グレン・クローズの「女優道」がまた見られるか。『ステップフォード・ワイフ』

現代シネマ倶楽部 ステップフォード・ワイフ

 映画自体はあんまり興味ないんだわ。予告編とか特集とかさんざんケーブルで見て、こんなもんかあと、悪い癖で見切っちゃってさ(藁)。ええ、私は予告編評論家

 元の映画はキングが自分の評論集でネタにしてるくらいだから、ホラーなんだけど、今度はブラックコメディだそうです。ただ、設定がなあ、もう「50年代的に従順な妻たちの街、男の天国」ってのはこのご時世じゃそれだけでミラクルなワールドだから、正統派ホラーにはしにくいってとこだろうけど、ブラックコメディでもしんどいと思うぞ。
 私なら、いっそ、「妻の仕事に協力的で子育てにも積極的、家事全般を折半し、ゴミの分別もでき、老人介護も厭わず、おまけに浮気もせずに週3回は妻とセックスして、なおかつ高級取りの夫たち」ばかりの街って設定にするけどさ。

 んでも多少はサスペンスの含みも持たせろよー。クリストファー・ウォーケンとグレン・クローズの夫婦じゃ、誰だって出て来た瞬間、怪しいと思うよ。笑う前に、いきなり怪しい。なんかしつこいんだよ、この組み合わせ、いやウォーケンじゃなくクローズが。
 以前、この二人、TVで共演したことがあって、やっぱ夫婦役だったんだけど、見た連れが、「ウォーケンとクローズがフツーの夫婦やってるー」と驚きの余り電話してきたくらいだもんな。まあ、それはいいけど。「緑の眸のクリス」はフツーの人もやれるもん(芝居に余力があるのがはっきりわかるから)。



 グレン・クローズってさあ、演技派ってことになってるんだけど、この人、過剰なんだよね。何が過剰かっていうと、「演技してます私がんばってます感」。だから、この人のコメディって笑いにくいですわ。(ホラーなら怖くないし)

 いや、実際、予告と宣伝番組で何カットか見た感じではばりばり出てましたよお、「芝居してるのよ」オーラ。「私はぁ、ほら一見、主婦の鏡だけど、ホントはかなり怪しい女なのよ、ほら、ここんとこ、ここの眉のひきつり、見てる? 見てる?」って看板掲げてるようなモロ出し感。
 あのさ、含みも奥行きもぜーんぶ晒した芝居してどーすんの。大体、サリー・フィールドとかダイアン・ウィーストの役じゃないの、これ。どっちもクローズよりずっとうまいぜ。

『運命の逆転』観た時も、謳い文句はJ・アイアンズ、G・クローズ演技対決ってことだったんだけど、蓋を開けてみればアイアンズ圧勝(麦藁)。
 例の倒れて転がってパンツ丸見えの場面も、「こんな無様な死に方が、そこらの女優にできて?! ごらん、この死に様で(覗くパンツで)、私はこの女の哀れな人生すべてを語ってるのよ、どうよ、私」ってガッツポーズが見えそうで、私はつい、「いっそ、そのパンツに『女優根性』ってマジックで書いとけ」と呟いてしまい、連れと映画館で爆笑しちった(あの時、居合わせた人、すまん)。
『101』もなあ、子犬に要らぬ擬人演技させて可愛さ奪った時点で映画の失敗は決定的だったんだけど、クローズの「さあ、笑いなさい!」芝居が止めだったな。
 何せほら、泥にまみれても顔ひっかかれても、何をやっても「試練の芝居道」だし。

 どうもこの手の、「演技してるんだぞーっ!」の自意識過剰押し相撲芝居の人ばかりが名優呼ばわりされて、私はとても鬱陶しいんだ。ジェシカ・ラングなんかもそうだよなあ。
 そんで、さんざんネタにして申し訳ないが、A・ホプキンス、もうちょっとそれ殺すこともできそうなもんだが、わざわざ「ハリウッド対応」に最大出力で来るもんな。根を遡れば、アクターズ・スタジオとメソッド芝居まで行くと思うのね。これもしつこいが、A・パチーノなんか、完全にその自家中毒に陥ってるもん。いい役者だったんだよ、昔は。

 そういう風に増殖しすぎて自己崩壊中のアクターズ系(『AKIRA』みたいなもんだな)より、今は正統派英国系(鴻上尚史曰く「英国風の静かな芝居。静かすぎていつ芝居してるんだかわからん芝居」w)の方がやっぱうまいです。
 わかりやすい「熱演」より、地にしかみえない芝居ってのが、実は一番うまいと私は思うです。だから高倉健や周潤發みたいなスターさんの演技力ってのは、実は舐めちゃいけないんだよ……ってまた話がそれて終わるぅ(藁)。

 あ、共演のベッド・ミドラーは無理してなくてよさげです。アカデミーもらっちゃったニコールがクローズから変な癖うつらないことを祈ります。

 それとー、クローズ使った方が客が入るからってのはわかってますよ。でも、スター使わないでも、客呼ぶ方法は腐るほどあるはずですんで、そういうことで(藁)。
[PR]
by acoyo | 2005-02-08 14:04 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/1959568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satsuki at 2005-02-08 17:11 x
グレン・クローズの意外な姿をみたのが「彼女を見ればわかること」でしたね。
なんか、初めて観る彼女の感じでした。
この映画で傑出してたと、わたしが思ったのはホリー・ハンターでしたけども。

でも、あこさんの言わんとする、この感じは、ものすごくわかります。(笑)

ベッド・ミドラー姐さん!LOVE!
Commented by rabbitfootmh at 2005-02-08 17:27
映画とか俳優とかについて、ちょっとかじったくらいの知識しかなくても、acoyoさんの文章って、ほんと、そこはかとなくオカシイ・・・と爆笑している私ヾ(´▽`;
ベッド・ミドラーって、『ローズ』くらいしかきちんと見てないんですけど、存在感ありますよね。
Commented by forest-sea at 2005-02-08 17:57
ありゃ、期待してた映画なのにコテンパンですな(笑。
以外に、オーバーな演技が合うんじゃないかと思ってたんだけど(理由は割愛、ネタバレになるんで。)
それから、これはヨーダが撮ってんだよ、全然関係ないけど。
Commented by bukabin at 2005-02-08 19:01 x
ジェシカラングはくどいっすよね~~~~~~(笑)
名演系もコメディ系も
どうだーおもしろいだろぉ~
どうだーうまいだろぉ~
っていうのがアリアリと出てるシトは
おもしろくても笑いたくない!し,上手くても感心したくない!
(ただの意地っ張り!?藁)
Commented by tonbori-dr at 2005-02-08 21:48
一種崩壊しかかった過剰演技つーのも芸の一つとして愛でておりますけれど(A・パチーノとかね)G・クローズはもうお腹いっぱいです(笑)
Commented by kingdow at 2005-02-08 22:42
オリジナルの「ステップフォード~」といえば、キャサリン・ロスのスケスケ・ネグリジェでしょう!思い出すなぁ、「ロードショー」のグラビアに胸を熱くしていた中坊のころ。

キングは原作者のアイラ・レヴィンがかなりお気に入りのようで。
Commented by umaco at 2005-02-09 11:14
そもそも「演技派」と言う括りが 個性的(ちょっとヤバイと同義)な役者とか性格俳優(かなり怪しいと同義)とかいうのも含んじゃってるんですね
関係ないけど陣内孝則が抑えた演技してたのを見て「成長したなぁー」と感激しました(笑)
Commented by zazies at 2005-02-09 14:56
ごめんなさい、コメディエンヌだと思ってました、彼女。
Commented by acoyo at 2005-02-09 16:15
>satsukiさん
ホリー・ハンターはすごく好きです。コメディよし「女の生き様」よしハードボイルドもよし。
「ミス・ファイヤー・クラッカー」が一番好きかなあ。
ベッド・ミドラーはらう゛♪

>rabbitfootmhさん
笑っていただいてなんぼと思っておりますので、嬉しいです~。
そう、あの存在感好きですね。おばちゃんぽいけど、ただのおばちゃんじゃねえよって感じ。

>forest-seaさん
観れば気に入るかも。何せ、予告編評論家だし、私(藁)。あ、あれ、ヨーダすっか?
Commented by acoyo at 2005-02-09 16:16
>bukabinさん
そ、ジェシカ・ラング、鬱陶しいよねえ。つうか、一番我慢できないのはやっぱバリシニコフの子供産んで、サム・シェパードとくっつくという男運の強さだろうか(藁)。

>tonbi-drさん
ああ、あれは芸として堪能すればいいんですね(藁)。でも、「ディアロボス」はそう思いますが、「インソムニア」はなあ……。

>kingdowさん
私もスチルしか見たことなくて。キングがあれだけネタにしてたんで、一度見たいんですが、レンタル屋にないんですよ。
レヴィンは私も好きです。

>umacoさん
その「個性派」と「性格俳優」の定義、鋭いなあ。私もそれ、気になってたんですよ。地でやってるだけなら役者じゃないわけなんで、そのあたり「抑えた芝居」ってのは、すごく評価高くしてしまいますね、私も。

>zaziesさん
コメディエンヌと言ってしまうと、そこに「計算」が必要になるんで、彼女の場合、「結果コメディエンヌ」という気がします(藁)。
Commented by princess_in_blue at 2005-02-09 17:44
うーん、本題から離れますが・・・・・
ベッド・ミドラーで思い出しました。
「SPUN」って映画をこの間レンタして見たんですけど・・・
デボラ・ハリーさんが出てましたよんw
テレフォン・セックル狂いのおばちゃん役で(笑
意外にイイ味出してましたw
「SPUN」自体は・・・・・・・・止めといた方が・・・・・・・(悶死
Commented by acoyo at 2005-02-09 18:43
デボラ・ハリーって、老けてからもすごくいい感じなんですよねえ。なんかそれ見たいなあ。でも見たら悶死かあ……怖いもの見たさが私を呼ぶ(藁)。
Commented by wake1 at 2005-02-11 06:05
『運命の逆転』って見たくなってきた。ムラムラ。
Commented by acoyo at 2005-02-11 14:06
>wake1さん
一応、謎ときっぽいですが、体当たり演技でぶつかるクローズを、軽く肩でかわすアイアンズ、という感じで、とても素敵なコメディとしても見られます。アイアンズ、老け役なんすが、私は好きです。