女の欲望に火をつけたいときは……てなタイトル自体がもう。

現代シネマ倶楽部 女の欲望に火をつけたいときは…

 あ、そう。

 いんにゃ、「how to get」で女をゲットってなネタに今更噛みつくつもりもないけどね、まあ、この類のものは、男女問わず永遠に出回り続けるのは間違いないのよ。みんな、「心は寂しい狩人」だから(マッカラーズだったと思うぞ、違うかも)。
 んでも、このライター、「女をその気にさせるテクニック」なんて言葉を使ってるだけでもう、どうでもいいっちゃいいんだけどさ。大体、文章の出だしからしてボケてやがるもん。
映画で知られる2大スケコマシといえば、エロール・フリンやジョニー・デップの演じたドンフアンと、マルチェロ・マストロヤンニやアラン・ドロンの演じたカサノバ
 今時のおっさん相手だろ、ゲンダイ・ネットって。だったら、こんな古い映画の話ばっか出しても仕方ないじゃん。おっさんがそのためにビデオ屋に行くのか?
 ……行くかもな、シャボン玉まで買って来るんだし(さりげに過去記事)。
 
多くの映画が、女性をその気にさせるためには、相手の好みを知った上でアプローチし、自分を受け入れる心の準備ができるまで根気よく待つことが大切と説いている。
 それができる人をコミュニケーション・スキルのある人って言うんの。それがなかなか身に付かないから、みんな日夜呻吟し、涙をこらえてるの。相手の好みをよく知るには、相手が本当は何を好きなのか子細に観察しなきゃいけないわけでしょ。それには人を見る眼が要るじゃん。こんな文章読んでふむふむと思ってるだけで、既に脱落してるわけよ。そういう人って、まず目の前に居る人さえきちんと見てないのが多いもん。

 そいで、このライターが本当になあんにもわかってないなって真骨頂が、マルコヴィッチを「決してハンサムとは言えない」と書いてるあたり。けど、もてる役演ってるぞ、あのテクを見よ、だとさ。
 馬鹿か。b0016567_14303879.gif
 ジュドローみたいな顔じゃないから、ありゃテクで何とかしてるんだってえ? あのさ、マルコビッチって、癖はあるがハンサムなんだよ。
 つうか、セクシーな男なんだよ。『ある貴婦人の肖像』でニコール・キッドマンが惚れてくれる若い男も居るのに、この禿のおっさんにじとーっと見つめられただけで疼いちゃうでしょうが。
 そりゃ個人的好みはあるだろうさ、世の中には。でも、アメリカあたりの「知的洗練」が売り物の雑誌見てみ、そういう扱いだから。
 そういう評価があるから、『マルコヴィッチの穴』が成立するの。何より、そういう評価があるから『危険な関係』のスケコマシ伯爵の役がふられたの。テクだけの問題じゃないの。テクを支えられるだけの資質があるから、マルコヴィッチにはできるの。女が落とせるの。(ちなみに声フェチの私としては、あの囁き声が曲者)

 そんな資質がお前にあるのか? 男が誰でも持ってるのか? 持ってる人はそういないから、みな自分のパーソナリティにあわせてがんばってるんだよ。んで何、「百年待ってもダメなものはダメ」って落とし。何を最後に言い訳こいてんだよ。まずそりゃ、お前のことだよ、ゲンダイ・ネットのライター。
 まあ、ここのコラム、ネタにはいいけどね、突っ込むの簡単で(藁)。
[PR]
by acoyo | 2004-11-30 14:30 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/1227297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k-nsh at 2004-11-30 14:58
_(^^;)ツ アハハ 私も何じゃぁ?最後の 「百年待っても・・・
ふざけてるよねー それまで書いてある事ぜーんぶ 嘘です!って
言ってるようなもんじゃん  おまけにホダサレル? あんたそれでどれだけgetできたん? って聞きたいわぁ ホンマ
Commented by acoyo at 2004-11-30 15:03
もしかして、冒頭は下のコメントから来てる?(藁) うん、ふざけた野郎だろ(藁)。こんなにその気にさせられてたまるかい!
Commented by princess_gloom at 2004-11-30 15:11
あははは、こんな記事を書かれること自体が
巷の「おじさま方」のポテンシャルが低いってことですか?
このライターのポテンシャルが低いのか、
はたまた書かせる編集のポテンシャルが低いのか・・・・
「愛こそが欲望に火をつけるということだ」(プッ)
(相手の)欲望に火をつけるのは(相手に対する)愛だ!ってことなんでしょうけど、「愛」がなくても「欲望」に火はつくもんです。
要は相手の周波数に如何に速くチューニングできるかということだと思います。
チューニングできるってことはそれだけチューニングダイアルの「遊び」が大きいわけで、この「遊び」の部分が「人生の積み重ね」だと思いマス。
マニュアル代わりにヴィデオなんか見てるヒマがあったら
日曜大工のひとつでもしてた方がましだと思うんですけどね。
借り物の安易なコトバだけじゃなくて、
もっと「人生の先輩」としてのコトバを聴いてみたいと小娘は言う。

日本だってそれなりのステキな方はいらっしゃると思うんですけどね♪
Commented by zazies at 2004-11-30 15:37
だから「シャボン玉」と同じでやりゃいいってもんじゃないってのくらいわかれよボケ!っていうことでございましょ。
Commented by zazies at 2004-11-30 15:38
追伸 このライターきっと映画から学びとろうとしてるんだよ。
Commented by belltone at 2004-11-30 16:18
"ベッドイン"とか"コンチクショー"とか、ところどころ笑けます。
"ホダされる"とか。カタカナ表現古っ。
Commented by acoyo at 2004-12-01 11:38
>princess_gloomさん
 私も日本のおっさんだって十分かっこいいと思います。こんなもの読まずに、黙々と働いてるおじさんが好きだぞ。

>zaziesさん
 はい、その通り、一言で済んだものをこんだけ書いてしまいました……。映画から学ぶのもいいけどさあ、まともな知識持ってくれっての。

>belltoneさん
 そういう表現を使うあたりで、既に何かが欠落してしまう。悲しいものね、老いるというのはさめざめ(泣く)。
Commented by wake1 at 2004-12-01 21:21
「世の中は不思議なものだ。~ 映画から学ぼう。」までは、喫茶店で打ち合わせして、次のネタなんにしますかねぇ?の時、ウダウダ~と話したのをまとめただけだと思われ。苦労が透けて見える。ライターも苦労してるが、編集も苦労してる。なんでかってゆーと、世のおつさんのポテンシャリティが論外に低いから。おっさんが何か形になる恋愛論ぶたれても、わかんねー、蜜壺は999の滴り とかエロとパチプロくっつけたイラストつき小説しか受け付けないわけだからねぇ。媒体のレベルが低いと何もできんのだろな。特に男どうしでやってるトコは、考えがあまーいときたもんぢゃ。こういう人って、風俗記事を違うPNで書かされて、さらに映画についてもかいてください、っていわれてて、さらに、たぶん、やッたらと締め切りが早いのだよ。
勘弁してやってくれ~(w
まずは、周りのオッサン啓蒙して字が読めるようにすることから
はじめてくだしゃい。
Commented by acoyo at 2004-12-01 21:26
>オテンバさん
 ううん、業界事情もわからんではないだけに、言い過ぎたならかわいそだったなと(藁)。ただ、そのオッサンの奥さん連中は何してるんですかね。あたしゃそれが不思議で不思議で。
Commented by wake1 at 2004-12-01 21:30
そもそも、普通のノンケ家庭って、子供のこと以外の会話ないからにぇー。おとうさん。おかあさん。で呼び合うところにもそーゆーの出てる。

オッサンはオッサンでつぎつぎと登場する新世代にシュクシュクしてるし…。日本のオッサンは一番やりにくい層だと思う。オンナみたく、いつまでたっても楽しんだり、伸びよう~と思う気持ちがなくならないでしょ。日本のオッサンはたいへんだ。そうしょくどうつぶみたいな目して働くばっかで、趣味もなければ、オバハン特有の自己正当化のあつかましさもない。ときどき切れたら周りが白い目で見るし(藁

あ、サイトの30Hitterです~。
Commented by wake1 at 2004-12-01 21:33
失礼、↑のコメントは、伸びよう~という気持ちがなくならないのはオンナのほうね。男子って、会社にはいったら、もーオレさまなんてこんなもんだ、としか考えてない人多~い~んだよね。
Commented by acoyo at 2004-12-01 21:48
わーい30hitterだあ。こないだは別んとこで200だったし、いいことあるかもー。
男の人は、そこで疲れちゃうんだよね。でもさ、女なんて日々の生活でうきうきするしか仕方ないってのもあんだよなー。ついでに、ヨン様騒ぎのこととか考えてしまうな私。ううん、まとめてHPの方に上げよう。