史上最強の娯楽映画。 『大脱走』

b0016567_025147.gif そして、史上最強の男の映画

 あのマーチの音楽を聴くだけで、私は心が弾み、アドレナリンが上昇する。

 第二次大戦中、ドイツ軍の捕虜収容所から米英の捕虜が集団脱走したという実話に基づいた映画って言っても仕方ないな。知ってる人は知ってる知らない人は知らない。
 子供時代の洋画劇場に始まり、観返した回数は数知れず。おそらく、個人的生涯この一本の『ゴッドファーザー』ですら、この映画の記録には負けるだろう。

 私の愛する娯楽映画のエッセンスが、ここにみんなあるんだもん(笑)。

1.群衆劇であること。
2.かっこいいにいちゃんと渋いおっさん、硬軟取りそろえつつも、やや堅めであること。
3.アクションは体張ってやってること。
4.でも、人間はきっちり描いてること。
5.作中の誰もどーでもいいことをうだくだ言わないこと。 恥を知る人たちであること。
6.大の男が子供みたいに真剣に何かに熱中してること。
 でも、絶対に「ふっ、俺の中の少年が」とか、たわけた様子は見せないこと。
7.物語が大きいからって絶対に細部をないがしろにしてないこと。

補足 きちんとした軍服と着崩した軍服の二通りが拝めること(これは高ポイントw)。

 あまりに血肉化してるんで、マイ・ベストとか選ぶとつい落としちまうが、残る一生、まだまだ観返す映画。 (どうでもいいですが、あの口うるさい橋本治も激賞してる)

 ネタが違うので、記事内リンクにさせていただきましたが、これはsamurai-kyousukeさんの《samuraiの気になる映画》の記事を読んで書きたくなったものです。ありがとうございました。
『チキンラン』

まったく知らないという方は→キネ旬データベース『大脱走』

11.11追記



 例えば、みんなが好きな『スタンド・バイ・ミー』だが、私にはどうしても、リヴァー以外は観るところのない、ロン・ハワードの悪い癖全開、だだ甘炸裂映画だと思ってる。
 キングが言ったような、今はもう失われた「12歳のときの」誠実さ、友情というなら、むしろ私は、このおっさんたちの方に遥かに強く感じる。

 ディテールを上げてくと再現なくなるんで、二つだけ
 スティーヴ・マックィーンやジェームス・ガーナーが、独立記念日を祝って密造酒作るとこがありますね。あそこでmoonshineと言うんですわ、その密造酒のことを。
 私はこの言葉を、カイル・マクラクランの隠れた佳作*1『ムーンシャイン・ハイウェイ』で知った。こっそりと夜の月明かりの道を走って運ぶ酒だから、ムーンシャイン。その密造酒造りに連邦政府への反抗の意志がこめられてることは、小説の「リトル・トゥリー」(大傑作)、『密造人の娘』(傑作)にも書かれている。
 だから、捕虜収容所のmoonshine。字幕では単に密造酒だったかアメリカ芋焼酎だっただが、何年か前に見かえした時、moonshineと言ってるだんとわかって、すごく嬉しかった。

 後、何と言ってもラスト。脱走計画は結局失敗に終わり、逃げ延びたのは三人のみ。後は連れ戻されたのは運がいい方で、残りはみなゲシュタポに射殺される(そこで事情がわからなかった捕虜のリーダーである空軍大佐が「怪我人は何人だ?」と繰り返し訊ね、収容所長が言葉に詰まるところがいい)。
 だからこそ、これは後方攪乱だ、みなその任を果たしたんだという大佐の言葉に、ジェームス・ガーナーが「それだけの価値はあったんですかね」とだけ、ほんとうにそれだけしか言わないのがまたいいんだけど、それは置いておいて。

 有名なスイス国境でのバイク・チェイスで捕まったマックィーンは、運良く収容所に戻って来られる。そして、映画が始まってから何度目かの独房に入れられる。
(冒頭からいきなり放り込まれて、そこでキャッチボール始めてるし)
 泥だらけで引っ張られていく彼に、同じアメリカ人の捕虜がミットを投げる。彼はそれを手錠のかかった手で受け取って独房に入る。そこで彼は画面から消えます。
 そして、ドイツ兵が鍵を閉めて歩き出すと、聞こえるんだ。
 どん、どん、という音が。
 マックィーンが壁にボールを投げる音が。
 仲間を失い、自分も捕まり、何もかも費えさった後の独房で、彼はまた独り、壁に向かってボールを投げ始める。無表情なドイツ兵の顔にもごく幽かな戸惑いが浮かぶが、すぐにまた歩き出す。映画は、その背中と、独房から響く、規則的な力強い音で終わる。

 何かあったときは、あの音を思い出すことにしている。

 友人の一人がそう言った。あの音を思い出し、あのマーチを思い出す。
 すると、負けるかよって気になる。だから俺は、きつい時、あのボールが壁に当たる音を思い出すことにしている。
 私も思い出す。今も、時々思い出す。あの音は、私にとって魔法の音だ。

*1 ほんとなんだってば。所詮、TVフィーチャーだし、是非に、とは絶対に薦めんけど、カイル君に悪感情を持ってなく、B級うらぶれ系映画が好きで、ブルース・スプリングスティーンのスローな歌にはまったことがある人は気に入るんじゃないかと思う。クローネンバーグもちょい役ででてるし。

2005.9.26追記:これの加筆修正版をHPに上げてます。●so what?
[PR]
by acoyo | 2004-11-11 00:32 | 映画・ドラマ | Trackback(6) | Comments(12)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/932456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 多忙三昧 at 2004-11-11 08:41
タイトル : スティーブ・マックィーン
史上最強の娯楽映画。 『大脱走』 acoyoさんのを読んでいて懐かしくなった 子供時代 「渋い兄ちゃんやなぁ・・・」 と思う 水戸黄門(東野英心)を熱心に見ていた未就学時代 父に何故?誰が出ているから見ているのかという問いに その人の名を答えられなかった私・・・ 助さん役の杉良太郎と信じて疑わなかった父に 雪舟役の成田三樹夫が好きと答えた時の父の顔 思い出すと フンと鼻が鳴る さてさて前置きが長くなりました 私は彼(S・M)は特に好きでもないし思い入れのある 映画もこ...... more
Tracked from zazies at 2004-11-11 11:03
タイトル : マックィーン
史上最強の娯楽映画。 『大脱走』 acoyoさんの記事読んでて私も懐かしくなった。 何日か前もTVから『大脱走』のマーチが聴こえてきて 変な自身に満ちあふれるような気がした。 中学の頃,マックィーンの大ファンがいて 自分の苗字に『松』が入るから 『まっちぃ〜ん』と名乗っていた男子生徒を思い出した。 当時から顔でモノを選ぶ癖のあった私には その魅力が理解できなくて「なんかじいさんみたい」それだけだった。 でも年齢を重ねるに従ってマックィーンの魅力が わかるようになってきた。 ...... more
Tracked from samuraiの気になる映画 at 2005-04-30 18:58
タイトル : 「大脱走」
「荒野の七人」から三年、スティーブ・マックィーンが再びジョン・スタージェス監督とコンビを組んだ傑作アクション戦争映画が1963年公開の「大脱走」でございます。ある意味私の中ではベスト1かもしれませんねー。原作は大戦中にドイツ軍の捕虜となり、実際に歴史的な脱走計画に参加した元イギリス軍パイロットのポール・ブリックヒルのベストセラー小説です。 この映画のマックィーンの格好良さは衝撃的でした。独房王ヒルツを演じ、脱走しては独房に入りキヤッチボールを繰り返すお馴染みの名場面から、ラストのスイス国境での伝説の...... more
Tracked from リストカットの半袖シャツ at 2005-10-21 12:55
タイトル : 大脱走
第二次世界大戦中、ドイツ軍に捕らえられた捕虜たちが集団逃亡する。 成功するのは僅か三人。 残りは捕まるか、射殺される。 考えれば、悲惨な映画だ。 しかし、見終わった後に残るのは度外れの爽快感だ。 クーラー(独房)キング、シュルツを演じるスティーブ・マッ... more
Tracked from かたすみの映画小屋 at 2005-11-05 22:54
タイトル : 大脱走
「逃げる」というのは非常にスリルのあるテーマのひとつですが、その中でも出色の出来の映画が1963年の『大脱走』。そのタイトルに恥じない面白さです。第二次世界大戦中のドイツでは、何度も脱走を繰り返す連合軍の捕虜たちに手を焼いていました。そこで脱走常習犯たちを脱走不可能と言われる収容所を作ってそこに押し込めます。ところが捕虜たちも不屈の魂の持ち主。それぞれ得意技を持ち寄って、ドイツ軍の兵士の監視の中、実行不可能と思われる脱走計画を進めていきます・・・・・・。 実話を元にした映画だそうですが、死を...... more
Tracked from カフェビショップ at 2005-11-28 12:13
タイトル : 大脱走
大脱走 実話をできるだけ忠実に映画化したものだから、ヒロイックな映画じゃない。 これがフィクションなら、スティーブ・マックイーンが国境をバイクジャンプで余裕で越えて、 すげえぜヒーローだぜ!っていうことになるんだろうけど、まあ結局、、、って感じで終わる。..... more
Commented by samurai-kyousuke at 2004-11-11 06:49
acoyoさん、おはようございます。
楽しく読ませていただきました。「大脱走」と「荒野の七人」は私を映画フリークの道に引きずり込んだ罪な映画です。個人的にはこの映画を越える娯楽映画は無い! と思っております。
マックィーンの格好良さは最高ですね。リンクありがとうございました。
Commented by TOKYO_WORKER at 2004-11-11 10:52
マックィーンものなら大脱走よりパピヨンの方が好きだな。
暗いけど。

俺的な脱走系ベスト3
1位 ミッドナイトエキスプレス
2位 ショーシャンクの空に
3位 パピヨン
Commented by zazies at 2004-11-11 11:07
どれをとってもマックィーンなのに、鼻につかない不思議な男優。
男のかっこよさとは何かと,気がつかせてくれる。
そう、シャボン玉なんて小細工はいらないんだよ。
あ、トラックバックいたしました。
Commented by TOKYO_WORKER at 2004-11-11 11:19
>シャボン玉なんて小細工はいらないんだよ
爆笑・・・!!
Commented by acoyo at 2004-11-11 11:59
>sumrai-kyousukeさん
 私も「荒野の七人」が原体験の一つです。あの頃のハリウッドアクション物はどれもこれもいいですねえ。

>tokyo_workerさん
 ショーシャンクは異議あり(原作との絡みで)でも、後は……暗いな、ホンマ。

>zaaiesさん
 トラバありがとあんした。シャボン玉なんて小細工は要らない……で一本記事書けそうですね。
Commented by umaco at 2004-11-11 13:59
>史上最強の娯楽映画。 『大脱走』
素敵なコピー(笑)もらった・・いえ いただきましてよ フフ
>きちんとした軍服と着崩した軍服
「戦メリ」の教授とボウイのコントラストも ツボですか?
大島渚バンザイ!
Commented by PiuLento at 2004-11-11 14:20
あこよさんの条件の、2~7は私にも必須です。

ずっと昔、テレビで見たきりなので、覚えている場面が少ないのですが、
結構おもしろかったし、好きです。

マックイーンがバイクでジャンプするシーンとか、
サッカーの試合中に皆で穴を掘るシーンを覚えてます。
あと、この映画には射殺を除いて残虐なシーンがないのも、いい印象を持ってます。
(合ってます?)

今度またやらないかな。
Commented by acoyo at 2004-11-11 20:09
>umacoさん
 umacoさんなら、コピーでもオリジナルでもあげちゃう~♪
 「戦メリ」、ツボですね~♪ 惜しむらくは教授の頭にもう少し髪があれば……着崩し集団なら「マッシュ」がツボです。

>PiuLentoさん
 私はメロコアなので(藁)、きょうびのやたら血が出るものも内容OKなら好きですが、この当時の抑制が利いたアクションを今観るとほっとするのも事実ですね。最近、やりませんねえ。 借りて一度見返してみてください。大人になって観るともっと面白いですよ。
Commented by bukabin at 2004-11-11 20:30 x
ガテン系にそそられるわたしのルーツは
この映画にあるんじゃないかと・・・・・・・関係ないですか.ないですね。
Commented by acoyo at 2004-11-11 20:35
>bukabinさん
 ううん。私もね、自分のいろんな趣味のルーツがここにあるのではと思う、今日この頃なんですよ。後、ジョン・フォード(藁)。
Commented by forest-sea at 2004-11-11 20:42
なぜか、「大脱走」「荒野の七人」「ショーシャンクの空に」「マッシュ」全部持ってんだなあ。「大脱走」の密造者を作ったアメリカ兵たちが、味見する場面。「オウ」「オウ」「オッウ、ゴホゴホ」の繰り返しは、ギャグに日米の差はない、ということが分かりいたく感心した。
Commented by acoyo at 2004-11-11 20:44
ショーシャンク以外はみんな持ってます。
「マッシュ」は私の魂のふるさとです。