『幻の湖』 続報

 って、んなことやってどうすんだか(藁)。個人的に祭りなの。

 ええっと、どこまでもどこまでも奥が深いあの一作。ググってみたならば、やはり熱く語っておられる方がおいででした。

A FILM WEBSITE 「幻の湖」

I'm going home「幻の湖」

 映画の物語の流れ(がないのがあの映画のあの映画たる所以だが)がよくつかめますかと。
 わたくしもあまりの脈絡の無さに忘れておりましたが((つうか、衝撃で記憶喪失を起こした部分が多々)、実は国際スパイなんかも出て来るんですよ。さすが、キング・オヴ・ジパング・トンデモフィルム。ダビングしとけばよかったなあ。ムーヴィプラス、またやってくんないかなあ。死んでもDVDなんか買いたくねえしよ。
[PR]
by acoyo | 2005-01-14 12:45 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/1718575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PiuLento at 2005-01-14 15:59
この「幻の湖」、なんとかして無料で観たいです!
テレビ東京の昼の映画でやらないかな。。。
ついでに「シベ超」も観たいです。
Commented by jaguarmen_99 at 2005-01-14 18:31
もしかしてすでにテレ東でやっちゃったとか・・・?(・A ・)
Commented by KAZZ at 2005-01-14 23:39 x
豪華スタッフが作った作品だからこそ、の趣きと違和感があるのでしょう。
ストーリー読んだら、ますます見たくなってきた!
黒沢明は、盟友の「暴走機関車」ぶりを止めなかったのだろうか??
Commented by acoyo at 2005-01-15 15:31
>PiuLentoさん
お風邪、大丈夫ですか? そうですねえ。後、深夜枠かな。もし、今度ケーブルでやったら、DVDに焼いてお送りします。

>jaguarmenさん
ありうる(藁)。

>KAZZさん
それは私も思いました。黒澤先生、何で一言と。
そりおホールで、上映会でも開きましょうか?(むっちゃローカル~)