『ヤッターマン』  お好きな方だけツボ踏みまっせな快作

 近所のシネコンは閑古鳥。え? うちらだけ? と思ったらその後、櫻井某目当ての地味なおねえさん方がぱらぱら、次いでどっか行こうよーとうるさいガキ黙らせる算段の家族連れがばらばら。何だか寂しい土曜のシネ・ナイト。
 ま、「珍しくもブログ仲間が三件揃い上げ&たまたま元気でお出かけしたかったんで行った」んすけど(『ダウト』や『フロスト×ニクソン』てな頭よさげなもんも行きたいけどさ。梅田まで出なきゃなんないし、今の私には体力は貴重)。んで、翌日の日曜は予想通り寝て過ごした。今日は中一日休養後ってとこで、体調はともかく気分は元気。

 
 最初に。私はこの映画撮った三池崇史という監督がとても好きなのな。でも、そのー、「一応は世界の三池」らしいが、非常に書きづらいのよ、わたくしには、さして知識も無いし。だもんで今まで勝手に、某ブログ某ブログに「三池の件は全てお任せ」してきた。
 んだから、このエントリにはバイアスかかってます、まずそれをお断りしときます。

 そいと見終わって、肩押したお三方のエントリ読み直し、
全国の女子高生のみなさん!! (ドット・ハラーイ)
『ヤッターマン』仮面に隠した正義の心(せんだって日記)
子供は解らなくていいんだよ。〈ヤッターマン〉(日刊【考える葦】Returns)

 「やべ……。書き足すことがねえ」(爆)

「難問のアニメ実写化見事クリア」の件はゑび庵さんが、「ドロンジョ様という女」(&俳優)の話はせんだってさんが、「三池的なるもの」については森と海さんが語っておられる……じゃ、わたくし、何書けばよいの?
 つうことで、新しい切り口なんてナイ。それでもだらだら書いちゃうのが私の性ってことで、よろすく。

4.1追記
まさか邦画の実写で『ヤッターマン』が観れるとは。(web-tonbori堂ブログ) 
さあこれでお任せ組が揃ったなと。つか先に上げてよかったよ。ホントに書くこと無くなるとこだった(藁)。
 さらに追記
やっておしまい!(瀬戸際日記)




 で、これ、観るんなら、あんま期待して観ないでね。
 だって、『ヤッターマン』てアニメ自体、そうじゃないっすか。あれ、正座して眦決して観てた人居る? 居たらごめん、ただ私は夕方の再放送枠、晩飯までの繋ぎでお気楽に見てた(ドロンボー一味が不憫で不憫で、頼むよ、一度くらい勝たせてやれよーと)。確かに、当時からあの雰囲気を「大人だな」とは感じてた。でも、大人=ハイグレード感てのはまるでなく、むしろいい意味での格下感があった。
 んで、この映画は、その意図的な安さ=「快適なぬるさ」を丁寧に出してる。美術の微妙なちゃちさとか。森と海さんが仰有るように、三池がターゲット絞ったからだな。「昭和の茶の間で寝そべって見てたガキも、平成の今じゃともかく不況とメタポが怖い」という方々へのピンポイント・バリアパンチ作戦。そして、それは正しい。

 従って、忠実再現でありつつ、上がりは大人向け。でないと大人は笑えませんがな。その辺、うまい。つか、アニメの実写映像化についてとても考えてる。
 例えば、ヤッターキングが衛星をぽーんと弾き飛ばすとこ。あれ、私、大好きで。いかにもアニメ的フレーミングだけど、きちんと実写のリズムになってる。だから笑える。
 後は、やはり「今週のびっくりどっきりメカ」。あのカタルシスを待ちわびていた人は多いと思うが、それにちゃんと答えてる。何でもないことに思えるけど、あれ、イージーに実写化したら絶対に白ける(『トランスファーマー』みたく)。アニメと実写は視覚情報の質が全然違うし、それが忠実再現に見えたっていうのは、実はすごくディテルに目を配って計算してるってことだと思う。
 ヤッターワンなんか置き物にわざわざ実物大作ってるでしょ。それが計算で心意気、そこでCG使ったらこの映画アウトだもん。そういう見極めはホント、とても正しい。

 こういう「正しさ」、つまり、、ええ年こいた大人が本気でバカ道邁進して、でもこのソウルの奥底にはきらりと光る矜持が、ってのを「イキ」って言うんすけどね、わたくしは。
 で、「ヤッターマン」はイキなアニメだったと言えるし、この映画はイキな映画だ。

 結果、これは「ヤッターマン」であると同時にかなりザッツ三池ショーになってる。いや、三池がイキ? って訊かれたら困るけど(藁)。
 そんだけに、アニメのファンかどうか以前に、「一応は世界の三池」がアウトならきつい。有り無し、綺麗に別れるなと。だって、バカなんだもん。

 だもんで正直、ヤッターマン・オンリーの場面は、私にはちとつらい。ガレージのセットのなにげな安さはホントにいいし、ヤッターキングは笑えたけどさ。でも、芝居でだれる、二人が浮いてる。確かにあの二人、アニメでも影が薄かったが、そこまでトレスせんでも。
 ヤッターワンの移動シーンなんか、杏里ちゃんにだけ美味しいとこふられて、この二人は清々しく見捨てられてる。だったら、いっそ全編にわたってさらに徹底して見捨ててくれてたら、よりタイトな印象になったのではないかと。(大丈夫。櫻井のファンはいい人たちだから来てくれるよ。見終わった後、「翔クン、かっこよかったね」とか言いあってたし

 まあ、その分、ドロンボー一味が飛ばしたね。深キョンのかわいさは、ワン・オヴ無意識のどっかにドロンジョ様が居座ってる類の女たるわたくしとしちゃ、新鮮だった。
 んで、それは彼女を支えた脇の力でもあるのね。ともかく「女王様に恋した男の哀愁」を演じきった生瀬が見事。ボヤッキー台詞からすっと中年男の素っぽい台詞に移すあたり絶妙。彼が居たから、深キョン・ドロンジョはフェム・ファタルたり得たのよ。久しぶりに、彼の出力十分の芝居を観られただけで、翌日熱出しても行った甲斐はあった(観る前に食べた揚州炒飯はうまかったし)。相方のケンドーコバヤシもそれに引っ張られていい間をとるし、阿部、コントロールの効いた暴走をありがとう(苦笑)。

 ……んで、「三池のアレ」、これも皆様ご指摘の通り、アレとかアレとかアレとか(14だぞ)、ヤッターワンとバージンローダーのアレのリアルさとか(爆)。お帰りのロビーでは、子供連れのおかあさまが何か釈然としない顔でいらしたのが、とても印象的であった。
 
 ということで、好みが別れる一作でごさいますので、観て、とは間違っても言わない。しかし、お好きな方は、こんな大バカ映画、わざわざ金払って映画館で観るってのもちょいとイキよ。ま、気負いこんで期待しまくって行くってのは、どっか野暮って感じするけど。

 最後に、あちこちのレビューで言われておりますことに一言。
「ヒロトが年寄りで悪かったな」(藁)
 いや、単にわたくしが今でもヒロトが好きだという、それだけの事情。ふんだ。さ、ロートルは「日曜日よりの使者」でも聴くとするか。



「ヤッターマン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by acoyo | 2009-03-31 00:55 | 映画・ドラマ | Trackback(4) | Comments(22)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/10624360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from せんだって日記 at 2009-03-31 11:04
タイトル : 『ヤッターマン』仮面に隠した正義の心
 せんだって『ヤッターマン』を観た。衝動的に郊外のシネコンに。軽はずみに行くくらいの映画鑑賞がいいですね。●深田恭子がかわいかった。ずっとかわいかった。すげえ。富豪刑事よりもかわいかったんだからどんくらいかわいかったかわかるですか。ヤッターマンは音楽劇...... more
Tracked from web-tonbori堂.. at 2009-04-01 01:40
タイトル : まさか邦画の実写で『ヤッターマン』が観れるとは。
正直、三池サンでもなーとか思ってたし、ドロンジョがフカキョンっていうのは少なからずあったけど予告編を観て、 もしかすると面白いかもと言うのは秘密ナリ~。 きょうのわたくし : 『ヤッターマン』  お好きな方だけツボ踏みまっせな快作 **子供は解らなくていいんだよ。〈ヤッターマン〉** 日刊【考える葦】Returns シネマ親父の“日々是妄言” : 「ヤッターマン」コレ、子供に見せていいのかな~(^^;? で、皆様ツボにはまっておられるご様子。 しかし仰るとおり で、この映画が今日...... more
Tracked from Untiled-Blog at 2009-04-07 01:01
タイトル : 映画「ヤッターマン」
週末に観て来ました。大した事書けないけど、せっかくなので記事あげときます。今週は体調的に微妙だったんだけど、映画くらいならダイジョブかなと思って。いつもはネットでチケを取ってから行くんだけど、今回はなんか空いてそうなので現地(いつものチッタです)につい…... more
Tracked from ひいろお倶楽部@ at 2009-04-16 17:52
タイトル : 映画「ヤッターマン」を先週観ました・熱中したGの絵のルー..
こんばんは、3連投のGです。 前回のM1号の記事で書いたように早ければ今日、自宅での仕事があるので 今はほとんど自宅待機に近い状態でもあるもんですから 鉛筆画は余った時間に描いておいてたのがある事から 空いた時間が時間が勿体無いですし、 早めにアップしようとした記事の文章を打ってます。 (と文章打ってるうちにシフト確認の電話があった・・・) 夕方遅くになれば自宅の仕事が今日か明日か判明するので もし今日になったらこの文章をバックアップして明日に回そうという感じです。 ...... more
Commented by せんだって日記 at 2009-03-31 11:17 x
太田出版『コンティニュー』44号にヤッターマン関係のインタビューがありまして、美術の林田裕至が実物大ヤッターワンの必要性を説いて押し切ったことが書かれています。acoyoさん、慧眼慧眼。そんなふうなスタッフワークで演者のノリを煽ってった現場らしいですよ。とくに深田恭子はスタッフに愛されたのがよくわかりますよね。そうでない噂も聞きましたけど、詳細は電話かメールじゃないと話せないの。
甲本ヒロトに関してはすみませんです。ブルーハーツは凄いと思いますが、ヤッターキングの歌には悲壮感が必要だと思うのです。
Commented by umaco at 2009-03-31 15:08
キャスティング的には大当たりだと思ってるんですが
見に行く決心がつかないんですよ(笑)
ヤッターマンで一番のお気に入りはお仕置きなんですが その辺りは心配ないでしょうか?
Commented by acoyo at 2009-03-31 15:29
★せんだってさん
美術の林田さんは名前出したかったですね。これも分量の都合で。でも、一番の功労者は彼ではないかとシーゴラスも言っておりました。
三池始め、乗ってる風はとても伝わる映画ですな。それがみんなに心地いいかどうかはともかく(爆)。
ヒロトの件は、そちらだけだったらよかったんですが、何故か、あちこちでじじいじじいと書かれていて(涙)。くそー、あんたらだって年取るんだぞーと、つい。

★umacoさん
ううん……決心がつかないならどうだろ? 私もホントに思いつきの勢いで行ったので、それがよかったのかもしれません。参考になったエントリもどれも「脱力して熱血してる」って感じだったし(爆)。
お仕置きはね、深キョンがあり! なので無論、あり!でした。ただ、何よりもやっぱ「全国の女子高生のみなさん」でしょう、きっと。
Commented by まにゃーな at 2009-03-31 17:39 x
私は観たかったんですけど、ダンナに却下されました。
もう一度、誘ってみようかなー。

>こんな大バカ映画、わざわざ金払って映画館で観るってのもちょいとイキよ

確かに。ただ観るだけだったらDVDでも良いんだけど、作品を楽しみたいなら他のお客さんの反応も肌で感じられる映画館がいいかなーと。
ひとつのイベントとして楽しめるのは、上映期間中だけですもんね。
Commented by ゑび庵 at 2009-03-31 18:14 x
TB頂きましたv
これ、ツボが違うだけで、間逆の反応を食らうのは必至ですよね(笑)
ほんまに「ツボ次第」映画だと思いますわ。
知人のヤマサキ氏も、やはり似たことを書かれてますよ。
三池監督の他の映画って知らんのですが、ギャグの質は
みんなこんなんですか?(^^;
なんせ、私など「オジプト」だけで噴いてたくらい、
見事にやられましたもんね。どんだけ沸点低いんだよ(笑)
多分、「ヤッター成分」にだけ反応してたんだろうけども・・・
Commented by y_natsume1 at 2009-03-31 20:44
すっごいびっくり。 知らずに同じネタで同じ日にエントリUPしてました。 ええ、僕はわざわざお金払ってこの映画を観たイキな大人です(爆笑)。 ほんと、三池監督やってくれますね。
Commented by 猫パンチ at 2009-03-31 21:06 x
あ、新リンクありがとうございます。更新しないと。

三池氏が『アンドロメディア』の監督もやってたということに気づいたときは
「この人は本当になんでも撮れるんだ」
と衝撃を受けた覚えがあります。
以来、三池崇とロバート・ロドリゲスは、ぼくの中では万能監督という位置づけであります。

>ええ年こいた大人が本気でバカ道邁進して、でもこのソウルの奥底にはきらりと光る矜持が

その概念を人間の姿かたちにすると、おそらく小松政夫が現れるんじゃないかと思いますな。そうなると間違いなく大好きな世界ですので、これは劇場で観なければ。

あまり関係ないですが、「たこやきマントマン」ていう7~8年前のアニメも、ヤッターマンに通じるヌケ具合がすばらしくてよいですよ。
Commented by 森と海 at 2009-03-31 21:18 x
生真面目な人は怒り出しちゃうと思うんですよ、コレに限らす三池印は。怒らないまでも困惑することでしょう。

「ママ、ヤッターワンはなぜチューしたの?」
ってつぶらな瞳で聞かれた日にゃ、なんと答えればいいのか?その答えはラストに提示されてます。
そうやってはぐらかされて、モヤモヤとした年月を費やしたお子チャマは、ある日ある時自らその意味を知ることになる、そんな時限爆破装置付きだから困るのよ。
Commented by tonbori-dr at 2009-03-31 22:04
そんな三池印の『ヤッターマン』が興行ランキングトップを3週独走なんて、
色んな意味で面白い、いや実に面白いですよねえ。
こういう子供に色々挑んでくる三池サン。
『ケータイ捜査官7』でも思ったけど手を抜かず、自分の味(毒ともいう)をしのばせてくるんだから。
Commented by KAZZ at 2009-03-31 22:31 x
えー、コメントしようかどうか迷いました。
劇場で見るつもりは無かったし、今も未見なんで。。。

ただ、キャスティング的に「深田恭子」はアリ、だと思ってました。
根拠はないけれど。
強いていえば筒井の「富豪刑事」で「Too Much」な役を経験しているので、それは生きるかな、と。
あとアニメのドロンジョ役の声優(増山江威子さん??)に近いテンションも大丈夫かな、との2点だけでね。

ある映画を観に行った時に流れた予告編で「ヤッターワン」が海上走る画にはトキメイたしね。

あ、明日は映画の日か!!
行くか??
いやいや、毎週木曜日のオッサン1000円の日でも大丈夫でしょう!!

と、まあ、その気になってるし。。。

Commented by acoyo at 2009-03-31 23:43
★まにゃーなさん
>もう一度、誘ってみようかなー。
アニメ版ドロンジョ様風に高飛車に出てみるのも手かも。
映画館って独特の空間ですよね。暗いし、閉じてるし。自分でもやたら映画館に行く時期と全然行かない時期があって、後者の時はその空間の濃さが辛いんだなあと。でも、やっぱ出かけてみると映画館がいいなと思っちゃう。
ともかく、バック・ツー・ザ・フツー・ライフ、step by stepってことで(爆)。

★ゑび庵さん
いやあ、肩押しありがとうございました。おかげでDVDまで待たずにイキになれました(爆)。
今回、そのツボのポイントがどこまでシビアなんだろうかと考えてます。これ、関西walkerでも検索トップなんですよ。
三池のギャグの質というのはうまく言えないんですが(だから書きにくい~、この人。私のボキャブラリーでカバーできないw)、私はあの間が好きです。八尾出身ってのもあるかもしんないなあ。
でも、ゑび庵さんが前に書いてらした「妖怪大戦争」撮ってます。あれは三池カラーは薄いんですがね。

★natsumeさん
おおっ、シンクロニシティだわっ。ったく、イキな大人として、ポイント外しませんね、natsumeさん(藁)。ええ、やってくれました三池は。
Commented by acoyo at 2009-03-31 23:47
★猫パンチさん
いえいえ、新装開店おめでとうございます。web花束ってないのかな。あのプラスチックのやつ。
私が三池をリスペクトしてる理由の一つは他作であること、玉も石もごたまぜにともかく撮り続ける、休まないってことなんですね。これ、創作家として立派ですし(自分にぐさぐさw)、何より邦画の状況考えたら、マジ凄い。
猫パンチさんはお好きじゃないかと思いますが、外したらごめんね(爆)。小松政夫はいい喩えですねえ。というか、お笑いで根性入ってる芸人はみなそうですね。
「たこやきマントマン」、シーゴラスに訊いてみます。

★森と海さん
あ、某ブログで任せてきた人がっ(爆)。……すいません、皆さん、三池に関する質問はこの方にお願いします(汗)。
正直、生真面目な人は三池観ないでもいいよって以上に、映画自体観ないでいいって気も(言っちゃったw)。
ただ、シーゴラスは今回、満足はしてるけど、できればもっと壊して欲しかったんだってさ。それだけの力があるんだ、オリジナルを破壊せよ、弾けろと。じゃ、何? 映倫のバカでさえR15くれるようなものにしろと言いたいの? エロで? グロで? 三池が儲けちゃいけないのかと(爆)。
Commented by acoyo at 2009-03-31 23:48
★tonboriさん
あ、某ブログで任せてきた人がっ(爆)。……すいません、皆さん、三池に関する(以下略)。
手を抜きませんし、挑むのも止めませんし、休みませんからね、三池は。すっげえ男前だ。御大家面してロクに映画も撮らねえ連中に見習わせたい。
「ケータイ捜査官7」は録ってあるんで、一気にまとめて観る予定です。今はそのパターンでないと、連ドラはどうも見忘れる。

★KAZZさん
わざわざコメントありがとう。明日もあのステキなお弁当ですか?
深田恭子はね、アニメで観てた頃の「高飛車姉御」「妖しいけどマヌケな大人のおねーさん」てイメージがあって、どうかな? っだったんですが、杞憂でした。彼女の解釈&三池の演出は新鮮です。ともかく、かわいい!
迷っておられるんなら、1000円の日はいい選択かと。あのかわいらしさとヤッターワン&バージンローダーのからみは、できればでかい画面で観てほしいなあと。でも、ま、そこんとこはイキにイキに(藁)。
Commented at 2009-04-02 22:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acoyo at 2009-04-03 03:23
★鍵コメさん
あ、かえってお手間かけました(藁)。その通りだと思います。
Commented by まにゃーな at 2009-04-07 01:07 x
遅ればせながら、TBいただきました♪
私的には大満足でした。
ダンナは………。アニメの方もそんなに思い入れがなかったようで、微妙そうでしたけど、まぁ楽しんでくれたようです(^^)
Commented by acoyo at 2009-04-07 03:09
★まにゃーなさん
おっ、それではそちらにて~。
Commented by 夏葉 at 2009-04-11 22:10 x
姐さま、遅まきながら観て参りました。
おもしろかったです!
で、僭越ながら感想を書いたのでTBしたのですが、なぜかダメでした。
Commented by gun_gun_G at 2009-04-14 00:41
14日にブログ復帰したGでございます。
11日に観に行って来ました。公演前から期待してたので、
10日で打ち切りのドラゴンボールとはちと違い(爆)
後日、記事アップ予定です。
Gの絵にどういう影響を
タイムボカンシリーズが与えたかが明らかになり申す。では、後日。
Commented by gun_gun_G at 2009-04-16 18:10
我輩はがんがんじいだべえ!控えるだべえ!(ハーハー!)
ということで、記事の順番の関係で遅くなりましたが
ヤッターマンの記事を書きましたのでトラバします。
タイムボカンシリーズから、かなり馬鹿馬鹿しいメカもアップ。
acoyoさんも多分、気に入ると思いますよ。
Gの絵の関わりや本音なんかも書いてますので
太字処理はまだですが、ご興味ありましたらご覧あれ。
Commented by 夏葉 at 2009-04-16 20:57 x
姐様
なんだか逆にお気を遣わせてしまった感が……すみませんでした。

Commented by acoyo at 2009-04-16 23:53
★gun_gun_Gさん
TBありがとうございます。また覗かせていただきます♪

★夏葉さん
いえいえ、TBしてくれようってだけで有り難いんで、嬉しいだけっす。