尊厳死を「認める」権利も「認めない」権利も、そんなものを誰が持っているのか。

米尊厳死問題、阻止法成立で連邦裁判所が再審理

<尊厳死>植物状態の女性、論争渦中で延命治療中止 米国
米、安楽死阻止の法成立 保守派に配慮、異例の審議
安楽死阻止法案に合意 米議会、大統領署名へ
米、「尊厳死」阻止へ異例の法案可決
栄養補給装置再設置を拒否 米女性の尊厳死問題で地裁
3.23 ニュース1本追加

 この問題はここしばらくずっとCNNのトップニュースだった。15年寝たきりで植物状態にあった女性の栄養チューブを切る切らない問題だ。

 共和党主導の連邦議会は、シャイボさんら関係者を公聴会に召喚する手続きを取って延命工作を図ったが、同州巡回裁判所はこれを拒絶。当初の決定通り、午後1時の期限を過ぎた時点で医師団がチューブ除去に踏み切った。この状態が続けば、シャイボさんは1~2週間で死に至る。
 シャイボさんは90年に心臓発作を起こしてこん睡に陥り、植物状態になった。「妻は延命を望んでいない」と主張する夫と、「娘は生きようとしている。娘婿は財産を相続して他の女性と結婚したいだけ」と延命を求める両親の間で激しい争いが展開され、これまで2度にわたって栄養チューブの除去と再挿入が繰り返された。
 この女性が厳密に「植物状態」なのか「植物状態」でないのか私にはわからない。そして、はっきり言っておくが、私はこの事件のこの当事者たちに対して言及する権利も資格もない。その気もない。(下手こいたら、これは謀殺事件かもしんないわけだし)

 私に言えるのはただ、こういった状況に私や私の家族が陥ったらどうするかだ。
 基本的に、私と私の同居人(配偶者)は、こういう「植物」状態、チューブで栄養を摂取しないと生きていけない、それも永続的にそうし続けるしかなく、さらに、ベッドに寝ていることしかできず、「自分から」コミュニケートする方法を一切無くしてしまうような状況に陥ったら、尊厳死もへったくれもない、そうなる前に殺してくれと言い合っている。そのことではとっくに同意ができている。

 そう言うと、じゃあ、現実にそうなっている人を殺せと言うのかという短絡的な方がいるだろう。
 私はそんなことは言っていない。私がその状況で生きていたくないと言っているのだ。私の愛する人が、自分の意志に反して、そういう状況で生きながらえる状況を作りたくないと思う。それだけだ。
安楽死に一貫として反対しているブッシュ大統領は、可決後、即座に法案に署名し、この日のスピーチでも、法案の意義を強調しました。
「これは深刻で複雑な問題だ。しかし、このような特殊な状況の時には、常に人命を最優先する方が賢明だ」(ブッシュ大統領)
 もっと簡単な法案で、もっとシンプルな決議で、誰もがあっさり納得できる法案で救える命がいくらでもあるのに、そのために休暇を返上して議会が召集されることはない。大統領が専用機で飛んで帰って来て署名することはない。アメリカで働きながら、ずっとNGOに関わっている友人が、そんなメールをさっき送って来た。
 私がこの争っている家族に何も言う資格がないように、ブッシュも共和党も何も言う資格はない。人の生き死にを党派政治でしか語れないような人間に、何も決める権利はない。

 私は、最悪の場合、私の家族の決断と、それを支えようとする私の愛情を、法に支持してもらおうとも思わない。国に認めてもらおうとも思わない。社会に認めてもらおうとも思わない。
 だが、私は私の配偶者が「彼自身が望んでいない」そういう状況に陥ることを許すつもりはない。
 それを殺人と呼ぶなら殺人で結構だ。刑に服せというなら刑に服す。

 ところで、安楽死を「認めない」と言う方々は、現実に植物状態の患者を抱えて地獄のような苦しみを味わっている人たちに何をしてあげたのか。どれだけのことをしてあげているのか。社会がきちんとしたサポートができるよう(経済的にも精神的にも)、どれだけのことをしているというのか。そのサポートを本気で社会に要求する気があるのかないのか。
 それを訊ねたいと思う。
 自分がそう思うのは自由だ。そう信じて実行するのも自由だ。だが、社会の、法のグレイゾーンに属するこの手の問題で、自分が何かしてあげる気もないくせに、「認める」「認めない」という言い方をするのは、上からモノを言っている感じがして、私は嫌いだ。
(それは妊娠中絶も同じだ。中絶反対を訴える連中は、では望まない妊娠に陥って悩み苦しんでる女に何をしてやってるというのだ。脅かしていじめてるだけじゃないか)

 誰かが腹をくくらなければいけない状態になったら、まず自分が腹をくくろうと思う。
 それだけのことだ。
 そして、人にそうしろと薦める気もないし、ましてそうしろと強制する気は毛頭ない。
[PR]
by acoyo | 2005-03-22 15:43 | 愚者の休日 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/2327753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from つれづれ叫び at 2005-03-23 22:23
タイトル : 死ぬということ
Yahoo!ニュース - テリ・シャイボさん尊厳死問題 アメリカではこのニュースがトップにきているようです。 議会と裁判所もまきこんで,今後どうなるのでしょう。 まー議会(大統領?)に一人の人間の死の延長が下されてしまうのもどうも解せない。 こうなると健康な状態のときから,不測の事態の場合はこうしてくれと決めておくしかない。 自分で死に方を選ぶことができるように準備が必要ですね。こうなると。 ... more
Commented by zazies at 2005-03-22 17:07
祖母が薬害の被害者で亡くなった時、献体をせまられましたが家族は断りました。長年苦しんだ末その上、死後切り刻まれるんですから。ましてや植物状態とは言え生存しているシャイボさん、認めるも認めないも当事者しか判断できない、することも難しいことだと思います。この場合これから将来「もし」という仮定もありえるわけだし、acoyoさんのおっしゃるとおり、生前に話し合っておくべきなんでしょうね。
Commented by manyana at 2005-03-22 18:12
私だったら…と考えてみました。
もし彼が望んだとしても、本人が望む通りにしようとしても、行動できるか(腹をくくれるか)疑問もあったり。
逆の場合(望まない場合)も同じく。
うーむ…。

>誰かが腹をくくらなければいけない状態になったら、まず自分が腹をくくろうと思う。

私も、心がけだけでも…。人任せにして後悔したくはないです。
Commented by belltone at 2005-03-22 21:10
愛情に、わなわなとしています。現在の生が、尊厳ある(意味のある)ものであるかどうか、というのは本人にしか評価できないことですもんね。党利という醜い感情ではなく、政治が論理で動くのであれば、どんなに素晴らしい事だろうと思いました。
Commented by jaguarmen_99 at 2005-03-22 21:26
やっぱり当事者とそれに縁の深い関係者とが決めて欲しいなぁ、と私的に思います。事前に話し合いがあってのことで、 もし自分が関係者として残るのなら、最終的には相手の人生を負う気概でやはり楽にしてやらなくてはと考えるかもしれません。それが出来るのは恐らく自分だけ、であるからです。また経済的な部分からもそれを願うかも知れません。尊厳とは社会的倫理が一方的に決める事なのだろうか、と同様に疑問を感じます。死生観の問題も有るんですかね…。(・へ・)
Commented by acoyo at 2005-03-23 03:13
★zaziesさん
母も延命拒否の人なんですが、以前、「ママは絶対に嫌だけど、それでもお前に完全介護の人を雇えるお金のゆとりがあって、時々辛いときに顔見てて泣きたいとか思うなら、生かしておいてくれててもいい。別に看護はいいから」と言われたことがあります。
それも愛情だなあとそのとき思いました。

★manyanaさん
どうなさるかは人それぞれだと思います。うちも係累が少なくて子供が居ないからこそ覚悟できるんで、いたら悩むと思いますよ。それに、白状すれば、「腹くくる云々」を最初に言い出したのは同居人の方でした。向こうがその気なら、こっちもそうしないとってことですね(藁)。

★belltoneさん
愛情というより、バディ(相棒)気質ってのかもしれません。戦友って乗りが近いかもしれません(藁)。政治が論理で動くのは、私も心から期待します。この問題自体、もはや政治の領域じゃないですものね。
Commented by acoyo at 2005-03-23 03:13
★jaguarmen_99さん
そうですね。一緒に暮らしてるってことは、その「人生背負う」ってことですから。「見届ける」のが役目だというのはわかります。
そして、経済的側面って無視しちゃいけないと思うんですよ。私は、経済的にもう追い詰められて、もうダメだってのもケースバイケースで、ありじゃないかと思います。
死の尊厳は最終的に生きるって何ってことなんでしょうし、それこそ一人一人違って当然だと思います。それが一律に決められることの方が怖いです。だから、「認める」「認めない」論議って、なんか嫌なんですよ。
Commented by y_natsume1 at 2005-03-23 22:01
うーん、ちゃんと自分で考えていないと、自分だったらどうなのかのコメントさえしづらいですね。 だから書けないなぁ。 この件に関して、政治家がさもそれが唯一絶対の真実(というか正義?)と思って発言してるとするなら、少なくともそれには大きな嫌悪感を持つけど。
Commented by acoyo at 2005-03-23 22:21
↑でしょ? それこそ、何でそんなこと政治家が決めるんだよってとこで。