俳優だけのタケシ その方が好きかも、正直なとこ。

扱いはクイール以下…たけし、“撮影秘話”などを炸裂

 そうか、できたのか、「血と骨」(崔洋一監督)。
 
 これねえ、正直言って、本は、今一つだった。なんか、話やネタの派手さや衝撃性を省いて考えれば、梁石日も、どんどん『タクシー狂騒曲』の頃の斬新さが薄れてって、いわゆる「在日話」のなかで実は落ち着いてってる感じがして。……まあ、作家自身がどうしても書きたかった話だとは思ったけど。

 でも、映画、崔洋一×タケシ、ぬぬ、と思った。この、「ぬぬ」、は、ありきたりだ、誰でも考えつきそうでありきたりだけど、その分、面白いかもしんねえな、の「ぬぬ」
 
 私は監督北野武は、やっぱデビュー作に限るつう女で、せいぜい『ソナチネ』までだもん。『HANABI』は、絵はほんとに綺麗なんだけど、肝心の奥さんの描き方にうんざりする、正直なとこ。こいつ、良くも悪くもどこまでもガキ大将から成長しないもんで、女が描けないなあとか思うしで。
 いや、今の日本で数少ないスタイルを持ってる監督だとは思うし、画面はホント好きなんだけどね。いや、撮監じゃねえんだけど(藁)。
 でも、何であんなに海外でもてるんだろうなあ? アメリカに居る連れが、「好きだぞお、こっちのインテリは、タケシ・キタノが」と言ってた。でも、ひでえ奴はチャップリンと比較しやがる。アメ公って頭悪いからよー。不味い飯食って平気だしな。あいつらに「ノーモア・ヒロシマ、ワンスモア・パールハーバー」ってなタケシの洒落が通じる筈ねえじゃん。そんなバカと何を語れってんだ、おい。
 ……何でもいいが、私の連れは何と言葉が汚いのだろう。

 それはさておき、演技者としてのタケシはずーっとずーっと好きだ。勿論、ある種の鬱陶しさはあるけどね。文化人受け狙いの鬱陶しさってのが。でも、いい役者だもん。刃物手にしただけで、どきどきさせる役者なんて、そういねえよ。それに、演出って枷が無くなったら芝居に集中できるじゃない。だから、この作品はちょっと楽しみだった。

 しかしなあ、『クイール』のときに、私は思ったよ。何で崔なんだ? しのぎか? しのぎだ、きっと。頼む、しのぎと言ってくれと思ってたら、盟友ヨーコが一言。
単に犬が好きなんじゃねえのか、あの男、あんたといっしょで。あんただって、文春のサイト行って、クイールの壁紙もらって、使ってただろーが。なぁにがパトリオットだよ、このアニマル・チャンネル依存症」
 ……うるせえ。

 いいじゃないか、犬とウォンバットとアッガイ君が好きでもいいじゃないかよ。それでも心はハードボイルドなんだから、いいじゃないかよ。
 あー、そうだよ、正直なとこ、『クイール』借りようと思ってるよ、レンタル100円の日に。でも、この「100円」ってのが、私の最後の男のやせ我慢の美学のよりどころなわけだ、わかってくれ。いや、実は私、女なんだけどね。
 
[PR]
by acoyo | 2004-10-20 20:17 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/628743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forest-sea at 2004-10-20 21:19
タケシかー。お笑い時代から役者そして監督と変遷しているが、ずぅーとファンだからなあ。語るべきこといっぱいありすぎだなあ。2.3行ではできないなあ。でも「Dolls」は見てないなあ。
Commented by nightheron at 2004-10-21 00:13
ウォンバット...、あのラッコ、ビーバーと並ぶ、許しがたい大きさのあれですね。誰があそこまで大きいと思うんだー、反則だ反則ー。
Commented by redchili3 at 2004-10-21 02:54
タケシキタノの作品では(ビートたけし名義ですけど)
「みんなーやってるかー」が一番好きかも。
もちろん第一作から「ソナチネ」、意外と「キッズリターン」も好きだったり。まあ、大体好きだな。やっぱり、彼は色があるので・・・
Commented by k-nsh at 2004-10-21 07:56 x
私も皆様と同感?かな 演技者のたけしの方が好き 映画では例の新撰組(タイトル忘れた)のが好きかな・・・? でも今のタケシより昔の方がいい 特に新聞社を軍団と共に襲った頃のタケシ 目が離せない男だったのにね・・・
Commented by acoyo at 2004-10-21 10:13
>forest-seaさん
 「dolls」は観てない、の一言に、結構、万感込もってませんか? これ深読み?

>nightheronさん
 確かにでかいな……でも、うちの近所の無料動物園でのんきに棲息してる連中は、大きさなど乗り越える、空前のアホっぽさと愛らしさですぜ。

>redchili3さん
 「みんなーやってるかー」ですか……渋いですね。淀川長治先生と同じ趣味だ。ううん。

>k-nshさん
 ああ、そうだった『御法度』あったんだ。あの土方、全然、無理そうなのにはまってたなあ。私は、おじさん好きなので、今の方がいいかな。ぎらぎらがちょっと奥に引いた感じで。
Commented by こぎつねはこんとなく at 2004-10-21 11:32 x
北野武監督作品として好きなものは正直おもいつきません。
女性を描けないという点は私も賛成です
おっしゃるとおり役者としては存在感があってとてもいいともいます。
でも海外の方々の評価が高いのかもうひとつわからん
Commented by yaling at 2004-10-21 13:01
似非インテリはわかんないものほど評価する。というわけで、私もキタノ監督は十分に評価いたしますが、その作品が商業的にヒットするとはこれっぽっちも思えませんので、あくまでも芸術ということにしてあげてください。評価は人それぞれの好み次第ということで。そんな私でも中国に居た当時にご縁があって、故深作監督と若松孝二監督と塚本晋也監督3人とご一緒にお食事をさせていただいた(どういう組み合わせ?)ことがあって、この時の詳しいお話はまた機会があれば記事にしますが、その時にまだADとして深作組にいた当時の崔監督のエピソードなんかを聞いて、体育会系のたたき上げ監督の下には付きたくないもんだと思ったことがあります。が、そんな崔監督とタケシキタノがいっしょに日本映画を盛り上げようとする気持ちはファンとしては嬉しい限りなので、もっともっと盛り上げていただきたいなぁと思います。
Commented by acoyo at 2004-10-21 14:04
>こぎつねはこんとなくさん
 海外の評価はいつもわけわかんないものがありますね。

>Yalingさん
 褒め殺しの才がますますヒートアップしてません?(藁) yalingさん、内閣官房長官やらない? なら愛しの福田ッチがいないでも、私、政府発表は必ず観ます。
 しかし、そのお食事はすごい、面子凄すぎ(藁)。いつ実弾が飛び交ってもおかしくなさそうだ。その記事、待ってる~心から。
 私は、深作さん、言いたいことはいっぱいあっても大好きでした。亡くなられたとき、悲しかったです。