棒を投げられたら、つい走ってって取っちゃいます。ムービー・バトン

 tonbori-drさんからのバトンです。質問は以下。
1.過去1年間で1番笑った映画
2.過去1年間で1番泣いた映画
3.心の中の5つの映画
4.観たい映画
 なおこの類のものについては、私は一括、「祭り」でやってますんで、指名は遠慮させていただきます(ただし、自分で終わるのだけはいやよと内心どきどき)。よろしければ、どなたでもTBくださいませ。
今んとこ、こんな方々が既に走り終えおられます。私は亀。
ムービー・バトン(活動映像の街)
映画棒が来ましたので。(web-tonbori堂)
映画棒がやって来た(もしかすると日刊[考える葦])
「見たい映画をつなぐタスキ(ムービー・バトン)」(samuraiの気になる映画)
ムービーバトン(PiuLentoな日々)
ブログ体育会系、ムービーバトン(zazies)





1.過去1年間で1番笑った映画
 ○ゴジラ対メガロ
 ケーブルでやってたんだけど、いやあ笑った笑った。笑いすぎて涙で画面が見えなくなっちったよー。一々意表をつくという前に何を考えてそうするのか問いただしたい展開、見るだけで笑いを誘うと言う前に脱力さえ感じさせる造形、そして、昭慶爆破の某宗教の火祭りのように盛大な火と炎だけが空しく画面を焼き尽くす……と。ま、リンク先をお読みください。終盤は突っ込み疲れで頭が真っ白になること請け合いという、円谷末期症候群の典型例ですが、その中でも極めつけのデッドエンドな作品。この先はないぞ、円谷。
 俺ってもうダメかもとか、心が荒んだときとか見てください。この「人生でも映画でも、棒に振るときは強く握って大きく振らなきゃダメ、躊躇っちゃダメよ」という心意気で「千尋の谷底に向かい、真っ逆さまに自分で駆け下りてゆく勇気」に励まされ、強く生きていく自信がつきます。

2.過去1年間で1番泣いた映画
 ……パス。結構泣くんですよ、わたくし。でも、(笑い過ぎて)涙腺が緩みっぱなしという点では、↑かもな。恐るべし、メガロ。私は君を忘れない。

3.心の中の5つの映画
 こりは例によって収拾つかなくなるので、samurai-kyousukeさんに倣い、動物絡みに絞った(何せほれ、太短丸動会初代姐だし)。正統派はお武家さんにお任せ~として、私はちょっと毛色を替えて、印象的に犬猫が出て来たもんで心に残った映画。(関係ないが、私は動物がまんま転がってるの見るのが好きなんで、ディズニー風に擬人化されたのはどうも……)

b0016567_19233610.jpg ○マスク
 ジム・キャリーもサイコーなんだけど、これはマイロの映画よ、あたしゃ、フリスビーくわえたまんま、一緒にぶんぶん振り回されても離さないマイロに惚れちったさっ♪ ジム・キャリーが組んだ仲では、最強の共演者と思われ。ジャック・ラッセル・テリアってあの首の傾げ方がたまらんし、澄ました顔していつも「跳ねたるぅ、飛びかかったるぅ、花瓶蹴倒してカーテン破いたるぅ」ってな風に構えてるあたりがたまらん。
(写真はマイロでなく同じ犬種の子犬)
 ○ロング・グッドバイ
 冒頭の夜中に猫に叩き起こされることに始まる、キャットフードのシークエンスが秀逸。これだけで新しい、なおかつ原作のファンにもするっと納得のいくマーロウ像を打ち立てたグールドとアルトマンはすごい(原作に無い猫を出したのは、チャンドラーが無類の猫好きだったからだってさ)。そしてラストの台詞、
 Yeah, I even lost my cat. 「そうだよ、俺は猫まで失くしちまったよ」
 ○ラジオ・フライヤー
 レンタル屋で発見した佳作。私も同居人も、この作品にキング風味を感じたが(ファンタジー系ハッピーエンドのな)、連れも結構同意見。
 そのね、継父にぶん殴られる恐怖に脅えながら、「ある夢」を果たそうと必死な兄弟にでかいシェパード犬がぴたっと寄り添ってるんだわ。こいつがまた泣かせる犬で、庇うのよ必死に、チビ二人を、ホントに必死に守ろうとするのさ。ああ、思い出すと涙がっ。
 ○イノセンス
 あの押井が自分ちのガブリエルをモデルにしたバセットハウンド、かわいいよーかわいいよーたまんねーよ。餌食べてる時にガトーバトーが耳上げててやるのがまたたまんねーよーっ。「ロング・グッドバイ」以後、真っ当なハードボイルドで、主人公がペットに餌をやるってのは定番化しましたが、先の「ラジオ・フライヤー」の「不幸なガキ×犬」同様、ホンマに絵になるわ。
 ○「オレゴン魂」
 「勇気ある追跡」の続編。いかに老けてようが「かの」デュークと「愛しの」ケイト・ヘプバーンの共演ってことで大概のことは見過ごしてあげようという気になる映画(大藁)。そんで、これに出て来る猫、「将軍(ジェネラル)」がまたいいんだあ。保安官のデュークと同じテーブルでトーゼンって顔してビール飲んでる。バディオーラ出まくり。犬猫とはこういう風に付き合ってみたいなあ。(そんでもってまた愛しのケイトが男との間にいいバディオーラ醸す方だしさあ)

4.観たい映画
 クストリッツァのLa vie est un miracle「ライフ・イズ・ミラクル」
 だって、大好きなんだもん、この人。
『パパは出張中』からファンだけど、最近じゃカンヌの審査委員長もやった。強制収容所送りのパパとか戦争とか内乱とか、いつもネタはどシリアスなのに、それをどこかずっぽ抜けてて浮世離れしたものに仕上げちまう人。
 実際、現実ってのは下手にどシリアスどシリアスに描けば描くほどくどくなり、嘘くさくなる。んで、この監督がまたしたたかで、ペーソスって言葉で簡単に片づくお方じゃないのね。これも戦闘的ユーモア、いわゆるアイロニーでさ。勿論、彼の作品は笑えるけど、だからこそ、必ずある種の残酷さが通奏低音で流れてるんだよね。「ミリオンダラー・ベイビー」に続き、今年の期待作。
 ビデオなら「アンデッド」(猫バンチさんご推薦)と「マイ・ドッグ・スキップ」(samuraiさんのエントリ参照)かなあ。
[PR]
by acoyo | 2005-07-19 19:53 | 映画・ドラマ | Trackback(7) | Comments(12)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/3151121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from もしかすると日刊 【考え.. at 2005-07-19 21:41
タイトル : **映画棒がやってきた**
 よくお邪魔するWeb-tonbori堂サンから、バトンが回って参りました。こないだの音楽棒では、終焉のころ「マーケティングの片棒担ぎ」であるとか、「所詮はトラフィック増大させるスパムと同等」といった反省が出ておりましたが、  当方、同じアホなら踊らにゃソンソンの精神で、祭りに参加いたします。  ただですね、ボクは映画で泣いた笑ったってこと、あんまりないのですわ。ep3の旧来からのファンを喜ばせるくすぐりまくりの台詞にはニヤケますし、ホー・マンファイの半ケツにはニタニタもします(その趣...... more
Tracked from web-tonbori堂.. at 2005-07-19 22:07
タイトル : 映画棒が来ましたので。
ぽこさんの活動映像の街: ムービー・バトンより おおっと映画の棒が回ってまいりました。 設問はミュージカル・バトンと大体同じだけどちょと違うみたいな感じで 1.過去1年間で1番笑った映画 2.過去1年間で1番泣いた映画 3.心の中の5つの映画 4.観たい映画 以上4つの設問でござーる(^^) ある意味俺ベスト5なんだけども難しいなあ。だって5本じゃ収まらないっす でもちょっと趣向を凝らしてやってみるぜ!とうちゃん!(飛雄馬風にな)なんでまずは 1.過去1年間で1番笑った映画...... more
Tracked from samuraiの気になる映画 at 2005-07-20 20:40
タイトル : 「見たい映画をつなぐタスキ(ムービー・バトン)」
『のんびり映画日記』のyukoさんと『web-tonbori堂ブログ』のtonboriさんから「見たい映画をつなぐタスキ(ムービー・バトン)」というのが回ってまいりました。以前、『La Dolce vita』のGloriaさんからいただいたミュージックバトンの映画版ですね。 1.過去1年間で1番笑った映画 記憶に新しいところではレンタルDVDで鑑賞した「最狂絶叫計画」でしょうか。下ネタ満載のお下劣映画でしたが、笑ってしまいました。「サイン」とか「マトリックス」のパロディーが爆笑でした。 ...... more
Tracked from piu lentoの日々 at 2005-07-20 23:34
タイトル : ムービー・バトン
きょうは、acoyoさんの棒を投げられたら、つい走ってって取っちゃいます。ムービー・バトンへのTBを書きます。 私はこの一年、随分沢山映画を観ましたが、それでもまだ、映画を語れる程のレベルには達していません。なので、自分の分かる範囲・観た範囲で書きます。 --- 1.過去1年間で1番笑った映画  「最'新'絶叫計画」 : ダビングとかを除いて、同じ日に二回連続して観たのは、この映画が はじめて。こう書いていると、観たくなってしまう。 2.過去1年間で1番泣いた映画  なし。笑ってば...... more
Tracked from zazies at 2005-07-25 10:14
タイトル : ブログ体育会系、ムービーバトン
acoさんの棒を投げられたら、つい走ってって取っちゃいます。ムービー・バトン 体育会系になった気分ですぐ拾う私でございます。 が、しかし映画棒は大変すぎる。 物心ついた時には映画を観ていた私の人生で たった7本を選べというのは過酷すぎます。 そして拾ってから数日が過ぎました。 今回の過酷なお題は   1.過去1年間で1番笑った映画   2.過去1年間で1番泣いた映画   3.心の中の5つの映画   4.観たい映画 残念ながらうちは田舎なので、私が観たい映画はあまり来ないん...... more
Tracked from samuraiの気になる映画 at 2006-04-20 00:14
タイトル : 「固有名詞バトン -スティーブ・マックィーン-」
私が定期的に巡回しておりますお気に入りブログの一つ「愛すべき映画たち」のmicchiiさんから固有名詞バトンというのを頂戴いたしました。「ある特定の事柄について本人の思い入れを語る」というもので、自分がいただいたお題は【スティーブ・マックィーン】でございました。 ●PC・本棚に入っている【スティーブ・マックィーン】 当ブログでエントリーに上げたのは「パピヨン」「タワーリング・インフェルノ」「シンシナティ・キッド」「大脱走」「荒野の七人」の5本です。意外と書いてないですね〜。書籍は押し入れのどこ...... more
Tracked from ひいろお倶楽部@ at 2006-05-27 00:14
タイトル : 今さらながらムービーバトン・映画とくればムビムビです!
こんばんは、Gです。今日は自宅にいなくていけない用事(仕事ではない)があるので時間つぶしに記事を書いてみようかなあと思ったのですが流石に今日のテーマを考えてなかったのでやめようかと寝ようとした時にふと思い出したのです。 「昨日はバトンの記事だったけど、よーく考えたら結構放ったらかしにしてるバトンがあるんだよなあ・・・」という事を。 実はバトンがあるなあと思っても処々の理由で放置してたものが結構あるのです。そこでその放置してたバトンが多く残ってるacoyoさんのところへちょっと行ってきま...... more
Commented by samurai-kyousuke at 2005-07-19 21:07
「マスク」のマイロ君は第24回samurai最優秀助演男優賞を受賞しております。(笑)
ジャックラッセル・テリアは可愛いですねー。ペットショップで見かける度に見入っております。バイタリティーに溢れた犬種で運動量が必要らしいですね。
以前、河原で延々とジャックラッセル君にボールを投げては取って来させる遊びをさせてる人がいたんですが、最後は「もうかんべんしてくれよ〜」とギブアップしておりました。
キャサリン・ヘップバーン嬢のものでは「アフリカの女王」「黄昏」「オレゴン魂」の三本が大好きです。
Commented by forest-sea at 2005-07-19 21:33
「メリ首」の包帯犬じゃだめなのか?人形じゃだめなのか?
Commented by y_natsume1 at 2005-07-19 21:39
「円谷末期症候群の典型」というフレーズも大ウケでしたが、意外や、心の中の5つの映画って、動物の切り口でも結構読ませますねぇ。 特に
「ロング・グッドバイ」や、「イノセンス」、「オレゴン魂」なんぞが出てくるあたり、acoyo姉さま、さすが。 いや、ホント。 僕もこのあたりの作品、好みです。
Commented by PiuLento at 2005-07-19 21:59
包帯犬(正確にはギブス犬だと思いますが)、好きです。大笑いしました。
Commented by tonbori-dr at 2005-07-19 22:06
メガロかあ!なんかもう「ヤラレタ」って気分デス(笑)
ゴジラファイナルウォーズでももしかしたら隠しダマで出してきたらすげえ笑えたのになあと思う今日この頃(^^;

イノセントのバセット(押井監督のカブくん)はもう目茶苦茶監督の趣味が出てます。DVDのコメンタリーを聞くとそのあたりを語りまくり(爆笑)
Commented by zazies at 2005-07-20 10:56
きゃー、マイロ〜〜。独房に閉じ込められたジムキャリーを外から覗こうとしてだっけ?ジャンプジャンプしてたおケツが忘れられないーっ!
んでまた棒を拾いたいと思ってる友達の少ない私でした。
Commented by kiyotayoki at 2005-07-20 12:28
「ロング・グッドバイ」ももう一度見直してみたいけど、「ラジオ・フライヤー」
見逃してるのでタイトル、メモらせていただきました。ありがとございます~。
Commented by acoyo at 2005-07-20 22:43
★samurai-kyousukeさん
マイロらぶ!については、↓でzaziesさんも書いておられます。私はあの札が詰まった物置の扉をフリスビー欲しさに開けろ開けろと騒ぐとこも好きです。そして、あの動きを見る度に、農場が買えないとこいつは飼えないなあと。「アフリカの女王」好きです~。愛しのケイトの最高傑作!

★forest-seaさん
どひゃひゃひゃひゃひゃひゃ(思い出し笑い)。ナイス突っ込み! さすが! ううむ……ううむ……ううむ……ありもかわいいけど、かなりかわいかったけど、挙げた5作には負ける!

★y_nastume1さん
年食ってそれなりに観た本数がたまると、テーマ別でないと5作って無理なんですよ。いっそこの100本とかの方が選びやすい(藁)。

★PiuLentoさん
やはりお好きですか。お好きでしょうね。私も好きですぜ。

★tonbori-drさん
狙ったわけじゃないんです。単に正直になろうと思って(藁)。あれはゴジラシリーズの拡散波動砲。
DVDでまだ押井喋ってるんですか。あの子のために熱海に住み、己のHPのトップはあの子の絵で、事前インタビューでも喋り、あの犬種の愛好家HPにまで出て来て喋り、まだ?(大藁)
Commented by acoyo at 2005-07-20 22:44
★zaziesさん
そう、必死に追いかけて来るのがたまんないっ、ハート鷲掴みのキュートなやつっ。
拾ってください、幾らでも拾って(涙藁)。

★kiyotayokiさん
「ラジオ・フライヤー」は品のいい泣かせでお薦めです。犬とガキが好きな人には特に。T・ハンクスがいい感じでちょいと出てます。
Commented by samurai-kyousuke at 2006-04-20 00:17
お疲れのところすみませんが、可能であれば走っていただけないかと・・・・。
今度のバトンは「固有名詞バトン」というのですが、詳細はトラックバックしておきました。当然スルーOKですので、よろしくお願いいたします。
Commented by gun_gun_G at 2006-05-27 00:17
暖かいコメントありがとうございました。
今やレンタルビデオ店員という事で
今さらながらですがムービーバトン拾いましたので
トラックバックします。よろしくお願いします。
Commented by DubBubunamb at 2012-10-06 07:44 x
<a href=http://www.on-line-med.net#sA><img>http://i50.tinypic.com/2qa24jn.png </img></a>
So, we’ve already established that Searle’s clinical trials and the FDA’s approval of Oxandrolone established it as a mild anabolic, designed to maintain and promote lean tissue growth or maintenance.
<a href=http://www.on-line-med.net#AB>cheapest place buy winstrol</a>
We’ve also established that Oxandrolone is so mild in terms of its side effects that women and even children were included as subjects in the clinical trials, and that it was approved for their use as well.