これはホントにオリジナルを超えている。 TIME AFTER TIME ☆ Tuck & Patti

 これ、ネタが余ってるんですが、やりすぎると特化ブログになって引かれそうで、週に一度と自己規制中。んでも、これこそ、元々まにゃーなさんが立てたTBに相応しい楽曲かと。

 まあ、誰でも知ってる定番中の定番(藁)。ちょっとでも音がましなの欲しくて、絵が動かないの選びますた。ごめん、再生が強ければ強いだけパワーが幾何学級数的に上がるの、これ。
 




 遙か遙か昔、私は夜中にピーター・バラカンの番組を見てた。そこで、いかにもビッグ・ファット・ママなねいちゃんと気の弱そうな兄ちゃんデュオのクリップが出た。確かジミヘンのカバーだった。それが終わった後、私はTVにしがみつき、
えい、くだくだ解説はいいから、とっとと今のデュオの名をも一度言わんかっ!
 翌朝一番、私はチラシ裏のメモを手に、梅田WAVEに走った。店員を捕まえ(往事の店員は、今の連中とは違い、知識が豊富だった)、「ちょっと失礼、タック&パティどこ?」
 その店員はJAZZコーナーへと私を誘い、どのアルバムをお探しかと訊ねた。
 アルバムもへったくれも何も知らん(iTuneなどない古の話だ)。で、お勧めは何? 
 そこで店員が取って来たのが、このジャケ。TEARS OF JOY  
「タック&パティなら、まずはこれ、Time After Timeからでしょうね」
 
 買った、聴いた、腰抜けた、泣けた。その日は一日、この歌聴いてた。

 特に、タックのソロからブリッジに入ってラストまでは圧巻の一言(2分40秒頃から)、もう今まで何度聴いたかわかんないのに、それでも、聴く度にぞくぞくする。
 んで、この二人は一見ラヴラヴだが、こと音楽においては互いに一歩も引かず、歌と超絶アコギがゴジラVSキングキドラで静かなる決闘状態。 つか、対等なパートナーシップってのはそんなもんだ。そのバトルはライヴだとさらに加熱。ブルーノートで見た時は、タックのギタはまるでベースみたくはらわたぶち抜いて来たし、パティの歌はATフィールド投げだった(爆)。
 よくやる演出だろうけど、アンコールがこのTime After Time。ラストのリフで、彼女、マイク置きました。んで、はい、みなさんごいっしょにと会場の客総立ちにさせて歌わせた。タックはぶいぶいスーパーテクを決め、パティは大合唱をKOし、とまさに横綱勝負に客が巻き込まれた一幕でございました。

 これはベスト盤にも入ってるけど、録りが新しくて……ううん。私は古い方が好きだ。 

 しかし、その最強ゴジラさんチームの前に、単身立ち塞がったガメラが!
 
 ……もはや延長引き分け。 あっちが生命感ならこっちは神秘的、あっちが陽を浴びた温かい土と風の匂いなら、こっちは月を浴びた冷たい土と水の匂い。抑えに抑えた歌が、ずずっ、という感じでサビに入り、たゆたって揺れるあたり、声の軌跡が鈍く光って空気に残るようだあ、背筋に来るぅ。 無論、カバーどんと来いで、私が最初にこの人買ったのはLOVE IS BLIND(U2)のカバー聴いたから。オリジナルのU2が顔色失う出来。
 この人もどのアルバムもいいけど、これが入ってるのはTRAVELING MILES

 でも、こうなると、本家の立場は? つか、大体、私は作曲チームのHootersの大ファンで……ってあったよ。本家の本家、Hooters版正調Time Aftre Time。ああ、YouTubeありがとう。わたくしは今、猛烈にカンドーしている。
 
 すいません、画像は悪いわすげえ80年代臭いわだけど、客撮りでないのこれだけなの。でも……これもいいじゃん(爆)。アメリカのあんちゃんの人の良さが全開で。よし、ごめんな、シンディ、やっぱ私にとってのオリジナルはこれに決定。 ついでに500MILESも聴いてくれるとウレシイ。今は何してるんだよぉ、食っていけてるのか、Hooters(号泣)。
 んで、これお手頃。ザ・ベスト・オヴ・フーターズ

【TBチョーダイ】オリジナルを超えたカバー曲
[PR]
by acoyo | 2009-04-01 02:56 | カバー探しは止められん | Trackback(2) | Comments(9)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/10631555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Untiled-Blog at 2009-04-01 14:25
タイトル : 【TBチョーダイ】オリジナルを超えたカバー曲
カバー曲(カヴァーと書くべきか?)って、私は大抵「オリジナルの方が全然良い」と思う方です。やっぱり、新しいものより耳に馴染んだものの方が、素直に聴けるのかもしれません。が、ときには「カバーの方が良い」と思う場合もあります。そんなオリジナルを超えたカバー…... more
Tracked from ひいろお倶楽部@ at 2009-04-26 12:55
タイトル : オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)
こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・ 日曜日に記事アップしたのは久しぶりですね・・・。 キメンガニレッドの記事、オリジナルを超えたカヴァー曲Part2の記事と 2日間の自宅待機の後に自宅での仕事を開始し 終わった昨日は日勤で残業・・・その日勤ではチョンボもしちゃうし・・・ おまけに今週はまた自宅の仕事があるので今晩、打ち合わせ・・・ 下手すると自宅の仕事を2つ抱える可能性もあります・・・ その自宅の仕事の下調べもしないといけないですし・・・ 馬車馬のように働く、とはまさに...... more
Commented by まにゃーな at 2009-04-01 14:50 x
いやいやいや、本当にぞくぞくしました。
ゴジラVSキングキドラも、ガメラも、どちらも。
いいもの聞かせてもらいました〜。

Hootersのは、キューンって感じです(って何?)。
Best盤の10曲目も気になります。

Hootersはミンディ・ジョスティンですか?女性が加入した頃のPVが印象に残っています。
彼女、亡くなってたんですね(合掌)。
Commented by belltone at 2009-04-01 21:10
タック師匠キターーーーー!

ポリフォニックな楽器として、という前提でも師匠のギターはピアノに勝ってるような気がします。やっぱりすげえ。師匠のような演法は近年研究され、消費されまくったんですが、本物は違うわあ・・・。この二人が夫婦だってのはほんと奇跡ですね。

ガメラは、だいぶ前にロバート・ジョンソンに夢中な振りをしている頃に、トリビュート盤か何かでCome on in my kitchen を聴いた事があるぐらいだったのですが、その時より今聞いた方がより凄いと感じます。細かいアレンジがしびれます。視聴に行ってThe Weightやジョニ・ミッチェルや聴いてみましたがどれも素晴らしい。最強チームと彼女を1曲で使ってしまって大丈夫なのだろうか、とカバー曲探しストとして心配してしまうほどいいです。これは、いい発見でした、ありがとうございます。

Hootersは、ギターの(日本製のコーラスペダルっぽい)音聴いた瞬間に僕もキュンと来ました。
Commented by tonbori-dr at 2009-04-01 21:35
タック&パティですか。こりゃいいですな~♪
その昔ゴンチチのチチ松村さんイチオシの方たちでチチさんのラジオ番組でも何度かかかってました。
確かにグッときますです。
Commented by acoyo at 2009-04-02 09:49
★まにゃーなさん
アナタに喜んでいただければ上げた甲斐もあるというもので。

いいっしょ? ゴジラもガメラも。って、こんな風に呼んでジャズファンに殺されそうな気も(爆)。

ミンディ・ジョスティン、私は勝手にジョンスティンと覚えてました。まただよ(藁)。OUT OF BODYの頃ですね。ええ、好きでしたね。亡くなられたんだあ、合掌。
キューンってのわかります。なんか可愛いんですよ、あのバンド。ああいう「きちんとした歌が書けてきちんと演奏できるバンド」てのは、今は生き残りにくいですねえ。
Commented by acoyo at 2009-04-02 09:53
★belltoneさん
確かにその後、あの手のはすごく気安い癒し系で消費されましたからねえ、とほほ。でも、彼自身はかなりアグレッシヴだし、パティは基本、ソウルフルだと思います。
カサンドラ・ウィルソンは私がこの10年の間に見つけた天才の一人ですが、確かにここで最強カード切っちゃいましたね。でも、ここで使わないと、延々この二組のカバーだけで使い続けられるのでファン・ブログになっちゃうという。
フーターズは青春してるなあと思いますた。今でもあの、アコーディオンでえび反る姿が目に浮かびます。
Commented by acoyo at 2009-04-02 09:55
★tonboriさん
あは、ご存じだろうと思ってましたら、やっぱり。
ゴンチチは私も好きで、コンサートも何度か行きました。あの人たちがプロデュースした原田知世のCDがすごく好きで、いっときよく聴いてました。ああ、あれもカヴァーだったな、いつか上げよう(藁)。
Commented by umaco at 2009-04-02 10:42
Hootersいいですね
500milesもいいですけど Boys of Summerもなかなか秀逸
オリジナルの方が好きですけど これもアリかな(笑)と思います
この企画に乗れるようなのを探してるんですけど
案外見つからないものですね
Commented by acoayo at 2009-04-02 16:48 x
★umacoさん
なんというか、声が「アメリカ的素直さ」で伸びるんですよね。ライヴで非常に気持ちのいいバンドでした。どっか、「みんなの歌」なんですよ。
あはは、まにゃーなさんが喜びますし、私も喜ぶんで、いつでもいいから上げてください。
Commented by gun_gun_G at 2009-04-26 13:25
順不同になりましたが記事の都合でカヴァー曲Part3の記事を
古めの記事ですけど、こちらへトラバします。
ただ、申し訳ないのですが非常に疲れ気味なので
コメントはまた後程改めて書かせて頂きます・・・。
どの方のカヴァーかは見てからのお楽しみという事で。