わたくしの 条件付き映画ベスト10

【あなたの好きな映画ベスト5は?】

 5でもなく、8でもなく、どころか10になった(藁)。オールタイムで考えると、一週間くらい考えて遊びそうなんで、1.AFIベスト10015位内お墨付きは避ける2.アメリカ映画に限る、という条件を設け、うちのビデオ・DVD・LD(おいおい)棚眺めて、適当にチョイス。(順位付けは苦手なんでパスさせてください) 

デヴィッド・リンチ 「ブルーベルヴェット」 
 何も言わない。ただ、私の真っ当で、健全だった「筈」の人生を返して!(藁)
テオ・アンゲロプロス 「霧の中の風景」 
 ……いきなりルール違反だけど、これは別。DVD、やっと出たと思ったらボックス……いつになったらレーザーが手放せるんだ! ついでに、私はいつまでたってもこの人の名前が覚えられない。(後、カウリスマキという名もよく忘れ、「ほれ、アキちゃんの」「マキちゃんの」と言う。結構、通じる)
ジョン・ウー 「男たちの挽歌」 
 周潤發の最高傑作ですよ。それ以外に何の理由が。アメリカ製でないから何だというの。
ジョージ・A・ロメロ 「ナイト・オヴ・ザ・リヴィング・デッド」 
 見終わった後、しばらく、ラストの銃声の音が耳の奥で谺していた。 関係ないけど(あるけど)日本が世界に誇るバイオハザード・シリーズはこれを母胎に生まれた。
ジョン・ヒューストン 「ロイ・ビーン」 
 いえ、個人的にはこれ、ということで。
ジョン・カサヴェデス 「オープニング・ナイト」 
 ジーナ・ロランズは私の「いかに老けるか」の師匠の一人。会社勤務時代、長らくこの映画のチラシをデスクマットにはさみ、辛い時苦しい時に拝んでいた。
サム・ペキンパー 「ワイルドパンチ」 
 すいません。ふてえオヤジが好きなんです。
デヴィッド・クローネンバーグ 「戦慄の絆」 
 ジェレミー・アイアンズの顔とギーガーデザインの手術道具を見物するだけじゃなくて、クローネンバーグが一貫して追及してる、人を愛する怖さを地獄まで掘り下げた映画だと思う。
ビリー・ワイルダー 「サンセット大通り」  
 ばあさんのいきっぷりも飛ばしてるが、それに答えてるじいさん執事がまたぐー! 。身内(仲間内)では、好きな監督は?と訊かれてワイルダーと答えるのは、卑怯な行為とされている。したがって、オールタイム・ベストごっこをするたびに「ワイルダー禁止」というルールができる。
コーエン兄弟 「ファーゴ」 
 一時、このポストカードを壁に貼ってた。この兄弟の名前もまたよく忘れるので、コーエン兄、コーエン弟と呼んでいる。(時折、レーナードとか言ってしまうぼけをかます)

おまけ Homicide the movie 
 TVシリーズHomicide life on the streetのアンコール版なんですが、このシリーズがまた私のオールタイム・ベスト・アメリカン・ドラマなもんで、尺が映画並みってことでひとつ。レヴィンソン、映画はダメだけど、ドラマのプロデューサーとしては一流。

 結構、真面目になっちゃったので、面白くないなあ……。ホント、これが明日になれば、二、三本残して総入れ替えってなところが、個人ベストの楽しみ(藁)。
[PR]
by acoyo | 2004-09-16 01:34 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/270150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by past_light at 2004-09-16 02:48
ベストテンとか選ぶのは楽しくもあり、恐怖でもあります。

よく年ごとのキネマ旬報ベストテンなどの決算を見ていると、
十一位が気になります(笑)。
ベストテンに入っていると後々まで残りやすいみたいですが、
十一位は忘れ去られやすいみたいですね。

このラインナップのアメリカ映画はぼくも好きなものが多いです。
リンチにクローネンバーグにコーエン、「ロイ・ビーン」が入っているのはなつかしくて泣けます。(笑)
Commented by acoyo at 2004-09-16 03:08
こんばんわ~。来てくれて嬉しいです~。

「ロイ・ビーン」、ふふ、ビデオで持ってます。ヒューストン自身、ものすごくかっこいい人だし、おとうさんも娘も大好きです。

私は15位以降が気になります。私の好きな映画はよくそのへんをさまよってますので(笑)。リンチは「マルホランド・ドライヴ」で返り咲き、返り咲いた分、次は絶対こけるとファンとしては確信しています。そして、かって一方の雄だったクローネンバーグ、こないだの映画もよかったのに評価が盛り上がらず、80年代のことを思うと、ちょっと悔しい。二人とも、ファンに何かと心配をかける監督ですね。

past lightさんのベストテンはどうですか?

Commented by past_light at 2004-09-16 18:43
>past lightさんのベストテンはどうですか?

これは難題だから、その内ということで取りあえずお茶を濁して。
アメリカ映画抜きでもいいでしょうか(笑)。
ここ何年も新作から縁遠くなってますしね。選べば古くなりそうだ。
Commented by romeron at 2004-09-16 23:38
「戦慄の絆」はクロさんの作品では「裸のランチ」と
並んで好きです。実にクロさんらしくて。

「サンセット大通り」! もうーこれは「何がジェーン
に起こったか?」と並んで好きで堪らない作品です。
執事のマックス泣かせますよね。「私は彼女の夫
だった」って所でジャジャーン!と入る効果音が
堪らんです。

「Homicide the movie」。オールキャストな
だけでも十分だったのに、あの出来は最高でした
ね。田原アルノか誰かが言った「ホミサイドへの
鎮魂歌」というのがぴったりくるラストでした。
Commented by acoyo at 2004-09-17 00:22
クロさん! いいですね、それいだたきます。(身内では、二人の「いってるデイヴィッド」を「蠅」と「こびと」で識別してます)
Homicide the movieは圧巻でしたよね、しかもあそこでスマパンかけるか……終わった後、1時間ほどぼーっとしてました。