タランティーノの悪ふざけ、止めろよミラ・マックス

タランティーノ、次回作はカンフー映画?

 ……またタラちゃんだけが幸福で、後は誰も幸福にならない映画になりそうな気がする。
 やっぱ、あの『ジャッキー・ブラウン』(これはいい映画だ)からの長い空白がやばかった。若手が長く休むとろくなことはない。同じように趣味に走っても、ティム・バートンは戻って来たが、タラちゃんはどうなることやら。ふうう。

 も一つ
 張芸謀監督:次回作間近、テーマは日本の父子(中国情報局新聞)

 いや、それはいいんだけどね。高倉健主演の話もいいんだけどね。私がべっくりしたのは、
 健さんって、70歳過ぎ?!

 ……最後の「古風で美しい日本の男」として、一日でも長く生きいてくださいませ。生きていてくれるだけでいいんです。国の無形文化財のような人なんですから。
[PR]
by acoyo | 2004-11-11 18:24 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://acoyo.exblog.jp/tb/941469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jaguarmen_99 at 2004-11-11 20:44
「本人の「父子愛」がメインテーマ」→「撮影では、ハードなアクションもあり」なのですか。想像しがたい物語に健さんが器用に立ち回れるか心配です。
Commented by k-nsh at 2004-11-11 21:09
へぇ~ 5へぇかな?健さんと張監督そして映画・・・◎か ×かどっちかになりそうな気がする 無言で演じられる健さん でもあの無言は国内向きと思うけどしゃべる健さんになるのかな? そういえば健さんの親子ものって今まであったっけか? 遠慮してたのかな?過去に・・・ 
Commented by acoyo at 2004-11-12 01:41
>jaquarmen_99さん
 いついかなる時でも、高倉健はそこに立ってるだけでいいんです(藁)。

>k-nshさん
 マジな話で、昔、健さん自身がプロデュースするつもりだったのがあるんですって。海外の探偵物なんだけど、元の話読んででよかったんで、勿体ないなあよ。しかし、健さんとチャン・イーモウ確かにね(藁)。
Commented by yaling at 2004-11-12 11:44
昨日やっと「キルビル2」を見ましたが、やっぱりタランティーノは過大評価されすぎ。「1」もね、そりゃ好きなことしてるんだから、本人は楽しかっただろうし、そんなタラちゃんと感性が似ている人なら喜んで見たんだろうけど、私は大してなんとも思わなかった。(パワフルだとは思うけど、あんなのはいわば子供のラクガキ)で、2は劇場に行かなかったのさ。でもみんなが「1」ほど面白くないっていうほど悪くもなかった。意味のなさでいうと「同じ程度じゃんよ」って感じ。もともと一本の映画を無理から割ったんだからそうなるわね。彼の画作りは上手いと思います。ただ趣味とか感性が違うだけで。それを「タランティーノタランティーノ」ってチヤホヤしてネコも杓子も見に行って、「このよさがわからん奴はバカだね」みたいな雰囲気を作り出した、マスコミもバカだしそれにのっかって判ったフリした観客もバカだわね。内容なんて無いよう。たまにしか映画見に行かないのなら、タランティーノなんて見ないで「ディズニー」とかさ「スピルバーグ」とかさ、今なら「いま会いにゆきます」とかね、そういうの見ればいいんだよ。感動すること間違いない
Commented by yaling at 2004-11-12 11:46
「セカチュウ」は恥ずかしくて見に行かなかったけど、「いま会い…」は見に行ってみようかナァ。妻の不在の間に…。号泣できるかも。劇場でひとりで泣いている男がいたら私かも知れません。タラちゃんのカンフー映画は興味ないけど、周星馳の「カンフーハッスル」はソッコー見ます。
Commented by acoyo at 2004-11-12 11:49
うう……タラちゃんファンとしては何も言えませぬ。おっしゃる通りでございます。キルビルは1の予告を観た時からいやあな予感がしておりました。観たらその通りでした、がっくり肩落ちました。ですので、2はわたくし、観ておりません。観る気にさえなりません。あいつ、いい気になってます。
才能が(少なくとも)あっただけに、むっちゃ腹立つぅ。
Commented by yaling at 2004-11-12 19:37
ホントは個人的にはタラちゃん好きですよ。ただ、世間一般がキャーキャー言うのは違和感を感じるんです。キルビルだってくだらないけど、なんだかんだと飽きずに見れる作品だし。でも「セカチュウ」で泣ける人が見に行くような作品ではないと。最近タラちゃんのお陰でショウブラザーズの作品がようやくDVDで発売されるようになり、いくつか見ましたが、当時の香港映画なんてホントワンパターンで大して内容がない。タラちゃんはそんなB級映画が大好きなんだから、それを深読みしてあーだこーだ言うことがどうも納得いかなくて。ボケーッと見てればいいわけですよ。このシーンは○○○へのオマージュなんだとかどーでもいいわけですよ。そんな話はよそでやってくれと。だから「レザボア」で終わってるとかいや「パルプ」が一番とかそんなのどっちでもよくって、それでもたぶん次回作もなんだかんだといいながらも私は見ちゃうことは間違いないわけです。
Commented by acoyo at 2004-11-12 19:44
ううん、馬鹿騒ぎされるのは私もいやでした。キルビルもビデオスルーならありかなと思ったけど、あの程度の作品でああまで広告されてああまで騒がれると、思い切りやんなったってのが正直なとこです。一番、いやなのは、前のコメントにも書いたけど、それに浮かれ騒いでるタラ公です。自分の好きなB級監督よりずっと恵まれた立場にいながら、その十分の一も真面目に努力してねえ馬鹿タラです。それにむか入るので「当分、タラちゃん観ない」と自分で決めました。だから、どうだって話ですが(藁)。