ACCIDENTS WILL HAPPEN――事故もいずれはやってくる。

 というのはコステロの名曲。ただ、私の場合、複数じゃなくて単数のa accidentで、willじゃなくてhappened。♪I don't want to hear it, cause I know what I've doneとくらぁって、私が何かしたわけじゃねえよっ。

 ……ええ、事故に遭いました、また。「また」とはこのブログ始めた頃からのお知り合いの中には、ご記憶の方もおいでかと
 
 今日の夕方、わたくしはお買い物に行くべく、お気に入りの一澤帆布のトートバックを下げ、うちのシーゴラスでさえ「魔の20メートル」と呼ぶ、駅前の細い路地(朝と夕方は地元民で一杯。車はどれも歩行者より遅いスピードで通過するしかない)をるったるった歩いてたです。
 そいで、後ろから来た車に右脚の裏側ぶつけられたのさ。

 おわっと思ったのね。だが、そのまま膝裏におそらくバンパー部がぐりっぐりぐりと押しつて来る。よろめきそうになって、あ、やばっと思って、脇に飛び退ったと。
 いや、かすり傷ともいえないもんでしたがね(藁)。ただ、倒れてたら間違いなく轢かれてたってくらい、ぼーっとした運転。見るとじじい。ああ、前に自転車ごとひっくり返されたのもそういうじじいだった。私は「病葉マーク」の車を呼ぶ癖でもあるのか。 ツヅク




 だーかーらー、ちゃんと謝ってくれたら、いいですよ、で済ますつもりだったよ。
 それがそのじじい、そのまま行き過ぎようとしたあげく、思いついたように窓だけ開けて、「大丈夫? なぁんかあたったみたいだけどぉ?」
 私は、一応、大丈夫ですけどと言ったけど目つきはきつかったな。すると、じじいは、そ、よかった~と窓閉めて去ろうとしやがる。
 へ?! と立ちつくすわたくし。そこへ通りがかりのおっちゃんAが、「こら待て!」
 ああ、これも前のパターンと同じ。あのときはスクーターの兄ちゃんで、今度はおっちゃんがお助けマン。つか、私はそんなに頼りなく見えるのだろうか。
「あんた、事故ったんだよ、ちゃんと車停めて、まずその人に謝れよ。そいで、すぐそこに交番があるんだ。行けよ、ちゃんと」
 そう怒鳴るおっちゃんAの気迫に、じじい、しぶしぶ車を停めて下りた。私は、傍らで監視するように睨みすえるおっちゃんAには心からお礼を言ってお引き取りいただき、さて、とじいちゃんを見た。
 
 あのさ、何度も言うけど、私も穏便に済ます気だったのよ。
 けど、じじいは、気付かなかったとか道が狭いとかごにょごにょ言うばっかりで、まともに謝りもしやがらねえの。名乗りさえしねえの。
 仕方なく、私も万万が一のために、「お名刺お持ちですか?」
 持ってねえってさ。さいでっか。私もあいにく携帯は家に置いてきたんで、財布に入ってたメモ紙の裏に書いてもらおうとしたら、筆記具も無いという。
 なかったらどうだってんだよ、真後ろが文房具屋で看板見えるだろう。考えろよ。
 といって、考える頭がありそうにもなく、私が横の八百屋さんに訊いたんだけど、たまたまペンが無かった。警察すぐ側なんだから、行きなさいよというおばちゃんにまたお礼を言い、数歩先の某NPO事務所に入り、そこのおじさんBに訳言ってペン貸してもらい、とことこ着いて来たじじいに書かせた。
 しかし、じじい、自分のは不承不承書いたが、私のは訊こうともしない。
 何なの、あんた。
 私はむかつきを堪え、事務所のおじちゃんBに丁寧に礼を言ってペンを返したが、一部始終見てたおじちゃんBは、わざと声をはり上げて「警察、目と鼻の先じゃないですか。行った方がいいですよ。怪我の有る無しは関係ないです」(ちなみに、じじいは、そのおじちゃんBにも、お手間かけましたの一言も無かった
 で、事務所を出た。私はじいちゃんに、みんなそう言うし、このすぐ先、見えてるあれ交番なんだが、行っといた方がよかないかと言った。
「いや……そう言われてもこれからすぐ仕事だし……時間ないし……」
 そうすか。
 私は切れた。「じゃ、私、一人で行きますから」とくるりと背中を向けた。
 じじいは慌ててついてきた。
 
 交番は何でだか大繁盛だったが、応対は丁寧だった。私は物損で済ませたかったのに、そのじじいが愛知から孫の顔見に遊びに来てて来週には帰るというので、じゃ、ちゃんと人身にしときましょう、でないとなんかあって物損から人身に切り替えるとき、また来てもらわないといけませんし、と市警本部から担当が来るのにさらに1時間お待ち。 
 その間、じゃ、ま、いきさつだけ聞いておきましょうということに。するとじいちゃん曰く、
「狭い道だし、人が一杯居るしで注意してたんだけど、この人がふらっと出てきて――」
 何てぇ? 私、完璧、マジ切れしました。そうなると氷の女になるわたくし。
「失礼ですが、わたくしは、ふらっと車道側になぞ出ておりません。普通に道の端を歩いておりました」
「そ……そうかもしれないけど、わからんし……で、ちょっと何かにかすったみたいな――」
「お言葉を挟むようですが、かすったんじゃございません。そちらの車が私の右足に当たって、でも、そのままそちらは気付かずに進もうとしていらしたんです」
 ともかく、その後もじじいはことあるごとに自分の立場だけぐずぐず主張しようとしたが、私と交番のお巡りさんは揃ってスルーした。私と国家権力が共同歩調を取るとは珍しいことだ。
 なお、じじいは「仕事先」とやらに電話する気配も無い。私は慇懃に訊ねた。
「お時間よろしいんですか? お仕事先にご連絡なさった方がよくはありませんか?」
 じじいはまたごにょごにょと、「いや……またわからんとこ走って事故りたくないし……ひき逃げにされたくはないし……」
 ああ、そうかい。あんたには来る謂われも義理も無かったが、私に濡れ衣をかけられそうだと思ってついて来たのかい。
 
 で、やっと市警本部から担当係官が来まして、やりましたよ、現場検証。
 お巡りさんが5人がかりで道路に白墨で丸なんか書いてましたよ。すげえ、前、すっ転ばされた時はここまでしなかったぞおというか、しばらく頭の中で「踊る捜査線」のテーマが流れておったわ。
 まあ、ここでは「別個にお話」聞かれたわけだが、係官のお巡りさんがじじいに言ってるのが聞こえた。
「じゃ、あなたがあちらの方にはっきり気付いたのは、ぶつけた後ですか?」
 じいちゃんあっさり、「そうです」
 他人事ながら、アホ、と思ったね。あんた今、自分で過失認めたんだよ。係官も呆れた調子で、
「だとしたら、相当悪いですよ。今、『そうです』って仰有った以上、あなたは前方確認を怠ってたんですよ」
「だから右手から自転車が来て……」
「右から自転車が来ても、左側に歩行者が居ることはわかってたんですよね。でも、そこをちゃんと確認をしてなかったと」
「それはそうなんですけど……ちゃんと前は見てました!」
 じじい、何胸張ってるんだよ。免許持ってない私でさえ知ってるよ。運転手ってのはまっすぐ前だけじゃなくて、車の両脇もちゃんと見てなきゃいけないんだよ。

 その後、交番戻って調書取られたわけだが、係官も苦笑して言った。
「まあ、全然わかってないみたいですから、あちらは」。
 ははは、ざまみろ、くそじじい。法律と国家権力は私の味方じゃ。
 
 しかし、さしあたって幽かな擦過傷以外何もナイ。私もむか入ったのと行きがかりと常日頃、周囲から「何であろうが事故ったら必ず警察に行け、病院に行け」と口うるさく言われてるもんで、行っちまったわけで、どうすんのよ。
 国家権力は絶対に病院行けって妥協しないしさ。で、おそるおそる訊いたさ。
「あのー、お医者さんに、こんなもん怪我でもなんでもないって言われたら、どうしたらいいんでしょう?」
「大丈夫。どんな場合もお医者さんは必ず診断書出しますから」
 なお、明日、本部に診断書持って来てねというお言葉に、何時まで開いてます? というマヌケな質問をしたのだが、係官曰く、「うちは『365日開いててよかった』の24時間営業ですから」。国家権力てばお茶目さん。

 なんつうかね、車停めてね、大丈夫ですか? おけがなかったですか? と本気で言ってくれてたら、こんなことにはなんなかったのね。
 それがじじいの無礼と己のアホな意地のせいで、明日混んだ病院に行く羽目になったわけで、ああ、面倒くさい。しかも、じじい、最後に係官が確認するまで、私の連絡先を訊く気もなかったくせに、いざ教えるといきなり、明日電話すると言ってきた。
 その口調から察するに、どうやらわたくしを強請タカリの類と思っておるらしい。
 舐めてくれるよな。 誰が診察費と診断所見料以外、取る気なんかあるか。
b0016567_21245053.jpg
 何、大丈夫。教えたのはシーゴラスの携帯番号さ。あの静かなるlooking for fight男、負け知らずのパワー・ネゴシエイターと渡りあうつもりなら、がんがれな、じじい。
 シーモンスいじめるとシーゴラス怖いよ。シーゴラスが怒ったら、「海も天も地も」怒るんだかんね。
 いっそ怒らせろ、オモロイから。

 「やっておしまい、シーゴラス」

[PR]
by acoyo | 2009-04-08 22:10 | 愚者の休日 | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/10683706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tonbori-dr at 2009-04-08 22:35
それはご災難でしたね。
基本、相手がいい人そうでも、穏便にすます気でも、
きちんと処理はしないと『後』の祭りになっちゃうので
やはり事故証明はきちんととっとくのが良いでしょう。

あと経験則的に基本的に年齢が上がると『私(わて)悪ないで率』上がるみたいです(^^;
理由はどうあれクルマの方が悪いのは基本(デフォ)なのに。多分危険運転してても事故ってないままくるとそうなるのかなあ。
Commented by micchii at 2009-04-08 23:41 x
いますよね~、絶対に謝らない人間って・・・。
大事に至らず何よりでした。

味方になると、こんなに強力なものはないですよね、国家権力。

シーゴラス様に、大好きなあの歌のことはしばし忘れて、“Look back in anger”な心意気でトドメをさせとお伝え下さい。
Commented by せんだって日記 at 2009-04-09 00:14 x
うへえ、こわい。これといった怪我がなくてなによりです。
道路の老人は怖いですが、道交法的にこわいのと、こんなふうに人としてこわいのがいるんですよね。気が小さいだけかもしれませんが。
んでも、孫の顔見に来てこれじゃ、ちょっと気の毒ですな。ド田舎の広大な道ばかり走ってるじいさんは細かい道が苦手ですよね。ウチの田舎じゃ、高速道路を逆走して死亡事故を起こす老人がいます。高速道路のしくみを知らないからやっちゃうのですが、ドライバーからしたら恐怖でしかない。
このじいさん、交渉できないなら保険屋呼べばよかったのに。
Commented by bluegene at 2009-04-09 00:32 x
うわ~災難でしたね。大きなケガがなくて何よりでした。

こういうのはお年寄りが起こす典型的な事故なんでしょうね。複数の情報を同時に処理できなくなるんでそうですよ。右から自転車が来たことへの対処で目いっぱいで、左側の歩行者まで手がまわらなかったんだろうと思います。なかなか自分では衰えに気づかないんでしょうけれど、これに懲りて大きな事故を起こす前に運転を止めてくれるといいんですけどね。地方だと車がないと生活できないのでそうもいかないんでしょうか。
Commented by samurai-kyousuke at 2009-04-09 08:09
大変でしたね。一歩間違えれば大怪我しますよ。
客観的に物事を見て、謝る事の出来ない輩には腹が立ちますよね。
私も去年でしたか、バイクに乗っていて飛び出して来た車と事故ったのですが、相手の爺さんがそんな感じでした。
最初、優しく出たらつけあがり横柄、頭に来て脅かしたら形だけ謝罪、保険屋に任したら保険屋には嘘ばかり主張、最後切れて「これからお前の家に行って直接話しするから待っとけ! 」と電話で宣言したら、こちらの要求を全面的に認めました。

嫌なじじいにはなりたく無いですね。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を肝に銘じます。(笑)
Commented by belltone at 2009-04-09 14:28
これ本当に危なかったですねえ。
じじい、避けてもらって感謝こそすれ、失礼ですよね・・・。

僕もこないだ後部バンパーをじじいに凹まされました。じじいは気付かなかったらしくそのまま走り去り、追いかけて行って捕まえても全然知らぬ存ぜぬで、困りました。どうも本気で気付いていないようで、僕がまるで嘘ついているかのような口ぶり…。老人からお金盗るのか的なことも言われました。

このじじいは気付いているのにワザと気付かなかった(半分ぐらいは本当に気付いていないのかもしれませんが)振りしてる風でむかつきますね。慰謝料もふんだくってやってもいいと思いますよ。

田舎のじじいは車無いと生活できないんで、大変だとは思いますが何か対策を立てないといけませんね。車無いと生活できない癖に車のマナーが悪いのもどうにかならんかな~と思います。じじい、平気で窓からゴミは投げ捨てますし…。
Commented at 2009-04-09 15:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yaling at 2009-04-09 15:02 x
↑アレ?すんません。非公開にするつもりなかったんですけど…まいっか。(←あ!こいつ反省してないんだ!)
Commented by JULIKA at 2009-04-09 15:08 x
このところ、マナーのなってない人間が増殖しまくっているような気がします。電車の中でも街中でも。人間として以前の問題ですね。大事に至らなくて不幸中の幸いでしたが、私もむかつきましたよ。
車の乗り方も知らないようなじじいには免許与える必要なしっ! 余裕のないやつってほんとにだめだめですね。いやしくも自動車免許持っているやつなら、どうしなければいけないかくらい自動車学校で習うでしょっ!
一応車に乗る人間です。乗ったら、生身の人間と車とでは立場が全然違うことを自覚すべきです。鉄の塊だぜ。そんなのにこすられただけでもかなりのダメージくらいますぜ。うちのモビルスーツはそんなもんじゃないぜ(違)。なので、いつも人が歩いていたら最徐行……くらいは常識だろ?(すみません。言葉遣いが汚くなりました……orz)
それにつけても国家権力のみなさまの意外なお茶目には笑わせていただきました。
シーゴラスさま、がんがれっ!
Commented by umaco at 2009-04-09 15:45
災難でしたね
最近暴走老人が結構話題になってますが 急にそういう輩が増えたのか 元々いたけど目立たなかっただけなのでしょうか
どちらにしても本人たちに自覚がないというのは かなりやっかいですよね
Commented by jaguarmen_99 at 2009-04-09 17:31
どうぞお大事になさいませ。相手の対応いかんでは憤りもますますヒートアップ。どうして近ごろって謝らないんだろう?
私としては「××が乗ってます」とかいうステッカーは要らないけれど、あのマークは今以上につけて欲しいなぁ、と思っています。周囲になる側としては警戒も配慮もできるんで距離感つかみやすい。
Commented by acoyo at 2009-04-09 22:57
皆様、お見舞いホントにありがとうございました。後の話は↑のエントリにて。
Commented by acoyo at 2009-04-09 22:58
★tonboriさん
ありがとうございます。
>事故証明はきちんととっとくのが良いでしょう。
はい、親から連れから夫から、日夜言われております。
>多分危険運転してても事故ってないままくるとそうなるのかなあ。
最初はそうかとも思ったんだけどね。検証の時に見たら、じじいの車、鼻先に結構傷があるんですよお。こいつ、実はかなりぶっちしてるのではないかと、ふと。

★micchiiさん
ありがとうございます。
そうです、国家権力とは、できれば一生仲良くしていきたいです。できれば、ですが。
んで、Don'tに爆笑いたしました。あれをリアムが歌わないのは、そのDon'tが入っていたからだと今更わかりました(藁)。なお、シーゴラスから、「励ましありがとうざいます」とのことです。今朝はRoll with it歌いながら出て行きました。何に気合いを入れているんでしょう。
Commented by acoyo at 2009-04-09 22:58
★せんだってさん
ありがとうございます。
>ちょっと気の毒ですな。
そうなんですよね。だから、こっちも後味が悪い。
>高速道路を逆走して死亡事故を起こす老人
走る凶器を地でいくわけですかあ……すげえ。そうなると存在自体が社会不安。
どうもねえ、保険入ってないんじゃないかって感じですよ。前のじじいは速攻で保険に連絡してましたし。

★bluegeneさん
ありがとうございます。
>これに懲りて大きな事故を起こす前に運転を止めてくれるといいんですけどね。
シーゴラスに、その状況なら君、えれえことになったかもしれんよ、そのじじいなら、轢くぜと言われ、かなり怖くなりましたです。
つか、きれい事でなく、これが私で、どっかの子供でなくてよかったなと。
車の運転は、うちの父にも、そろそろ見切り時っての? どう? と言ってるんですが、あれが生活の利便+男の沽券にも関わってるらしいんですよ。ああ面倒だ。
Commented by acoyo at 2009-04-09 22:59
★ samuraiさん
ありがとうございます。
そうなんです。↑の通り、シーゴラスに脅されました。
なんちゅうか、私の前のもそうでしたが、↓のコメント見ても、みんな、じいさんには泣いてるんですねえ。しかし、温厚なsamuraiさんをそこまで怒らすとは、相当な相手ですね。かなり呆れるわ。
そいで、そうです、ここまで来ると反面教師です。反応が鈍くなったらせめて謙虚なばあさんになろうと思います。

★belltoneさん
ありがとうございます。
ああ、ここにも老害の直接被害者が(涙)。つか、松蔭先生の志が今も生きる長州の老人がそれでどうする!
気づく気づかない以前に、まず、自分を被害者だと最後まで思っていたことはまちがいありません(藁)。あたしゃかわいそうな老人いじめる悪のヒーロー気分でした。
地方によっては、免許返した方にタクシーチケット渡したりしてるそうです。アメリカでは長年社会的問題だそうですが、日本も本腰入れて取り組む時が来てるのかもしれません。
Commented by acoyo at 2009-04-09 22:59
★鍵コメさんことyalling師匠(藁)
ありがとうございます。
イマドキの年寄りってのは、確かにヤバイですねえ。おっさん向け雑誌で「切れる老人」なんて特集組まれてるようじゃ、相当数居るんだろうと。販売業の知人が一番泣かされるのはそういうご老人だと嘆いてました。
日本は伝統的に老人大事にする国ですから、みんな敬意持って接したいと思ってるのに、そこんとこねえ……。
正直、戦後問題も絡めて、モラルハザードはいつから起こったのか? という気もしてます。

★yalingさん
↑つうことで名前出しちゃったし(藁)。

★JULIKAさん
ありがとうございます。
↑のレスで書きましたが、イマドキの若者のおじいちゃん世代から何か既に崩れてたって気がします。こないだもスーパーで些細なことですさまじい喧嘩してるご老人見ましたし。
>生身の人間と車とでは立場が全然違うことを自覚すべきです。
これは、じっちゃんのみならず、バンにお乗りの奥様がたにも強く言いたい! 
JULIKAさんとこのモビルスーツは、単体で大気圏突入できるんでしょうか。できたら凄いな……って、違うか(藁)。
んで、わりとイケメンな国家権力でした。つて、単に制服に弱いだけか。
Commented by acoyo at 2009-04-09 22:59
★umacoさん
ありがとうございます。
>元々いたけど目立たなかっただけなのでしょうか
↑にも書きましたが、ちょっと根が深い気がします。年を取って今まで「世間体」で覆い隠して来た部分が露呈したんじゃないかという気も。だから、自覚がないんじゃないかな?

★じゃがさん
ありがとうございます。
>どうして近ごろって謝らないんだろう?
前にyalingさんも言ってた「ともかく得したい、絶対損したくない」って風潮と絡んでるんじゃないかな。「謝る」=損。
「病葉」(爆)マークは、前後左右につけて欲しい! と言って、後ろから襲われたら一発でアウトだけど。
Commented by JULIKA at 2009-04-10 11:15 x
あと6万キロでルナツーに到達しますが、果たして地球に帰還できるのでしょうか?(謎)
みなさん人のこと全然out of眼中ですよね。自分さえよければ…という風潮が若いのから年取ったのにまで蔓延しているような気がします。
昔の日本人ってもっと人に気配りできていたと思うんですが、気のせいかな?(爆)
Commented by acoyo at 2009-04-10 13:44
★JULIKAさん
うちは後何キロでアステロイドベルトにたどり着き、シャア様に会えるのか確認してみます。
ううん、じいさんがアレだから奥さんがアレで若いのんがアレな気がするんですね。これって累積効果かと。
Commented by 森と海 at 2009-04-10 21:11 x
そのじっちゃん、多分謝らないというスキルを発揮するような人ではなくて、可愛そうなことに誤るということを今の今までしてこなかった人なんでしょうねぇ~。謝り方を知らないと。
過去にも拗らした事があったはずですよ。

なんにしろ打撲全治3日でよかった(←想像です)。
Commented by kiyotayoki at 2009-04-12 10:33
こういう事故に遭った時は、周りに目撃者(通行人)がいるといないとじゃ、その後の展開がずいぶん違ってきますね。
交通事故は、被害者にも加害者にもなったことがあるんですが(^^;、事故った当初はこっちはパニクってますから、目撃者の第三者的な冷静な判断が大いに役立つんですよね。
だけど、その人たちに頼り過ぎちゃって、とんでもない目に遭ったことも・・・。最後はやっぱり自分で判断しないとダメですね(反省をこめて^^;)
そんなことより、怪我がおおごとにならなかったのは、なによりでした。
Commented by gun_gun_G at 2009-04-14 01:17
Gもブログ書いてた期間中に交通事故に遭いましたけど
運転手の方は警察も救急車も全て手配してくれましたよ。
運転手のご家族の方にも事情を電話で話して。
ただ相当ショックだったみたいで変な話、同情しましたよ。
というのもGもkiyotayokiさんと同じように
運転してて大型バイクをぶつけた事故を起こしてて
あの時は凄いパニクってて幸い周囲の方が親切だったのと
被害者が無事退院できたので、その経験があったからなんですね。
まあ、Gが撥ねられた時は後遺症が大変だったわけですが
何事もないようでしたら何よりです。
Commented by acoyo at 2009-04-14 23:55
以下の方々レス遅れてごめんなさい。

★森と海さん
うん、かわいそうなじいちゃんだと思いますよ。謝り方ってちゃんと勉強しないとわかんないんですね。
全治は一週間と出ました(爆)。マジかよと、思わず医者の顔見ました。

★kiyotayokiさん
そうですね、私も目撃者の方が行きなさい! と言ってくれなかったら、そのままにしたかもなあ。というか事故った時ってのは、被害者の方もしばらくは思考停止してます(藁)。
冷静に自分で判断、というのは前の事故の時に痛感したんで、そこんとこは出来たかなと(でも、怒ってたけどw)

★gun_gun_Gさん
今のところ何事もないようでご安心ください。そいで、私も
>警察も救急車も全て手配してくれましたよ。
というのが当たり前だと思ってたら、そうでもないようです(藁)。Gさんも大変でしたね。でも、相手の方が誠意のある方だったのが救いだと思います。