「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:コメント・TBについて( 2 )

 コメント・TBの件は以前に書きました。その気持ちは変わっていません。
 反論・異論のコメント、TBはお気軽にどうぞ。ブログ斜陽のおり、気楽にコメント書いていただけるなら、それだけでありがたいことですので。喧嘩ふっかけられてもそれが建設的な内容であり、最低限の敬意が払われているものであるならば、大歓迎です。
 また悪名高いエキのコメント欄ですので、収まりきらず、前中後編の大ロングランになっても、私は構いません。むしろ、話しこむのは大好きですので、大歓迎です。
 
 ただし、真面目な反論で、それも長い場合、こちらもコメント欄で返答するのはあまりにストレスフルですので、エントリを立て直す場合もあります。そのとき、前のコメントを消されたりすると、私もバカみたいですしw、話が見えなくなるし、読む人の便利というのもありますんで、先のコメントを次のエントリに転載して話を起こす場合もあります。
 そのときは、確認を取ります。でも、これは「書き殴って気が済んで後でやべと思ったら自分で削除して逃げる気?」という気配が濃厚でしたら、申し訳ありませんが、コピペして転載します。でも、一応は、コメントという形で「人前」で「ブログという人の借り座敷」に意見を出されたわけですので、それも折り込み済みのことと見なします。
  
 また、私の意見が気に入らず罵倒なさるのも軽蔑なさるのも勝手ですが、その勢いでコメント欄に記入している他の方を攻撃するのは絶対におやめください。その方への最低限の敬意を払った上で反論するならいざ知らず、からみ以外の何物でもない書き込みは、厳重にお断りします。場合によってはその場で削除します。
 そういう書き込みをなさる人とは、私は一切対話をお断りします。

 また、私が場を改めて話させてもらえませんか? と言った途端に切れる方、あるいはそこでなお、こちらの返答も待たずに一方的に言いつのる方につきましても、やはり、その段階で、お話は終わりといたします。
 
 どちらも理由は一つ、それでは話が前に進まないからです。それはお互いに時間の無駄だし、要らざる感情の消耗をするだけだと思います。

 なお、今回のロング書き込みについては、ご当人もさぞやお言いになりたかったことであろうと思い、大事に保管させていただきます。こちらでは削除いたしません。(とばっちり受けた方には、一応謝罪を書いてもらいましたので、ご不快でしょうがご了承くださいませ)
 
 昨日からこのかた、ネットで話すというのは難しいものだなと考えております。
 ただ、概ねの方とはいろいろありつつもなんとかやっていけているので、これからもまあなんとかやっていけるだろうとぬるく考えております。何せ、私は今、ぷにぷにソフビ風のニルヴァーシュspec3(わからない人はわからないネタ)だし。「希望」と「勇気」のLFOだし(さらに限定なネタ)。嫌われたって、平気さ。
 そういうことで、不快な思いをなさった方、何やってんだ大人げないと思われた方、ごめんなさい。これからもう少し、大人になります。いや、年齢的には十分すぎるほど大人なんですがw。
 
[PR]

 皆様、お悩みのトラックバックとコメントのスパム、わたくしも困っております。
 でも、ま、いっかあ、連れに相談したら「ネットの片隅で細々やってる弱小の分際で」と言われたしさ。だもんでしみじみ個別に対応、URL禁止設定やら削除やらやってたんですが、先日、ふとしたことで切れました(藁)。んで、切れると行動がすばやく果敢になるわたくし。
 当面、Livedoor Blogからのコメント・TBは全面拒否かけます。
 理由はプロフィルとこに書いてる通りです。ごめんなさい。


 そいで、過去エントリの中で、TBスパムが集中しているの3つばか、TB禁止にしました。今日、一時間もかけてスパムを消すはめになったからです。これもごめんね。既にTBいただいた方については記事内にリンクを貼り直しております。そいで、まあ、おいでにならないとは思いますが、今後、その記事にTBしたいという方がおいででしたらその旨、コメントにご記入ください。記事内リンクするなど考えます。

 とはいえ、ほんとはこゆこと、したくないです、全然。
 ネット住人の圧倒的多数が真っ当な方々ですし、わたくしも日々、「こんなしけたブログやし、お茶もお菓子も出されへんのに、来てくださるだけで嬉しわ~。ましてコメントやらTBつけてくれはったらほんまに嬉しわ~」と思ってやっております。レスが遅れてもつけ忘れても、いただいたものは必ず読んでおります。ええ、それが楽しみでやってるようなもんですもん。

 ほんで、この際ってことで、ついでに書いておきますと……。

↓ツヅク

わたくしの一応の存念。
[PR]