「耕して天に至る」 半径750キロの散策:山形#3 四カ村の棚田

b0016567_11562048.jpg
クリックするとちょい大きな画像が開きます。

村の公式HP

 四ヶ村(しかむら)ってのは、豊牧、沼の台、滝の沢、平林の四つの集落を総称する呼び名で(実際には大蔵村ってことになるようだ)、世帯数約100戸、人口約500人の山間の小さな集落に、総面積12.5万平方メートルの棚田が広がってるそうですわ。
 無論、「日本の棚田百選」にも入ってる。

 これは勢いで行った。二日目は、最上川を下る筈が、雨で増水して危ないかもってんで(実際は舟は出てた。私の馬鹿やろ)、巨木めぐりにコースを変え、そんとき、思いついて行くかって話になったんだけど……その難渋についてはもはや言うまい。ナビはとっても「県道に弱い」。
 ちなみに、ここで20キロぶりのよろず屋で道を聞いたシーゴラスは、じいちゃんとおっちゃんのおよそコアな山形弁の世間話に巻き込まれ、15分も和気藹々と(そう見えた)喋りこんでいた。彼が車に帰ってから、何話してたの?と訊くと、道の説明はわかったけど、後の一般的会話の方は、不明瞭な発音で早口で話されると、イントネーションがまるで違う分、意味が取りづらく、仕方ないんで、精一杯の笑顔で好意を示して肯いてたそうだ。曰く、「日本は広い」

 んでね、ここはほんとに、ステキだったよ。
 つうことで ↓ツヅク





 もうね、トンネル抜けてぱあっとあたりの景観が開けた瞬間、カンドーで息が詰まったね、私は。
 こんな山間の土地に、これだけ丁寧に田んぼ作るのってどれだけの時間がかかったのか、どれだけの苦労があったのか。今だって維持するのどれだけたいへんなんだろう、ってさ。
 そんだけ日本人は米食いたいんだ、そんだけ必死に日本人は米作って生きて来たんだと、胸が熱くなりましたさ。
b0016567_11574857.jpg
クリックするとちょい大きな画像が開きます。

 無論、そんな360度のカンドーが、リコーGX7×わたくしの腕で切り取れるわけもなく、せめてEOSがあればと言っても、umacoさんにそれでも無理!とまた突っ込まれるだけであろう(藁)。
 つうことでしょぼい写真でスマヌ(小雨も降っててさあ……ってわかってるよー、もっとまめにマニュアル調整すればよかったのよ)。しょぼい写真のくせに大きな画像で出すようにしてるのは、少しでもそのパノラマ感が出ないかと……無理か。

 んで、人は、つかガイドブックでもこれによく「自然の美しさ」って書くんですがね。
 ええ、自然は美しいですよ、山形は。もうたれ零れる程にパワフルな自然がそこここに。
 でも、お間違いなく、田んぼは自然じゃありません。人が造りしもの、です。それも汗水流して苦労して作ったもの、です。
 農業はエコでイコール自然、という風にみんな思いこんでますが、アメリカン・ネイティヴの一部族は、「大地を耕すことは、神聖な土を汚すことだ」という考えから、狩猟型(これは自然の恵みを「分け与えてもらう」行為)生活をしていたというのもありますしな。
 それをこじつけというのは簡単だけど、それはそれで理屈通ってるんですよ。農業もまた、人が自然を利用し、ひいては犯し、簒奪する行為であるには違いない。
 人間のすることなんて、みんなそうです。

 といって、私は農業だって所詮、反自然だよんとか、だからいかん、と言うておるのではないのな。他のどの産業より自然と密接に関わる分、自然に対するリスペクトがきちんとしておると思っております。
 つか、一部のエコ馬鹿のように、エコ度で仕事の価値を測るのこそちゃんちゃらおかしいわ。人間は洞穴におった頃から、自然と闘って勝って、そうやって自然をずたずたにして今まで生き抜いて来たんだしな。エコな人が守れと騒いでおるのも、結局は、人間にとって快適な自然に過ぎないんだってことは忘れてはいかんと思われ。
 自然ってのは、放置すれば、確実に人間を喰うよ。
 人間ってのは、「モノ」を使わない限り、地球生態系の中じゃ弱者なんだよ。
 それをわかってるのが、リスペクトしてるってことで、だから、あたしゃ安いエコは大嫌いなんだよ……って、また話が逸れた。

 んで、この棚田に何をそんなにカンドーしたかと言えば、ええ、エライ建築家の先生とか都市開発の先生とかが、「自然と調和した」とかほざいてわけわからんもの作りますわね。
 あんなもん、この棚田の前には一文の価値もない。
 だって、そんな建物なんて「要らないもん」だからだ。でも、この棚田は「要るもん」なんだもん。

 ここにあるのは、人間が必死に自然と闘い(現実に、ここは地滑りの危険にさらされている)、折り合い、ぎりぎりの線で棲み分けた姿(そのせめぎ合いの線も日々刻々と変わる)で、それを「調和」って言うんだ。つまり「人の営為=人工」と「自然」がお互いに一歩も引かずに向き合っている。それをリスペクトって言うんだと思う。
 そして、そのリスペクトこそが、共存の可能性を拓く、そう私は思っております。
 欧米流のエコロジーってのはキリスト教にベースを置く分(万物の霊長で主人たる人間、ってのですね)、一歩間違うと「自然を人間が管理する」という大僭越へと向かうし、私はそれが好きじゃない。それこそ、「人もまた自然の一部」っていう最大の眼目を忘れてると思う。
(まあ、住んでる場所の違いもあるだろうね、アジアの緑はどっか破天荒に凶暴なとこがある。何もせずに放っときゃ、東京の街だってすぐ、緑で覆われるだろうしな)

 あたしゃ、ここにもう一度、パンフレットにあった雪の時期じゃなく(4メートルの雪降って、来れるのか、ここまで?)、田植え直後の晴れた日に行きたいと思った。
 これだけ空に近い村なんだ。この棚田が一面の鏡になって、空を映すだろう。それはどれだけ美しいだろう。それが夕焼けなんかになったりしたら、あんた……ってそう想像するだけで、どきどきした。
 私は絶対に、何とかして、いつか、そんな時期にこの村に来たいと思った。
(同じことは庄内平野でも思った。庄内平野のことはおって書く)

 勿論、そのときに、この村がまだ私のパラダイス(私は決して、ここが理想郷だの、自然と共存している夢の村だの言うておるのではない。私にとって「絶対的に美しい光景」があるから、私の天国だと言うておるだけだ)であるかどうかは自信がない。
 ツーリスト公害ってのは、80年代以来、環境保護の最大の問題だもんな。そいで、白川郷の時にも書いたように、私は所詮ツーリストで、常にその公害の加害者側だ。

 ただね、この四カ村には、私が白川で夢見てて、見られなかったものがあったのよ。
 それは、「私らはここで生活してます。私らはここで働いて食ってます。そいで、すっごく綺麗なとこなんで、みんな見て欲しいと思います。でもね、うちらそうして働いてますんで過剰なサービスはできません。私らはまだ、きっちり、基本は百姓で生きていきたいのよ。だから、私らの生活を、労働の現場を、絶対に荒らさないでね」という気概と誇り。

 村に入ったとこでビューポイントのマップはあるが、そのポイント行っても何も無い(車の一台や二台は置けるけど)。ここ綺麗でしょってな看板も無い。村の公民館みたいなとこが休憩所になってるけど、自販機だのはそこにしかないし、それはビューポイントからは離れている。
(この光景の立体感を肌で味わいたいなら、そこで車置いて歩くことをお薦めする)
 そこで食べた板そばは、山形のどこで食べたのより美味しかった。農家の奥さんがたがパートで取り仕切ってるとみえ、母の実家のばあちゃんが昔、たまあに帰ってくる外孫のために、打って食わせてくれたうどんと同じ味わいだった。
 素朴とかいうしゃらこい言葉は使いたくないけど、ああ、この人たちが毎日自分たちで食べてる「美味しいもん」出してくれたんだ、という感じ。

 だからね、行く人は、それ相応の気構えで行ってください。
 いえ、怖がることもないよ。君んちの庭で大事に育ててる花があって、それを綺麗だって見に来る人が居たとして、それは嬉しいでしょ? んで、そういう人にどう振る舞ってほしいかを考えれば、別にそんなに難しい問題じゃないと思う。
 思いやりって、畢竟、想像力の問題なんだもん。

 けど、シーゴラス曰く、「そりゃ、僕だってこの村好きだよ。白川郷よりずっとステキだと思うよ。でも、今は棚田じゃ観光誘致のパンチが無くて、そんなに人が来ないから、こんなに品よくやってられるだけかもしれないよ。メディアが後押ししてがんがん人が来れば、変わるかもな。ここの人たちがそのあたり、どこまで自覚的に戦いきれるかどうかはわからないもん。そりゃ、変わらなければいいと僕も願うけど、それをどうこう言う資格なんて、僕らには無いんだよ」
 ……なんで、あいつはいつも正しいことを、人が反論しようもないことを言うのか。その後、トトロの木に辿り着くまで、大議論→夫婦喧嘩となったのは言うまでもない。前半は論理性で彼が優勢であったが、後半は道に迷ったことから、私がハンドル握ってる側の責任にポイントを絞って追求し、勝ちを収めた。ふふ。
[PR]
by acoyo | 2006-07-22 12:02 | 半径○キロの散策 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/5318448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nonkey37 at 2006-07-22 15:43 x
>……なんで、あいつはいつも正しいことを、人が反論しようもないことを言うのか

シーゴラス氏のコメントの仕方とか視点が、うちの夫とちょっと似ているとこがあるので、あこさんの「・・・・・・」のところが妙に共感できたりして(爆)
何だろ。男性ってこういうとこあるんだよね。
いや、それはもっともだよ もっともなんだけど 私が言いたいことを分かってくれても別に罰は当たらないんじゃないの と思ったことは数限りなくあり、最後には喧嘩になります。
夫婦ってそういうもん?(汗)
Commented by PiuLento at 2006-07-22 19:26
きれいな緑です。私はこういう風景、山間のひなびた村が好きです。
Commented by tonbori-dr at 2006-07-22 21:07
いわゆる里山。鎮守の森。それがあれば他いらね、なんですがまあこちとら街の中で汲々やっているんでそれは口が裂けてもいえませぬ(って言ってるやん(苦笑))
結構近場でもね汚染というとちとあれなんですがちょとまみれているけれどなんとかというとこはあるにはあるんですよ、そういうとこ。ただ絶対的に保持されているかというと多分東北などにはかなわない。それはありますね。
Commented by umaco at 2006-07-23 00:00
うちのコメントのレスでも書きましたが 風景写真はホント難しいですね
こういう時 お持ちのGXは優秀で ほぼ見たままを再現できるようです
記録としては文句なしで ブログなどで「こういう所に行って来た」という事が 分かりやすいと思います 
(↑なんか皮肉ぽい文面ですが そういう意図はありませんよw)
主題を絞るという意味では モノトーンに変換してみるとよくわかると思います 
>人もまた自然の一部
激しく同意 生きてるんじゃなくて生かされてるんだって
そう意味じゃ 3大宗教なんかより 自然崇拝のほうがはるかにまともです
Commented by jaguarmen_99 at 2006-07-23 17:07
> 基本は百姓で生きていきたいのよ。
> だから、私らの生活を、労働の現場を、絶対に荒らさないでね
これねぇ、本当に心に染みるというか。ただ、観光立県にいるとこういう達観って経験者にしか言えないだろうに、とう気持ちも浮かんで、そういう矛盾はCーゴラス氏の意見も分かるなぁ。覚悟ってやっぱりモチベーションの維持が必要で、自分達の行く道が見えて初めて他者をちゃんと牽制できるとこありますもんね。ああ、これ考えると逆に観光立県とやらは卑屈ですよ。足下が落ち着いている強さっていうのは、やっぱり農家さんとかって強いように感じます。
Commented by acoyo at 2006-07-25 16:33
★nonkey37さん
あ、そうでしょ? そうでしょ? 
>いや、それはもっともだよ もっともなんだけど 私が言いたいことを分かってくれても別に罰は当たらないんじゃないの 
日々そう思っております。だから、相手の言い分が正しければ正しいほど腹が立ちます(爆)。まるで昔の牧歌的不良のように、ひがみたくなります。

★PiuLentoさん
PiuLentoさんはお好きだろうと思います。何せ、正調サライだし(爆)。

★tonboriさん
>いわゆる里山。鎮守の森。それがあれば他いらね
禿同。つて、それがおっしゃるようにツーリストの我が儘ってのなんですよね。でもまあ、私なんか、近所に鎮守の森があったつう記憶があるもんで、庄内平野は一代デ・ジャ・ブでございましたわ(爆)。
勿論、東北で保持されてるのは「利便性に欠ける」からなわけで、それは重々弁えてるんですが、綺麗なもんは綺麗だ。
Commented by acoyo at 2006-07-25 16:41
★umacoさん
GXは建物とかフィギュアに強いカメラでして(爆)。モノトーン変換かあ、試して見ますね。銀カメ時代はずっとモノクロで撮ってたんですよね(下手が我が身も顧みずで)
こないだ、よいしょとカメラの本を読んだら、最終的にはあんたの眼力とセンスだみたいなことが書いてあって、悪かったなと(爆)。
ちと真面目に、うまくなること考えて撮ってみようかなあと今は思ってます。
自然に生かされてるって、素直に感じられるのは、やっぱアジアの自然があまりに豊かだからだ、とも思います。つうことで、私はやっぱ暢気なアニミストでいたいなあと思います。
Commented by acoyo at 2006-07-25 16:42
★じゃがさん
>こういう達観って経験者にしか言えないだろうに、とう気持ちも浮かんで
だから、何で、そういうとこジャストで突くの?(爆) こええお兄さんだね。
>覚悟ってやっぱりモチベーションの維持が必要で、自分達の行く道が見えて初めて他者をちゃんと牽制できるとこありますもんね
勿論、当事者が決めることですが、これだけ色々問題が出そろった後で、観光立県デビューする県ってのには、そういった決断の自由があるとも思うんですよ。
とはいえ、農家が喉から手が出るほど現金収入が欲しいのもわかりきった話でさあ……
沖縄はね。シーゴラスの移住希望ナンバー1県です。癒しだのへったくれだのでなく、離れ小島の網元の末裔たる彼は、「魚村」と「ひなびた港」ならそれでOKで、しかも「熱いとこの方がいい」人だもんで。若い頃行って以来、日本の中での彼のパラダイスは沖縄らしい。
東京本社転勤は断り続けておるくせに、沖縄転勤なら喜んで行くんだろうなあと、「熱いとこ苦手」な妻としては、恐れ戦いております。(あたしゃ奈良に住みたいし高山に別荘が欲しいのに)
Commented by bluegene at 2006-07-26 01:01 x
うあああ。
私の原風景にはないんですこれ。緑の田んぼ。

そういえば1年前に買った2キロの米を食べ切れませんの、わたくし。米がなくても一向に困らないの・・・。日本人じゃないと罵倒されてるんですけど(泣)

ちなみに私の原風景はポプラ並木です。あ、あとホルスタイン(--; 日本人じゃないんかいっ>自分。
Commented by KAZZ at 2006-07-27 12:45 x
母親の実家(私の生家)近くの最上川は、それはもう水量が多くて雄大な流れの川です。
周りの森林のうっそうとした感じと相まって、癒されてしまうのは私だけ?
それとばあちゃんとの成り立つようで成り立たない会話も懐かしい。
向こうは標準語理解してくれるけど、口から発せられる言葉は意味不明の可愛い山形弁。
俺は大好きだね、山形の自然も人も、何もかも。
Commented by manyana at 2006-07-27 17:23
まだ古い町並みが残る東京の下町なんかをただただ「残すべきだ」とおっさる人がいますが、実際にそこで暮らす人の事を考えておいでなのかどうか、凄くギモンです。
自然や↑こーゆー物も含めた環境って、そこで実際に暮らしている人、その土地の産業に溶け込んでいる人でないとワカラナイものがあるし、一方的に「観光地として美しいから残せ」と言い、自分は都会でがんがんCO2を出す暮らしを続けて後は知らんぷり…では説得力ないですよね。
あこさんが仰る「一部のエコ馬鹿」ってのは、こーゆー人も含みますか?

ほでコトバですけど、東北に馴染みがないと標準語でも全然わからんモノらしいですよね。
私は西日本に馴染みがないんで、そっちが不安です。
そういえば、祖母の津軽弁はよく分からなかったなぁ〜(そして笑ってごまかしていた)。
Commented by umaco at 2006-07-30 15:32
余計なお世話 その2です
>モノトーン変換
手前が濃くって 奥が白くぼんやりした感じになります
更にシャドゥ、ハイライトをいじってそれを強調してみたり 反対にのっぺりさせたり・・・・(モノクロ銀塩写真でいう焼き込み見たいな感じです)
その数値を覚えておいて モノトーンにする前の画像に適用したらアチキ好みになります(笑)
下の画像だと棚田の一段一段の濃さがはっきりと違ってくるかと・・
結構極端にやっておいてから色んなフィルターかけると いつもと違った感じになりますよ
Commented by PiuLento at 2006-07-30 20:58
あこよさーん、この写真を来月のカレンダーに使わせて下さいー。
2回目ですね。よろしくお願いします。
Commented by acoyo at 2006-08-01 19:18
★bluegeneさん
私もパンとバターの人だったんですがね。海外旅行に初めて出た時、三日目に「米食いたい」と思いました。何でだろ。
ポプラ並木ってことは北海道ですかい? いいなあ。んでもね、この山形も「広がってるもんが田んぼでなくて、芝地か麦畑なら、ここはどこだ? 北部欧羅巴か?」という光景があちこちに。

★KAZZさん
最上川下りをしそこねたのが一番残念です。滔々たるとはこれよね、という流れでしたわ。やはり武庫川では勝負にならんぜ(爆)。
私も好きですね、山形。というか、私は西にしか親戚いないんで、北に親戚ある方が羨ましい。
Commented by acoyo at 2006-08-01 19:19
★まにゃーなさん
>あこさんが仰る「一部のエコ馬鹿」ってのは、こーゆー人も含みますか?
含みます。自分もそうなりがちなんで、日々自戒を忘れてはならぬと思います。
イントネーションの問題だと思うんですよ。ぼんやり聞いてるときって、言葉の音の高低で意味を判断してるんだけど、確かにリッスン・ケアフリーでないと高齢者の方の言ってることはわからん。
でもね、どこも訛も大好きなんですわ。津軽弁のおばあちゃんっていいなあ。

★umacoさん
ありまとうございます。いろいろ試してみます。
私は暗かったりボケた場合はコピーしてスクリーンで被せて、そいから好みに色目調整かけるのよくやります(今回も曇天撮影だったんで、全部そうしたw)。ただね、数値覚えておこうとしないのが問題だあ。後、暇な時は、一色強調したい色だけ切り抜いてレイヤーで重ねて、ベースの方を褪色かけるのも面白いです。

★PiuLentoさん
はあい。光栄です。どうぞどうぞ。後はネームカードの私書箱に入れてあります。