実上の日本陸軍の創始者」なんだよねえ。それがいかんてわけじゃないないけどさ。司馬遼太郎はあくまでも「フィクション」作家ってのもわかってるさ。でもさ。なんかさ。大体、昭和15年(1940年)建立ってこと自体、とってもきな臭いもんな。

 けど、そこに、「緒方」という名前があったことには、私はちょっと嬉しくなった。
 なぜって、村田蔵六、つまり大村益次郎は緒方洪庵の愛弟子だったんだよね。
 だからこそ、斬られた後、手術される時に、切断した足は「先生のお墓の側に埋めてもらいたい」と頼んでいた。そして、その通り、彼の足の骨は、緒方家の菩提寺、大阪市北区竜海寺の洪庵の墓の傍らに、「寄り添うように」眠っているそうだ。司馬遼太郎は、作中でその塚の事の方をエンディングに持って来ている。
(この緒方銈次郎氏は洪庵のお孫さんで、大村益次郎の本も書いておられるの。ついでに阪大に「緒方洪庵旧宅及塾」、あの適々斎塾を寄贈した方でもある)

 ……てな風に、まあ、思わぬ時に思わぬところで歴史に、それも「明治維新」と「この間の戦争」という時間を隔てた二つの「血を流した歴史」っつうのに出くわして、なんかいろいろと考えた。
 当たり前のことだけど、そのどっちも、この土地は知ってるんだなあ と思った。そのどっちもが、この上を過ぎっていったんだなあとか、それってほんと、あったり前のことなのに、なんだかすごく不思議な感じだった。

 
兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑:大阪市中央区上町交差点
[PR]
by acoyo | 2009-03-23 05:16 | 半径○キロの散策 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/10568414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tonbori-dr at 2009-03-23 21:27
ここらも完全にテリトリーではあります。
上町台地は大王の時代から歴史のクロスポイントですから色々見てるはず。
難波宮からはじまって大きな戦乱もあったし今でも色々調べると発見があります。
Commented by samurai-kyousuke at 2009-03-23 23:13
司馬遼太郎さんの「世に棲む日日」と「花神」を原作にした、NHK大河の「花神」も面白かったですね。
Commented by gun_gun_G at 2009-03-23 23:23
「花神」も傑作ですがGはどうしても「峠」なんで(爆)
Gの父方は水戸藩、母方は相馬中村藩と
北関東、東北系の血筋なんで微妙なんですよね。
ただ、ただ、ただ!一橋慶喜は水戸藩出身でも嫌いです。
(理由は多く語らず。薩長だと伊藤博文が嫌いです。これも語らず)
Commented by kiyotayoki at 2009-03-24 10:31
さすがに女性の名前はありませんね。
拝読していたら、オランダおいねさんを思い出しました。
確か、大村益二郎の最期を看取ったのがおいねさんでしたよね。
Commented by acoyo at 2009-03-24 13:26
★tonboriさん
おお、やはりテリトリーでしたか。お見それしました。そうなんですよね、「古代」から、なわけです。
実はこの不況でつぶれたんですが、去年あたりはそっちに引っ越す計画が進んでまして、浪速宮のあたり歩いてこのへんがいいなあとか思ってました。
そうなんです。最近、ちょっとテリトリー変えてみて、「大阪は古くからの町なんだ」という当たり前のことを今、考えてます。

★smauraiさん
個人的には、司馬遼太郎の中で、『花神』と『世に棲む日々』がベストなんです。
『花神』はTSUTAYAに行っても5巻の総集編版しかないんですよ。それでもキャスティングが面白くて話に勢いもあって、いい作品なんで、全話CSで再放送しないかなあと思ってます。後、「獅子の時代」も全話で観たいなあ。
Commented by acoyo at 2009-03-24 13:34
★gun_gun_Gさん
私のベストは↑に書いた。
戊辰戦争に引き裂かれるお血筋ですね。うちは母方は徳島藩士だったんですが、とてもそうは思えぬほど貧乏してたそうです。蜂須賀小六の子分ですから、秀吉には被るけど、隣の高知に比べてぱっとしない(爆)。
父方は祖父が大和出身というくらいで、郷士だったという話もあるけど、祖父が早くに亡くなった上、祖母も亡くなってるの今も不明です。十津川郷士だったら、かっこよくね? とか思ってます。

★kiyotayokiさん
『花神』のおいねさんはかっこいいっすよ。実際、看取った、というのが非公式ながら一般見解になってるんじゃないかな。まあ事実がどうであれ、そうだったらいいなあと私も思います。
Commented by belltone at 2009-03-25 12:09
僕も司馬遼太郎の中では「花神」「世に棲む日々」がベストだと思います。長さ的にもちょうどいい長さで。
確かに日本は過去に大きな挫折を味わっていて、未だにその傷から復活していない感じはありますが、この石碑は現在の日本そのものを表しているような気もします。否定的になりすぎないよう、注意しないとなあ、とも思います。
ウチは父方・母方ともに完全に名もなき農民の出自なので、郷士などは羨ましいです。農民は土地持ってるので、また現代日本のいやーな部分をも担当していますしね。
Commented by acoyo at 2009-03-25 17:52
★belltoneさん
いささか釣り入ってたんで、ひっかかってくれてありがとう(笑)。
んでしょ? あの二冊、いいですよね。考えるって点じゃ、例の「長大なる」二冊に適わないかもしれませんが。

>この石碑は現在の日本そのものを表しているような気もします。否定的になりすぎないよう、注意しないとなあ、とも思います。

そうですね。感じた衝撃ってのは、ああここに明治があるって感覚かもしれません。いわゆる「明治の史跡」なんかよりずっと強烈に「明治」を感じたという。そして、安易な否定は安易な肯定と変わらないのだというのは、私もキモに命じたいと思います。
うちは実はね話はごめんなさい。そういうの傍で見てて、いや~んとか思っちゃうのについやっちゃいました。でも、私ももうひとかたも、ごくのんきに言い合ってただけなんで、お読み飛ばしください。
そんでね、武家だろうが公家だろうが、所詮、他人様の上がりで飯食ってる類なんで、一番エライのは農民です。それは変わりません。まあ、戦後、彼らが生産現場を離れたor引き離されたっていうのが、いやんな部分になってるんだと思います。
Commented by belltone at 2009-03-25 20:08
うわああああっ!長州人用の釣り餌に食いついてしまったああっ!
Commented by acoyo at 2009-03-27 16:50
釣ってしまった。うふふふふ。