「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:個人電腦和網絡( 26 )

 いや、スキン、と言えばね、大昔、梅田に大毎地下劇場という、ステキな名画座がありまして、学生の頃はホントにお世話になった。堂島(梅田の外れと理解してくれたまい)にあってね。堺筋を歩いてくんだけど、そこに古い薬局があったんすよ。
 いつも店先に看板たてて、そこに必ず「避妊具」の宣伝貼ってあんの。POPというより、宣伝ビラだったな。それもでかい紙に、パソコンも普及してない頃だから、手書き。墨跡淋漓の勢いで書き記された内容(季節ごとに書き替えてた)に、可憐な女学生だったわたくしはうつむいて通り過ぎたりもしましたが、中でも記憶に残ってるのが、

 秋です。スキです。スキンです。

b0016567_203124.jpg  
 「……ぬう」



ツヅク

閑話休題。into the 本筋。
[PR]
 夜にでもと書いて、何日たったんでしょうか。すいません、あれから、温泉に行った後、また自棄になってホートーし、『真・三国無双5』、趙雲と夏侯惇、それに孫尚香でクリアしておりました。いえ、何がなんでも早急に呂布と甄姫、出したいからさ。んで、今回の三国無双、今のとこでは甘寧と張遼が使えます

 んで、パソコンは三週間分のテキストデータと、それよりイタい、私が7年間、共に歩み共に学んできた結果のATOKのユーザ辞書を失った他は、システムがきれいになっちゃってすっきりしちゃったもんで、笑うほど快調。人生万事塞翁が馬。

 まあね、私は変なとこがあきらめがいいもんで、テキストデータの件はもう気にしてません。乗ってる状態ならとっくに上がってたもんだしね。スランプの積み重ねのデータだから、ある意味、これで背水の陣の気分になれていいかと。わ、珍しく前向きよ、わたくし。

 ……と、至ってさわやかな気分でくそおもしろくもないデータリストア、インターフェイスのカスタマイズに励んでおりまして、こないだデータ移管した後、至って様子がおかしかったWMPもすっきりしてよかったなあとかいう感じだったけど、そうは問屋がおろさない。
 今、何がごねてるかといえば、iTuneですわ。

 音と画像のデータは外付けにあったんで無傷だったんですけどね。まあ、iTuneとは消えたもんで入れ直して、設定で、こっから読み込めよ、ここにデータがあるからな、と言ってやってもきちんと読まねえのよ、iTuneのうすら馬鹿が。
 iTuneで買った分はちゃんと読み込むのが救いですけどね。WMAに比べたらたいした量じゃないんで、もっぺんコンバートしたろかくそぉとかつい思ってしまうけれど……だめ、そんな風に焦っちゃいけないわ。そうよ、心を落ち着かせないとねと、ついX箱のコントローラ握っちゃって甘寧で2000人ばか雑魚を殺しちゃったりして……って、そんな暇があったらまず仕事しろよとか思う、今日この頃。

 つうことで、当面恐ろしくてiPod、つなげません。充電はよそでやっております。ああ、そんなこんなで手間取って、まだB'sも入れてなかったわ。
 
  
[PR]
 ということで、「よしとしまい」(高松弁)。岡山弁なら「よしとせられい」か。関西弁なら「ええてことにしとき」だな。

 つて、リインストールしたんだけどね。
 鬼のようなXPの更新、徹夜でやったんだけどね。リリース後にこんなに手当しなきゃいけないようなOS、売るなよ、ビル・ゲイツ、と(毎度のことながら)思ったけどね。
 これ打ってるWzEditorもWordも、全然カスタマイズしてないんで、見慣れぬインターフェイスなんだけどね(苦藁)。生まれ変わったばかりのパソくん、刺激したくないから、今んとこ壁紙も無しでアイコンも大嫌いな窓デフォの使ってるんだけどね。WinDVDもB'sもホトペもイラレもノートンシステムワーク(これはもう変えようかと思ってる)入れてなくて、どころかプリンターにもスピーカーにも、まだ繋いでないんだけどね。あ、RAMのドライバーもまだだよ(自棄藁)。

 それでも動いているのよ、この子。ああ、いろんな意味で泣けてくる。
 
 新しいハードディスク代とかそのハコ代とか、これ一台買い直すことに比べたら……って、どんどんYoshinoさんの名台詞「損して墓掘れ」路線でジェットモグラと化しているよな気がしないわけでもないの。特に復旧作戦の陣頭指揮取ってるのが、「常に手段が目的を凌駕する」「トライ&エラーがボクの生き甲斐」のシーゴラスだしさ。

 よーくわかったのは、ハードディスクがやられちまえば、中でパーテーション切ってシステムファイル独立させてようが何だろうが、タイタニックに乗ってたのと同じってことで。

 そいで、失われたテキストデータね、正確には3週間分でしたわ。
あはははは。なあーにやってんだか」(後藤警部補風に)。
 頭文字のシト、読んでますか。そういうことです。お願い、見捨てないでください。

 ともかく温泉行って来ます。眼精疲労と偏頭痛で死にそうです。顛末はおって夜に。誰も読んでくれなくてもいいの、当分このネタで引っ張る。
[PR]
 うちのデスクトップの主力機が、立ち上がりやがりゃしません。
 いや、起動はするんですが、XPの手前でハングしやがります。

 これはサブ機で打ってます。こんなこともあろうかと、買っておいてよかったよかった……って、ここんとこあんまりこっち触ってなくって、しかも普段、東プレのRealforce 106で打ってると、今にも不整脈に陥りそうなくらいストレス・フルだわ、富士通のノートのキー*1は(涙爆)。

 だもんで、すっかり仕事する気なーし! MP値は最低まで落ちこんじまってるのに、あの黒い画面相手に自分でごそごそいじる気力なんか残ってるもんかよ。だからシーゴラスが帰ったら押しつけることにして、とっとと「真・三国無双5」始めてるの。(新しいのはX箱の威力で、画面に異様なまでに兵が押しめきひしめきで、ボス戦ともなれば自分の操作プレーヤー探すのえれえ苦労します

 そういえば、シーゴラスもほんの2ヶ月程前、マザーが急逝されて買い直したばっかなんだよなあ(いつも通りサイコムでBTOだが、どさくさ紛れですげえ高スペックのを組みやがった。なのに、OSはXPにしてるとこがお茶目)。験の悪い。そこへもってきて、明日はTホテルを会場に今年の健康診断なんだよね。なんか、ろくでもない結果が出そうで、すごく行くのイヤ。家で夏候惇と共に戦っていたいのよ。さっさと呂布をゲトして殺戮の限りを尽くしたいんだからさ。

 まあ、こないだ外付けHDD買って、音楽や画像データは逃がしておいてよかったよかった。いや?……げっ。げげっ。

 ここ2週間、テキストデータのバックアップしてねえよっ。ああ、この年が来て、そんなトーシローのような真似を(涙)……もうイヤ、もう、こんな自分がイヤ。そうして自分がキライなシトのすることはただ一つ。

 ぐれてやる。

*1 いや、それでもさあ、仕事柄、キーはホントに大事なんで、まだましなのを選んだんだけどさ。そりゃThink Padが一番いいんだけど、あれってキーボード以外はたいしたことない上に、無闇に高いのね。
[PR]

 ソニーのビームサーベルに続いて林檎のペーパークリップ、iPod shuffle
b0016567_2221062.jpg
 
 後、ここなんかもどう→Apple iPod shuffle Gallery

 なんせ流行に疎いこのわたくしが、店頭で発売予告ポスター見た瞬間、もう美意識の琴線鷲づかみにされちって何も考えずに予約入れたという(爆)。一万円切る価格がまたそそるったら。
(無論、あこぎな林檎の商い、サポートをつければnano本体価格並になるが、つけなかった。バッテリー交換は近所のパソコン屋がしてくれることがわかったからさ)
 
 いや、だから、MUJIが昔作ってた「ステンレス製ペーパークリップ」にそっくし、なんだけど。
 
 で、昨日のエントリでちらとふれた「林檎的ありかた」について、今日、シーゴラスとデイベイトしてみた。そいで、まあ、林檎ってのが売るのは機能だったり技術だったりする以前に、styleなわけだとかいう話になったんですわ。
 このスタイルってのは美意識とでもライフスタイルとでも佇まいとでも言えるんだけど、なんで「デザイン」って言葉使わないかって言えば、それ使うと事態が見え辛くなってくるからでね。「デザイン」というモノを創る上での一要素ってのとは、ちと次元が違うとくらいに考えてくらはい。
 まあ、トーシローが、ちょいと遊びで考えてみたってことで、一つ。

ツヅク

More
[PR]
 まあ、私もシーゴラスもロートルであるので、「SONYというだけで、かっこよさげな感じ~」だった記憶が鮮明にある。結婚するときにも、単4で動くソニーの炊飯器とかあったら買ってたかもしれん。
 だって、あの頃は、ソニータイマーのことなど誰も言わなかった。ソニーの初期ロットは必ずへげるなどとは言ってなかった。何はともあれ、It's a sonyよどうよ、胸張りっ、という時代がかつて確実にあったのである。

 とはいえ、私はオーディオ・メーカーとしてのソニーは、カセット式ウォークマンと初代CDラジカセにはお世話になったが、他は買ったことがない。あのメーカー普及価格帯の「元祖ドンシャリ」がどーもだめなの。高級価格帯なんて買えなかったしな。(一応、TVがソニーだが、あれは義弟に押しつけられたいただいたモノだ)
 そいでも、デザインはいつも秀逸だと思ってた。

 だから、昨今のソニーの体たらくってのは、そういう「かつて」を知る身には、寂しかった。
 火を噴く噴かないの問題以前に製品の品質の問題以前に、umacoさんとこでも話したんだけどさ、特にwalkmanという名称引っ張ったとこが、とても退嬰的な感じがした。過去の栄光にこだわっちゃあいかんだろうと。

 んで、恒例の長い枕の後に何の話かと言えば、シーゴラスにそのNW-S203F買ったったって話。なんか、選択の余地もなく買わされたPS2以来、うちで自覚的に買った久方ぶりのソニー製品だもんで、つい感慨が新たモードになっちってさ。
 ツヅク

More
[PR]

 怒ってるっていつもじゃんとか、それは言わないお約束。私は穏和な人なのよ、基本的に。

 例のネームカードの私書箱機能、実は私、これ結構使うんだわ。
 mixiのメッセージが便利だったんで、そのエキ版って感じで使ってたの。鍵コメ代わりにしたり、問い合わせしたり、後、コメント→レスの応酬が乗って来て、もちっとこのネタでじっくり話したいなって時に便利なんだもん。

 ただ、前からこの字数制限がうぜえなあと。ちょっと書くと、前後編どころか、前・中・後編になるんだよね。面倒だし、馬鹿っぽいよ、やだねえってやりとりしてる人と言い合ってたんだけどさ。
 そいで、「禁止ワードがあるぜ」ってのも聞いてたけどさ。

 あのね、私は前夜ちと、時事問題をめぐりおともらちに真面目にメッセージ書いててたわけ。そん中で「殺す」って言葉使ったわけね。そいで、私は彼女を殺すと書いたわけでも、誰かを殺すと書いたわけでもないの。人が行う行為の一つとして使ったのよ。

 ええ、跳ねられたよ。こんなメッセージ送れませんって言われたよ。ツヅク

More ←ここ押してね。
[PR]
 ええ加減にせえよ、エキブロ。
 そんなに、私が嫌いか。

 さっきから↓のエントリ、全然トラックバックされねえでやんの、旅行カテゴリーに。
 RSSに出ないと言う方、ごめんなさい。このあたりに原因があるのかと。
 
[PR]

夢をかなえてくれたエテ吉くん(キング堂ブログ支店)

 そのkingdowさんに、「ヘッドフォン幾つ持ってるの」と笑われた(シーゴラスはよくぞ言ってくれたと肯くであろう)。いいもん、それは前に書いたもん♪→

 んで、そこにも書いたけど、私はnanoたんにはSENNHEISERのMX500を使ってる。コストヴァリューでこれを凌ぐモノはない。低価格ながら、きっちりSENNHEISERらしい仕事してる。そいで、件のSHURE E3cは、こんだけ遮音性があったら危ないじゃねえかということで、ホーム・ユースにしとります。
 まあ、もともとE3c買ったのも「仕事中の長時間使用対応」だし、私にとって、カナルの最大の長所は、「耳はちと痛いが、肩が凝らない」だしな(爆)。
 そういう不逞の輩の意見だということをご理解の上、お読みください。↓ツヅク

つうことで、CX300だ。
[PR]

 ネームカード作ったんすけどね。いえ、右の下の方。
 んで、みんなが言ってたアクセス解析なのだが、確かに面白いと言えば面白い。数がものすごく少ないのがちょっと寂しいだけだ(藁)。ただその検索ワード・ランキングがさあ、

 この三日、「鉄の処女」が一番っての、何で?

 多いといって、元から弱小なブログなんでまったく大した数ではナイのだけれどな。
 鉄の処女についてなんて書いたのは、こんとききりなのだが
ニュルンベルグの鉄の処女と人権 見世物小屋じゃなかったのか、明大博物館
 別にウィキで調べりゃ、こっちに来る必要もなさそうな。いや来てくれるのは、どんな理由でもとても有り難いのだけれど
鉄の処女

 まあ、わざわざ知りたくて覗いてくださった方に申し訳ない気もしてきて、ならいっそ書こうかしらん。大学の頃、かたはしから読みまくった澁澤龍彦先生を元ネタに、クィーン・オヴ・女性大量殺人犯エルゼベエト・バートリさんとか、そういう西洋猟奇物。
(エルゼベエトとは澁澤先生の表記。ウィキでは、彼女がハンガリー貴族であることから、名字を先にバートリ・エルジェーベトと表記してますな)
 もっとも、永遠の若さを保つため、コエンザイムの代わりに処女の生き血使ってたエルゼベエトさん(一節では推定殺害数600人以上)は、作業効率化を図って「鉄の処女」作らせたものの、「やっぱ自分で手下さないとつまらんわ」というのと、あっちゅう間に血糊で錆びて「使えんわ、これ」で、ぶち放ってたそうだけどさ。

 ただ、拷問道具なら、やはり中国が一番。
「縛り付けて目隠しして、額にぽとぽと水たらしてずーっと寝かせない」というのが一番えぐい、そう私は思うのだけどね。これでほんとに発狂することはないそうだけどさ。考えるだに、ぞっとするよな。


*その澁澤先生のご紹介で、私はバタイユの「ジル・ド・レ論」を読んだ。固いけど、すっげえ刺激的で面白い本でした。まあ、ジル・ド・レの方が「怪物」としても遥かに格上だしね。
[PR]