マナーとかもうそういう問題でもないよな、これ。

6/6フッキン(魁!腹筋塾!)
6/20フッキン(〃)

 ステップマシーンさえ、無用の長物と化し、今やけつまずく以外で触っていないわたくしが、jaguarmen_99さんの「腹に田の字を」フッキン道に参加するわけではございません。私はこの体脂肪と共に生き、共に死ぬ覚悟です。
 TBした理由は、彼の最近のネタのクローン林家一味。もう涙出るほど笑えるんで、まずはご本人とこで読んでください。どっちもエントリ後半部に出てます。

 んでですな、前にHPで上半期の話題だったネットの不動産屋さん(既に忘れられて久しいあの方)について書いた時に、オフィシャルな場での声高な携帯電話の会話ってのは、わたくしを強引によそ様のお宅の茶の間に引きずり込んだ挙げ句、透明人間にしてしまう行為だと規定いたしましたが、このクローン林家のエントリを読んで、そんなことを思い出したです。



 何ヶ月か前だったか去年だったか、年食ったから物忘れが激しいわ、ともかく、お出かけしてた私は阪急電車に揺られ揺られておりました。夜の9時頃、私も結構疲れてたが、周りも同じように疲れた残業帰りの方々ばかりの車両。私は座っていたけど、立っている方も多かった。みな半分目を閉じたり、スポーツ紙読んだり、小声で話したりと、いつもの平日の夜の通勤電車。
 向かいの席に、まあ今時の嬢ちゃんが居た。うちの同居人が嫌がる真白化粧(夜目に見ると顔が浮いて怖いのだと主張する)、パールどちゃまんと入ったやつ。ほんでもってシャドウやリップにもきっちし鱗粉入ってて、ホトペでいうならレイヤー効果→光彩外部、描画モード:スクリーンで不透明度77%、スプレッド23でサイズが125ってな輝くお顔、お臍も覗くお嬢様でありました。
 その子がやおらにじゃらじゃらと、神社の拝殿の鈴の紐(賽銭投げた後、神さま気付いてねって引っ張るやつ)のようにやたら物のぶら下がった携帯を出し、ボタンを押す。「車内での携帯のご使用はご遠慮ください」てなんのこと、あたし、漢字読めねえもんという大らかな態度で、その態度に負けぬ大きなお声でもちもちとお話しになられた。
「あ、おかあさん? おかあさん? おかあさんってば、私ぃ」

 向かいの席の私にまではっきり聞こえたその声のでかさに、彼女の横でうつらうつらしてたOL風のお嬢さんとか、スポーツ紙読んでたおっさんとかが眉を顰めたが、それもよくあることなので、OLさんはまた目を半分お閉じになる。おっさんは新聞を読む。
 私だって聞きたくはなかったが、暇だった上に、そんな風に彼女の声は狭い車両の半分には行き渡っておったのだ。かくして、それから数分で、私は彼女が私立の女子高生で、妹が居て、おかあさんは専業主婦で、家は○○にあって最近サンダル買って今日はナビオで飯食ったことまで知り、おとうさん、会社でぱっとしてねえな、ほんでもって、おかあさんは毎晩帰りの遅い娘に苛立っておるな、おそらく妹の方が出来がいいなということなどまで察してしまった。己の暇と想像力が憎い。

 彼女はしばらく、早く帰って来いと言っているであろう母親にのたくた言っておったが、「ええーっ、けどぉー、今日、わたしぃ、友だちんち泊まるしい……え?……え? 今、どこ?ってぇ、やから、けいこちゃん(仮名)ち」
 その時、半分目を閉じておったOLのおねえさんの目はぱちりと開き、スポーツ紙を捲るおっさんの手は一瞬止まった、その場のみんなの目が突っ込んでいた。
 けいこちゃんは、ここに、この小豆色の電車に住んどるんかい!!
「うん、そう、けいこ(仮名)んちに居るんよぉ。さっき着いてん」
 彼女は、けいこちゃん(仮名)ちでこれから二人でお喋りするのだと、けいこちゃん(仮名)は失恋したんで慰めてあげなきゃならないのだと言わずもがなの台詞を吐き、携帯を切った。
 既に車中での彼女の周囲の人の目はさりげに、しかしはっきり彼女に向けられていて、どの目も言っていた。
 男やな。

 まー、今時のお嬢さんてばと言う程、私も清い身ではなく、親に嘘ついて彼氏んとこ泊まるぐらい、誰しもやったやらせたことであろうから何も言わぬ。
 んだけど、これはそういう問題ではないの。
 彼女を見る人々の思いはそれぞれであったろうが、好意的な視線が無かったことは確かだ。
 だが、彼女はそんなことを気にしなかった。つうか、周りの人が自分を見ていること、周りに人が居ること自体、最初っから意識外だったのだろう。ふんふんと鼻歌を歌いそうな気配で、バッグから雑誌を出して読み始めた。そして、前に人が立ってるのに、るるるという感じで大きく足を振っていた。こりから、デートだよー、るるるるるってとこか。

 ……そんな今時のお嬢さんがたが涙してお聞きになるであろうJ-popの歌詞じゃあ「手を取り合えば大きな力になる みんな本当は気付いているのに」と歌っておったけど、善意だか愛だか平和だかの大同団結運動のありがたさに気付くその前に、

 車両とか路上とかには他の人間も居ることに気付け。


追記:それがスルーできるのが都会人だとかおっしゃる方もおられると思うんで言っとくわん。本来の都会人ってのは肩擦り合う環境で生きてるんだってのが身に染みついておりますんで、不要なノイズは出さないのがルールだす。

*1 小豆色→世間とか阪急とかはマルーンカラーと称しております。
[PR]
by acoyo | 2005-06-22 20:31 | 愚者の休日 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/2986972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jaguarmen_99 at 2005-06-22 21:01
TBありがとうございます。けいこはなぁ、浮き草みたいな気性やから電車に住んどってん。ひとっところにおられんねや。
> 「手を取り合えば大きな力になる みんな本当は気付いているのに」
つまり甘えの都合良い応援歌なのだよな。1与えて10奪おうとするんだけど、鈍感というのも人格障害だと思う近頃でございます(;Д; )。
Commented by PiuLento at 2005-06-22 21:15
「けいこちゃん(仮名)ち」で爆笑しました。
そげなこという子がヴァカなら、それを信じる(ふり?)親も馬鹿ですなあ。電車のガタンゴトンいう音は伝わってるだろうに。

私は肩擦り合う環境で生きる都会が嫌いなのですが、とにかく、周りを見ない人、自分の周りに透明なバリアを張って何でもし放題の輩が多くて、イライラすることが多いです。
Commented by shou20031 at 2005-06-22 21:16
面白そうですね。でもこんな娘はどこにもいますね~
やっぱり親の躾なんでしょうね。親が躾なければどうするですね。
Commented by forest-sea at 2005-06-22 21:46
あぶないあぶない(笑。
その場にいたら、大声で笑ってしまいそうだ。その場合、こっちが社会の敵?
Commented by tonbori-dr at 2005-06-22 22:56
なんつーか、やっちまってるよ、あんたって感じですな(^^;
その娘さん、ルール以前になんかすっぽり抜け落ちている気も・・・・
Commented by つきっつ at 2005-06-23 01:26 x
いやー、笑いました。3回読みました。そして、「本来の都会人ってのは」に激しく同意。江戸の町人は、すれ違うときにすっと肩を引く「身体的技術」を持っていた、とかいう説を思い出しました。
Commented by KAZZ at 2005-06-23 06:20 x
これだから電車は楽しくて止められらまへん。
世知辛い日常の一服の清涼剤・・・、って使い方間違ってますかねえ??
Commented by mo_ura at 2005-06-23 20:38
昔っから電車の中でわめきちらすオッサンとか、あぶない人は一定の割合でいたわけで。そう考えるとその娘もあぶない人の一種なんだねぇ。恐ろしいのはその割合が増えていて、しかも昔みたいに一目でソレと見分けのつかないのが増えている、ってことか。
五感に訴えられちゃスルーできないよね。これがリアルとネットの違いなんだろうなと思いますね。
Commented by acoyo at 2005-06-23 23:31
★jaguarmen_99さん
いつも、いいネタありがとうございます。阪急に居るときゃはけいこと呼ばれたの~♪京阪じゃみちこと呼ばれたのってか(古い歌だ)。
他者に鈍感自己にも鈍感な人ってのは一種感動さえ覚えますが、最近は己も含め他者に鈍感、自己に敏感ってなふてえ輩が増えてきて、いかんと思うわ。

★PiuLentoさん
笑っていただければ幸いです。そう、透明バリア(爆藁)。あんた、自分の周りにビニールテント貼って生きてるのかって感じ。

★shou20031さん
居るんですよ。それもフツーに。親の躾とかいう問題も最早越えてるのかもしれません。

★forest-seaさん
いや、そこで爆笑するのもまたとてもナイスなその場の和み剤添加ーっで、空気読みきった行為と思われ。立派。
んで、後になればこの上ないお笑い話なんだけどさ。実際に横でやられるとこれ、笑う前に呆然として唖然として、どっと脱力しちゃうんだよ(藁)。

★tonbori-drさん
越えてますでしょう。何か、唖然とする越えっぷり。モラルとかルールとか、それ自体と無縁に生きてるわけで、これもなんでしょうか、ニュータイプ?
Commented by acoyo at 2005-06-23 23:31
★つきっつさん
笑って頂いた挙げ句、三度も読んでいただければ本望でございます。
その江戸の話、粋ですね。ニューヨークで観光客が少ないとこだと、excuse meとかI beg your pardonと言うタイミングが絶妙だそうです。距離の取り方に対する基本教養みたいなのができあがってるんでしょうね。

★KAZZさん
楽しいと言えば楽しい(藁)。つうか、ネタになるぅ。もう開き直って、これで遊ぼうという心意気ですねっ。

★mo_uraさん
マジできつい言い方すれば、これも人格の何かが壊れてるというより、壊れるべきものも最初からないと言う感じなんですね。
そうなんですよ、五感に来られるとスルーはきつい(藁)。だもんで、私もカジュアルな引きこもりかも(藁)。その点では確かにネットはましですね。それも自我のタフネスの問題になりますか。
Commented by 玄倉川 at 2005-06-25 18:46 x
久しぶりに声を出して笑わせて頂きました。ありがとうございます。
突っ込みの入れ方がさすが関西人という感じで脱帽。
「けいこちゃんの~」の後に「まもなく西宮~」とかアナウンスが流れたらもっと面白かったのに。
笑ったあとにじわじわと索漠たる思いがわきあがってきます。
彼氏やけいこちゃん(仮名)も彼女の同類なんでしょうね。なるべくそういう人たちには近づかないで生きていきたい。
このお嬢さんはそのうち運転免許を取るのかな?どんな運転するのか考えただけでも怖い。ルームミラーを思い切り捻じ曲げて自分の顔に向けてあるのは確実。