そして、元町大丸前に爆竹は轟き、龍は舞い降りた。  ~神戸南京町春節 半径30キロだろう多分の散策


b0016567_2352797.jpg

 おっちゃん、何処の誰か知らんおっちゃん、あんたの頭とケータイが邪魔。

 ……すんまへん。京都続編は明日上げます。ちょっとそのテキストぶちこんだフラッシュメモリが資料の山の中で遭難し、探す暇が無く(爆)。だもんで、画像もリタッチしてないでごめん。

 つうことで、何かと出好きな今日この頃、日曜は神戸に行ってました。ええっ、春節よっ、中国の旧正月よっ。なんとも、めでたい。
 んでお目当ての一つ、広場での獅子舞はすごい人混みでろくに見えず、写真も撮れず、畜生畜生と呟いて、屋台のの唐揚げとか(読んでる、じゃがさん、あなたのための太青字よ)桃まんとか焼餅とか恨めしげにぶら下がってる家鴨の皮剥いで作ってくれるクレープとか(安価版北京填鴨)食い散らかしつつ、裏通りの雑貨屋に入ったら、そこにまあ獅子舞が来たじゃないの、前のビルのエレベーターから降りて。
 ……しかし、そこでも人の頭と人のケータイに邪魔されて、ろくな写真は撮れなかったのであった。ま、いいか、至近距離で拝めたしな。

 ほんで、あたしゃ、どっかで爆竹がんがん期待して行ったんすけど、当然、そういうことはなく(爆)。あの人混みじゃ、そりゃ危険よね。
 んでも、龍舞の時はやったのね。あんだけ一斉に鳴ると、一瞬、ここはイラク? という気がして匍匐しそうに……って、いやあ盛り上がった盛り上がった。
 私は正直、永平寺の鐘がごーんのありがたげな行く年来る年より、こーゆーどんどんぱちぱち、がんがらがっしゃんの景気のいい正月の方が好きかも。脳内じゃエンドレスでボビー・チェンのSONG FOR A JOLLY GATHERING*1が流れておったし。

 んで、↑の画像が龍舞の花形、金龍ロンロンくん(もしかして龍龍?)。
 まあ、これで見ると大きさが出てないし、目がいっちってる感じでマヌケっぽいですが、なんてったって全長47メートルだよ。それが元町の通りを疾走した時は、さあっと鳥肌が立ったよ。
 後、これより小さいのんが二匹出て、それは地元の高校生がやってたんだけどさ。ともかく、その操ってる子たちが何ともいい顔してて、それと龍と一緒に撮りたかったのにぃ、またしても人混みに阻まれた。くそお。

 しかし……龍も獅子も、顔がな、時代の要請かなんつうかのガチャピン、ピカチュー系なんだわ、特にお目々が。前に置物で見た時は、いいのか、伝統というモノはどうなる、中華の様式美というものはどうなると些か憤慨しておったのだが、生で動いてるとこ見たらあんた、
 家で飼いたいくらいかわいいっ。

 ということで、全部許す。
 まあ、舞はホント、ダイナミックで迫力ありました、ガチャピン獅子も、ロンロン君も。

b0016567_23581737.jpg 南京町に行ったら必ず寄るエストローヤルのシュークリームも山ほど買って帰ったし、うふふふ、悔いは無い。

 ちなみにこいつは龍舞見物にどっと人が集まり、大騒ぎの大丸前通路で、一人我関せずの静寂の中に居たシロ(勝手に命名)。




b0016567_23584336.jpg
 雑貨屋で売ってた犬。西原りえこが描く犬にそっくしで、これはもう絶対に家に連れて帰るぞ!  と叫んだが、その直後の獅子の乱入騒ぎで忘れた。今度行ったら、絶対買うぞ。

 今週末(2月23日~25日)もやるそうです。龍舞はこの日のみのようですが、ガチャピンお獅子は踊ってくれるので、お近くの方は是非。
 南京町公式サイト

 ツヅク↓以下はおまけ+完全な余談。





b0016567_0101839.jpg

 これは先月、飯食いに行った時に撮ったもので、黄昏の南京町。またしてもど真ん中に立って袋下げてるのは誰なんだ?(爆)。ここの屋台じゃ、お客さん相手には勿論、普通に日本語で話すんだけど、店員同士の会話って中国の各種地方語が多いな。
 さらに……
b0016567_0115336.jpg

 夜に独り佇む大熊猫。干支の動物並べた中に何故か居る。大らか。

 ああ、広東語ちゃんと習いたいなあ。今年は香港行きたいなあ。つか、いっぺん住みたいんだよなあ、あの街。シーゴラスの会社に香港支店はねえのか。


*1ウェイン・ウォン監督の『チャイニーズ・ボックス』で非常に印象的に使われてた(『リプレスメント』でもちょっと使ってた)、まさにチャイナタウンの雑踏の音と熱気と匂いが伝わって来るよな名曲。映画自体は色恋沙汰に香港返還絡めようとしたあたりが半端だが、何せ「あの」ジェレミー・アイアンズ(今よりずっと若い)が憂愁のの面持ちで亜麻色の髪を靡かせ、油麻地の裏通りを彷徨うショットだけでも、お好きな人にはたまらないかと(爆)。
 おまけに彼はフリージャーナリストでしかも白血病、止めが悲恋と来たもんだよ、ああ、笑いが止まらね。あの美貌と「着せて良し脱がせてなお良し」の体(と演技力)がなかったら到底許されない設定だよ。そいでもって、相手役がアジアの女帝、「どすこい」鞏俐(この人も大好きだあ)とくりゃあ東西横綱相撲、座布団投げたいくらいに豪勢。個人的には大好きですよ、この映画……ムロン、決して誰にでもは勧めんが(爆)。 そいでまた音楽がよくってねー。あたしゃサントラ持ってるんだけど、ふと思ってオークションサイト見たら、2万ついててべっくりした。

[PR]
by acoyo | 2007-02-22 00:47 | 半径○キロの散策 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/6513611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by robano-ana at 2007-02-22 02:54
にぎやかでめでたそうで楽しそうですね。
余談ですが、私、中華系の龍舞や獅子舞を見ると、何故か、胸が一杯になって目頭が熱ーーくなって泣きそうになってしまうんです。本人にもその原因はさっぱりわからず。
acoyoさんは、何かそういう対象ってありますか?私だけでしょうか。

長文なのに、ダレさせず一気に読ませる筆力はすごいなぁ、と思っておりましたが、プロの方だったのですね。私も↓、本屋で探してみます。
Commented by acoyo at 2007-02-22 21:47
★robana-anaさん
そのわけわかんないけど目頭が熱くなるというの、私にもよくあります。対象は限らないんですが、説明不能だけどずしんと胸に来るという、多分、すごいパワーが伝わって来る何かかなあ。
確かに、あの龍が乱舞モードに入った時は、ぐっと来ましたね。

いや……↓の件は、いや……あの恥ずかしいんで、その……ここで触れるのはこれっきりってことで……あの、まだ正規にカミングアウトしたつもりはなくて(爆汗)。
Commented by umaco at 2007-02-22 23:06
えらくケバケバしいファルコンですねぇ(笑)
南京町は数回行ったことがありますが 月曜はほんとに寂しいです
行列と無縁なのは救われますが・・
Commented by tonbori-dr at 2007-02-22 23:09
南京町っていいですなあ。ぶらっと言ってメシを喰って『ごっそさーん』とか言ってまたブラブラ。そんで異国情緒も味わえる。ほんといいトコだわ。
Commented by acoyo at 2007-02-23 22:58 x
★umacoさん
ケバいでしょ。私もそう思ったんですよ。でも、動いてるとかわいいんだよ~。
そうかあ、月曜は好いてますか。でも、アジア的カオスってのは、混んでててなんぼですしねえ。とはいえ、某飯店の開店前に並んでいると、人民公社とか思い出して、ちょっち嫌かも。
あ、そだ。かえすがえすのご無礼、ほんま、すいまへん。

★tonboriさん
いいですよねえ、このあたり。今は真っ直ぐ元町来ちゃうんですよ。ここで遊んで大丸のあたり回って、山手に行ってって感じです。
三宮も昔は面白い店も多かったのに、地震を境に、何だかいかにも神戸な小綺麗さでおさまっちゃってつまんなくなっちゃった。