おもしろいモノとすごいモノととんでもないモノとキレイなモノ、どれも人が作ったモノ  国立民族学博物館

b0016567_2065072.gif

国立民族学博物館

 通称はみんぱく、万博記念公園にあります。アクセス方法は↑のHPでご覧ください。

 私は子供の頃から何かって言うと博物館だの美術館だのにつれていかれた。つうのは、うちのダディは無類の出好きで日曜ともなると出かけずにはおれず、そういう時、ミュージアムというのは遊園地などに比べて、格段に安上がりだからだ。彼らの教養志向と経済理念とが見事に融和した、格好の遊ばせ場所だったのだと思う。それ以上に、当人たちが楽しんでいたしな。
 んで、言ってしまえば、美術館はともかく博物館ってのは子供は好きである。
 何故って、変なものがあるからだよ。恐竜の化石とか、怪獣みたいな像とかね。

 んだから、ここは家から車で行きやすいという点もあり、かなりせっせと連れてかれた。収蔵品ももはやお馴染みの領域に入っている。頭の写真にあるように、大きく場所取ったダイナミックな展示もしてて、ガラスケースにちんまり入ったものを眺めるだけ、というタイプのミュージアムではない。結構、展示はエキサイティングだす。楽器の部屋なんか部屋中にだーっと世界の楽器を並べてる。触ろうと思ったら触れるもん。

 ですんで、大人も、子供連れの大人も、もし、関西方面にお越しの用があり、半日暇があるというなら、私はここへ行くことをお薦めします。
 ここには、かなりの不思議が転がってる。文化人類学や民俗学、歴史に何の興味もなくても楽しめるし、大学時代、つれてったド秀才の連れが唸った程に、実はかなり底の深い、ディレッタントな空間でもある(初代館長は梅棹忠夫だし)。今では各大学の院の共同研究所としても利用されているらしい。

 ただ、民族学、だもんで、収蔵品は祭祀器具、衣服、生産工具、装飾品と多岐にわたってかなりの数なんで、ぼーっと見て回ると印象が散漫になりがち。行くときはむしろテーマを決めて観た方が楽しめます。私の今回のテーマは「仮面」。同居人は「衣服」だったそうだ。
b0016567_2011503.gif
こんなんとか、
b0016567_20131241.gif
こんなん。

 なお、●前回のエントリで出したのは、PiuLentさんが一発で当てた通り海図、マーシャル諸島の漁師が使っていた海図だ。あれなぞまだ地図っぽい方で、同じような木細工で曼荼羅か?というのがあり、それは島の周囲の波のうねりを描いた海図だと書いてあった。マーシャル諸島の島民はその波のうねりで島の位置を測ったんだそうだ。
 私は、なんかそれだけ感動してしまうようなバカなところがある。人ってすげえなあ、おっもしろいなあと感慨にふけってしまうわけだ。

b0016567_2081638.gif 右の画像が今回の新着資料、「ポリネシア文化の誕生と成熟」の看板品。ポリネシアの首長の葬儀の際、喪主が着用する装束。レプリだけど、パンフレットでは、ハワイの博物館にある本物にだって負けへんもんと威張ってる。それと、ここの展示見てると「ラピタ」という言葉の出所がわかる。

b0016567_20322057.gif








 左の画像はバリ島の舞踏劇の魔女ランダ。出不精の私もこれだけは現地で観たことがある。何がなんでも観たかったんだよ。
 漫画家の佐藤史生曰く、「キラキラと派手やかなショーだけど、ガムランのお囃子調とあわせるとこれがどう見ても懐かしの獅子舞感覚。しかしストーリーはと言えば西洋の理知主義が悪夢にうなされそうな不条理」 
 ちなみに、中村雄二郎氏の「魔女ランダ考―演劇的知とは何か」はへヴィーだけど名著。

 そう言う私も、ここのホームページ初めて見たんだけどさ。これまたいつの間にか、結構なデータベースがついてるじゃないのさっ。これはHPにリンクせねば。
 後、この手のものなら、両国の江戸東京博物館も好きだわ。ディレッタンティズムとスケールじゃ俄然こっちが勝ってるけど。それは「江戸」と「世界」の違いで、仕方ないか(藁)。
[PR]
by acoyo | 2005-05-23 20:44 | 半径○キロの散策 | Trackback(1) | Comments(16)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/2790774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from oser at 2005-10-07 02:29
タイトル : 一瞬大空のすき間あり今走れ
ダ・ヴィンチに『FSSデザインズ1』紹介されてましたね(笑)。 【綾辻行人新刊予定】 館シリーズ第八作(講談社ミステリーランド) 2005年末か2006年の年明けには刊行 「小学六年の僕を読者に想定して書いている。少年少女にトラウマになるようなものを贈りたい」 ミステリの人ってこう!こういう性格な訳なんですよ…。ねーSFファンの皆様。 やっぱりミステリ好きって隠しておくのが、独身女性の嗜みかと。 ところで、新聞のインタビューの回答がこれとは、さすが、京都の方々は大人というか洒落が通じ...... more
Commented by manyana at 2005-05-23 21:07
いやぁ〜、めさめさ面白そうです!
んでも、夜中にひとりポツんと取り残されたりしたら、怖いだろなぁ〜なんて思ってみたりして(^^;)
Commented by satsuki at 2005-05-23 21:10 x
みんぱく・すきですー♪
中村雄二郎氏の著作、少し齧りましたが、すきですねー♪
Commented by santapapa at 2005-05-23 21:33
おおっ!なつかしい。吹田市民だった時に自転車でよく行きました。
マクタールって楽器も買いました。こわれちゃって今はもうないけど(^^;。
Commented by tonbori-dr at 2005-05-23 22:02
ご近所なのにずいぶんご無沙汰してます(^^;>みんぱく
またふらっと行ってみっかなあ。
Commented by forest-sea at 2005-05-23 22:04
仮面の上段の中央のやつなんか、成田・高山両氏がモチーフとして使いそうだ。
Commented by belltone at 2005-05-24 00:44
民族衣装って、好きです。仮面の色使いも、かなりステキ。ああ、高円寺「仲屋むげん堂」でいろいろ買ってた日々を思い出します。ちょっと痛い日々ですが。面白そうだなあ~、みんぱく。祭祀器具もカッコイイですしねえ、楽器の部屋なんてもうヨダレもんですよ。民族楽器、儀式に使うように作られてるので、心を鷲掴みにするような音を出しますね。あと、集団で奏でないといけないってトコも良いと思います。集団参加型というか。日本の法具、仏像なども単純にカッコイイです。あれもエンターテイメントの粋を尽くしてるなあ、と思わざるをえません。
昔の人々は知恵を凝らして、ビックリするぐらい遠くに行ってたりしますよね。その探究心というか、工夫のし具合は、感動しますね、やはり。ロマンだす。 海図にも、びっくり。わなわなです。
Commented by 玄倉川 at 2005-05-24 01:34 x
「ポリネシアの首長の葬儀の際、喪主が着用する装束」
めちゃめちゃカッコいいんですけどどうしましょう。
あんなにカッコイイとあの衣装着たさに首長を殺す奴が現れそうな勢い。
Commented by るき at 2005-05-24 10:50 x
>バリ島の舞踏劇の魔女ランダ
スカートとパンツの組み合わせがいけてますなぁ♪
顔が異様に出っ張ってますが(~_~;
Commented by kiyotayoki at 2005-05-24 12:17
こないだ沖縄へ行った時、かなりな規模の民族博物館ができていて
結構楽しませてもらいましたが、みんぱくも是非行ってみたいな~。疲れたら近所にある温泉にも入れるみたいだし☆
Commented by kingdow at 2005-05-24 12:40
みんぱく大好き! たぶん20回以上は行ってると思いますが、海図はぜんぜんわかりませんでした(恥)。なにを見ていることやら。

あそこ、入ると独特な臭いがして、臭いんだけどなんか落ち着くという不思議な気分になります。触ったり写真撮影OKだったりの堅苦しくないところがまた最高で。よく高感度フィルムを用意して行ったものです。あー、また行きたくなっちゃった。
Commented by zazies at 2005-05-24 15:16
おお〜〜こんな面白そうなとこがあるんですか。バカなくせして考古学者になりたかった私にはお宝たくさんありそう。みんぱくのHPだけでもボリュームまんてん。いつか行ってみたいなー!
Commented by KAZZ at 2005-05-24 18:05 x
ふふふ、チビ太連れてまた行こうっと^^
家から車で30分!
安上がりな本物の『秘宝館』よ・・・
Commented by jaguarmen_99 at 2005-05-24 20:59
博物館でだらだらするのは好きです。目に映るものが不思議過ぎて幼少の記憶のトラウマに近いものになってたりします。自分は東京上野の博物館の「地球の自転で触れるフーコーのだかの振り子」が好きです。
Commented by acoyo at 2005-05-24 23:52
★manyanaさん
めさめさ面白いですよ! まにゃーなさんならアイディアの宝庫だと思われ。>夜中に取り残されたら……私は発狂すると思います(藁)。

★さっちゃん
んま、私たちって何て間がいいのっ♪

★santapapaさん
実はですね、楽器の部屋でsantapapaさんのことを思い出しました。あ、これかああ、これもあるよーとか思って。ミュージアムショップで例の腕につける鈴(名前失念)、も1個買おうかとかなり悩みました(藁)。

★tonbori-drさん
やはり、地元民は、しかもうちのブログにお越しのお方は知っている(藁)。ぶらっと行くにはいい季節ですよ。跡地の木陰で昼寝もできます。

★forest-seaさん
うん。あれ、しぶいでしょ。1万以内なら買ってもいいと思ったよ。

★belltoneさん
私はイヌイットの衣装を眺め、自慢じゃないけど、「これは似合うぞ」と確信しました。祭祀音楽が「集団で奏でなければいけない」っての、ああそうかあと思いました。ちょろい個人なんぞの出る幕じゃないってわけですか。

★玄倉川さん
あれ着たさに父王を殺す王子……ハムレットにも何もならんがな(大藁)。
Commented by acoyo at 2005-05-24 23:54
★るきさん
あははは。あれはお面つけて踊るんで異様に出っ張って見えるんですよ。あのお面のレプリカは長年欲しいんですが、手が出ないお値段で(藁)。

★kiyotayokiさん
温泉は……かなり遠いかと。あ、車で10分ほど行けば、豊中の五色の湯がって言ってもわからないほどローカルな台詞(藁)。
沖縄の行ってみたいですね~。こちらに来られることがあったら、是非、みんぱく、お寄りください。

★kingdowさん
私もそれ以上に行っておりますが、あの海図には始めて目がとまりました。あれだけ収蔵品多いと見落としも多いもんですね。
>独特の匂い
あ、わかります。それで、写真撮り放題♪ 行った時もちいちゃい子もガムランぶったたいてましたが、、あれだけは怒られないんだろうか(藁)。

★zaziesさん
zaziesさんも、行ったらむらむら創作意欲がわくと思いますよ。そいで、私もチビん時は考古学者になるのだと決めていました。後に炎天下で穴掘る学問と知り、一気に冷めましたが(藁)
Commented by acoyo at 2005-05-24 23:54
★KAZZさん
チビ太くんと行って。そいで、写真アップしてね~♪ 行った時はちょうど何かのクラフト教室やってて、子供が大はしゃぎ状態でしたよ。
んで、確かに『秘宝館』……本物と偽物の間の谷が深すぎ(藁)。

★jaguarmen_99さん
私はあそこの何体かの人形がとても怖かったです。今でも側を通ると、空気が冷たあい気が。上野の振り子……今度行ったらよく見ておくわ!