カテゴリ:映画・ドラマ( 101 )

黒木和雄監督が死去、75歳脳梗塞

 いきなりでなんですが、ここ数日、つうか一週間くらい、自分の方ですごい問題抱えてましてね。苦しいの、わたくし。一人で泣いてたりしてな。
 だもんで、この黒木さんの訃報についてもずいぶん出遅れたから、スルーしていずれってことにすっかとも思ったんだけど、やっぱ書いておこうと思う。
 ホントに、ホントに、お世話になった監督だから。

b0016567_15145779.jpg この人の『竜馬暗殺』を観たのは、高一だったと思う。一人で観に行った。
 勿論、まだ、一人で映画観に行くことなんか許されてなくて、親に内緒で行った(悪かったね。そういう家だったんだよ、それがアリになったのは予備校んときよ)。
 リアルタイムの上映時じゃないよ。それよりずっと後で名画座でさえなく、どっかのホールで「日本映画週間」とかでやってたので観たのさ。
 私は松田優作と原田芳雄が共演だって理由だけで、何の知識も無く行った。ネットなんかない時代だし、キネ旬とか真面目に読んでるヒトでなきゃそんな映画の周辺情報手に入らなかったもん。んで、私の愛読書はロキノンで、キネ旬はロクに読んでなかったしさ。
 試験明けの学校半日の日か何かだったんだろうな、制服着てたから。がらがらのホールは寒かった。上映前に大急ぎで、買ってきたカツサンドを紙パックのコーヒー牛乳で流し込んだのを覚えてる。

 ATGの映画っての自体、それが初めてじゃなかったかな。何せ私、あいにくと角川世代だし。
 まあ、ATG*1ってのは、70年代的鬱屈で、要するに相当全共闘で鬱陶しいとこもあるんだけど、ちょうどいい年頃で観たと思う(藁)。(←その辺の気分はAt seventeenに書いた)
 黒澤とか小津とか、そういう巨匠みたいじゃなくて、もっと身近な感じがした。
 その年頃の、コーコーセーの私が、本当に観たい映画だった。

↓ツヅク

だって、かっこよかったんだよ。
[PR]

MARIA ERENA(XAVIER CUGAD):『欲望の翼 阿飛正傳』(王家衛)
映画の紹介とあらすじ(allcinema online)

 彼で音楽でとなると、当然、『恋する惑星(重慶森林)』の「夢中人」かCalifornia Dreamingを上げるべきかもしんないけど、敢えて外した。
 つうのは、私はこの映画のラテン音楽、それも一昔も二昔も前のふるーい、往事のムードミュージックってなラテンミュージックの使われ方が好きで好きで。
 その音がホント、香港の夏の蒸し暑さと気怠さを観る側の膚に訴えてくるようでさ。登場人物の膚だけでなく、画面自体がじっとり薄く汗ばんでるような、微熱感が籠もってるような映画で、街の空気の中の熱や湿度、匂い、俳優の体温や匂いまで撮れてたのな。香港という街全体があまねくフォトジェニックに息づいてた。
 だもんで、これ観てると、何で『重慶森林』で王家衛がブレイクしたかがよくわかる(これをちょい薄めた感じか)。それを「ま、おたれ」「スノッブ」と嗤うのは簡単だけど、当時の王家衛はステイルがある監督なんで、「おたれ」じゃねえの。ただのスノッブにこれだけ「かっこいい映画」が作れるか。
 映画というのは疾走するエロスなんだってのを、当時の王家衛は体で知ってた。つまり、画面のすべてが骨の髄まで映像的、劇場でしか感じられない何かに充ち満ちてたんすよ、『ブエノスアイレス』までは(ただし、当たり外れのでかい人なんで、『楽園の疵』『天使の涙』は省く。私がどれだけこの二本に興味無いかってのは原題覚えてないのでわかるw)。

 んで、全篇流れるそのラテンミュージックだけど、私はあの手の音楽とは子供の頃に実に不幸な出逢い方をしてる。何せ、うちのダディのフェイバリッツ・ミュージックだったから。
 私が洋楽聴き始めた厨房の頃、ダディとは居間のステレオを取り合う仲でして、いや、ダディのだったけど(藁)。んで、負けた私が階上で哀しくラジカセでビートルズ聴いてると、階下で大音量で鳴ってんの、そのラテンが。大嫌いだったよ、アルゼンチン・タンゴからサンタナまで(大藁)。
 それがこの映画で一気にはまった。当時は、サントラが手に入らなくて自力で作ろうとしてたら、このザヴィア・クガート楽団もダディが持ってた(藁)。ダディは嬉しそうに、いろんなCDくれた。それで私はピアソラも聴いた。どの曲も、聴いてみればみんな知ってた。
 このMaria Erenaも、小さい頃、居間やお出かけの車の中でかかってたんだろう、きっと。

↓すまぬ、まだツヅク

張國榮のこととか
[PR]
 TSUTAYA三軒回って、同居人のカードも使った40うん枚の鑑賞とシュリンクも山を越しましたわ、ふうう。
 ほんでさ、その合間に、最初は、まにゃーなさん「○○な五曲」にまたトラバしようと書き始めたけど、分量超過(藁)。そこで、短期集中連載にして、あわよくば加筆して、訳詞添えてHPの訳詞コーナーに上げちまおうという魂胆。

 今回、己に課した制約は以下
1.楽曲はオリジナルでないこと。既に発表された曲であること。
2.原則的に、BGMとしていきなり流れるのではなく、ラジオ、TV、オーディオ、ネットラジオ、有線放送、校内放送、車内放送、生演奏、iPod……etc.なんでもいいから「かかってる」曲であること。
3.当面はPOPSです。クラシックはいずれ。ジャズは詳しくないから、もっといずれ(藁)。

 何で短期かって言えば、書き上げてアップ待ちが六曲あるからさ。
JUMPIN’ JACK FLASH
(Rolling Stones):『ミーン・ストリート』(M・スコセッシ)
IN DERAM
(Roy Orbison):『ブルー・ベルベット』(D・リンチ)
TENNESSE WALTZ
(Patti Page):『ライト・スタッフ』(F・カウフマン)
STUCK IN THE MIDDLE WITH YOU
Stealer's Wheels):『レザボワ・ドッグス』(Q・タランティーノ)
MARIA ELENA
(Xavier Cugat Orchestra):『欲望の翼(阿飛正傳)』(王家衛)
紅い花
ちあきなおみ):『GONIN』(石井隆)

 ……基本的に、私はオリジナル・サントラより、こういう音の使い方の方が好きだ。多分、監督始め制作陣の好みがわかって、それが自分と重なると嬉しいからだと思う。あれ?という歌使ってれば、それだけでその映画が忘れられなくなったりする。
 遡れば『イージーライダー』が確立したパターンだろう(誰かが、部屋中にありったけの手持ちレコードばらまいちゃあかけてみてるD・ホッパーとP・フォンダが見えるようだと書いてた。ちなみに『ブルース・ブラザース』もそうして歌選んだそうだ)。
 つうことでまた枕が長い、第一回は『GONIN』

↓ツヅク ネタバレとかそういうの、私わかんないっすから、適当に判断してください。

こっからまた長いのよ。
[PR]
 仕事は、パソコンに終日向かう工程に入り、そうなると逃避で別のものを打ちたくなります。結果、対納期殲滅作戦の筈が「仙台壊滅」なんてハザードを招いたりする(涙)……って、また一部にしか通じない妄言を。

 ほんで、昨日、稲垣の『女王蜂』についてエントリ上げて、んで消しちゃったんですね。そんとき、コメントついてないのを確認して消したつもりだったんですが、ついてたみたいで、それはもう、書いてくれた方、ホントにホントにごめんなさい。

 んで、なんで消したかって言うと、ボロクソ書いたので気が引けた、なんてことあるわけないじゃん。ガメラがレギオンを許さないように、私は見る側を舐めきった作品を許さないのさ。私の心の生態系を護るために。ええ、大人げないわよ、子供だもん、わたくし。
 じゃなく、この番組叩いてもつまんねえなと(爆藁)。
 当人としてはエンタで書いたし、外れちゃねえと思うけど、こいつイジったって芸ねえやと思ってさ。さりとてよき敵かってとこで、なんか自分でつまんねえ文章だなーっと思ったんで消したの。そんだけ(藁)。

↓ツヅク

つうことでだらだらと。Kさん、ちゃんと仕事はしてます。
[PR]
 納期は続くよどこまでも。おそらく1月一杯はツヅクのね。私が何をしたって言うの。締め切りを延ばし続けて仕事しなかっただけじゃないの。その何が悪いっていうの!(悪いに決まっておる)
 その合間を縫って、それでも上げる。書いておかんと自分で忘れるし(藁)。つうか、みんなのとこ行って遊びたいのに遊べないんでものすごくたまってるんですがね、フラストレーション(涙)。次の自分のエントリさえいつ上げられるんだよお。ご無沙汰続きでごめん。当人、すげえ寂しいです。
(リクエストのあった私とおキモノについては、現在、同居人に交渉中。市川昆路線でどう、『細雪』でどうよという主張さえ下ろせば、いつでも描いてくれるそうです)

 つうて、今、ほげらっと思ってることを推敲もせんとメモ代わりに上げた(大胆)。だらだら書いてるだけでスミマセヌ。

↓ツヅク

だらだら書き足したら結構ヴォリュームあるでやんの。
[PR]

ネガドン、マジ観たい。(web-tonbori堂)
ハイパー・アマチュアの時代(たけくまメモ)
惑星大怪獣ネガドン(エンジェル・ハイ・ロゥのキールーム)

 立て続けにtonboriさんからのTBです。ネタ倉の神様として拝もうかと思います。
 はい、世間のごく一部を騒然とさせている「ネガドン」。みなさん、熱いです。私も気負って見ました、先週、ケーブルで。(umacoさんに「SIN CITY」は任せろと胸叩いておいて、上げるのは結局、こういうエントリ……)。
 ええ、ウェルメイドでした。がんばってました。とても生真面目に学習してました。んだけどね、

 ふうううーーーん。文化祭のヒットって感じぃ。

 いって予約特典ミニDVDつうか……だもんで、キターーーー!!!もなく、熱くもなれず。「だって、自主製作だよ!」と言われたって、「だから どしたの?」(藁)
 インディだろが20世紀フォックスだろが、この作者にプロ志向があろがなかろが、パブリックに出しちまった以上は「アマだし、遊びだし」って言い逃れはきかない。それ相応の批評をするのが礼儀と思いますです。甲子園的感動と作品の評価とは関係ないんじゃないのか。
「自主製作だから」「アマだから」って底上げ評価する方が、これだけのモノ作った人に失礼だと思うの。実際、「技術」はあるよ、この作者。

↓ツヅク(ネタバレはなしです)

コーフンやカンドーに水を差されるのが嫌な人は読まないでね。
[PR]
一ヶ月ぶり、それも瓢箪から駒で soWhat?更新です。

essay>about filmで
「老いの喜びとか賢さなんてでたらめだ、人は同じ過ちを繰り返す」~ウディ・アレン。

 というか本当は昨日のエキサイト:芸能ニュース記事にTBしようと思って書き始めたんだけど、なんだか途中で欲が出て、前に書きかけたままの文章に繋いだり、大昔に加工して忘れてた画像とかも出して使ってみたら、Blog用の長さでなくなりまして(藁)。えいやとHPに上げました。

 なお、前回の更新時のリンクでトラブルが出たんで、今回は記事に直接リンク貼ってます。
 でもね~、アクセスカウントはトップページ行かないと入らないの~(涙)。だもんで、読んでくれた方には、たいへん申し訳ないんですが、後ひと踏ん張りってことで、右フレーム頁下か左フレーム上の黒いTOPアイコンも、ついでにクリックして一度TOPに出てくれると、とても嬉しいです。
 勿論、いつも通りTOPのNEW→UPDATEからも行けます。

b0016567_22312493.jpg
 どうも、愛想がないので、HPに使った画像のレアテイクなんぞ。

 何年かに一度「国際派ビジネスマン」になる同居人が、大昔にしょぼいペンタックスのオートマ(無論、銀塩)で撮ったやつ。
 
 去年、スキャナ買った時に取り込んで、加工して遊んでそのまま忘れてた。で、ウディ・アレンのネタならちょうどいいかもということで。
 これはあっちにアップしたのの加工前です。しかし……いじらん方がましだった気がしてきた。
[PR]

 前にNHKの●「アクターズ・スタジオ・インタビュー」の事を書きまして、そんときに書きたかったけど、長くなるから飛ばしたのに、あの番組の《最後の10の質問》てのがあるんだわ。
 ホストのJ・リプトン曰く「プルーストが始めてビボー(フランスの名司会者らしいです)が完成させた」って質問集で、ゲストの俳優さんに必ず訊くのさ。総集編で見て、一番面白かったのは、ここんとこだった。
 んで、アメリカのブログじゃ、結構、定番のTBネタになってるみたい。そういうことで、質問並べてみます。よろしければ、やってみてください。
 なお、私がやった分はHPの方に上げてあります。(profileカテゴリに追加)
 →●so what>profile>inside actors studio 10question
 profileぺージからなら、中程のピンクの豚の横(占いネタの下)、underlineでinside actors studio 10questionsってなリンク貼ってます。

 質問の内容は……ツヅク

こんな感じだよーん。
[PR]
アクターズ・スタジオ・インタビュー

NHKでやっているロング・インタビュー番組です。今ではCSで再放送も始まってます。
ジェームズ・ディーンやマーロン・ブランド、ポール・ニューマンといった数々の名優たちが演技を磨いたアクターズ・スタジオ。その主要メンバーのひとりで現在ニューヨークの大学でそのノウハウを教えるジェームズ・リプトン氏が、演技や演出を学ぶ学生たちの前で、第一線で活躍中の映画人にインタビューする名物番組。
 つう触れ込みで、最初見始めた頃は、さすがアメリカきっての演劇学校アクターズ・スタジオなだけに、ゲストもパチーノとかデ・ニーロとかポール・ニューマンとかそれ相応の面子だった。
 けど、段々、売れてるだけの人が新作プロモに来るのが増えてきたのと、元から、このJ・リプトンのインタビュー、丁寧で上品な分、単に褒めたたえるだけって風で、最近はそう熱心にも見なくなっていた。
 それをたまたま昨日、10周年記念で特番やってたんで、久しぶりに見たんだ。

 この番組、一応、キャリアを中心にその時の小話や演技のテクニックについて話すのがメインになってるんだけど、いつからかパターンができちゃってて、途中で「泣かせ」と「歌と踊り」がはいるようになってきた。
 歌と踊りはご愛敬セクションで、泣かせってのは、親の死とか離婚とか依存症経験とかで、そこで必ず、呼ばれて来た俳優さんがたがうるうるする。言わば、インタビューの山場ね。

 ほんで、これは前から思ってるんだけど、日本の素人に毛が生えたタレントさんがたは別にして、欧米の「俳優」ともなると、カメラが回ったらもうインタビューだろうが何だろうが、どこかしら「演技」してるよね。たとえ、自分に関する本当のこと話してても、「それをどう話し」「どう見せるか」つう意識が刷り込みで発動しちゃうんだよな。
 決してただの「素」じゃない。あれはどこかに演技と計算が入ってる。つうか、「素」を演じてる。

 そいで一つ誤解して欲しくないのは、よく言われるスターの○○が「スターの○○」ってキャラの仮面被って云々じゃない。その仮面が剥がれた素の一瞬、まで「芝居」で見せていると言ってもいいかな。そういうことを本能的にやってしまうってことさ。
 だから嘘だとかってんじゃないのよ。むしろ、そんな風に膨れ上がった自意識こそが役者の証で、スターの証ってことだもん。

 だもんで、「泣かせ」ということになると、それがかなり前に出る。感情の高揚~涙というシチュエーションをどう即興でこなすかという、腕の見せ所感がばしばし伝わります。 
 で、10周年記念でそこを編集してまとめて流してると、もう成功例、失敗例、芝居の上手下手、自己演出能力ってのが一目瞭然なんですわ。
 失敗してたのがシャロン・ストーン、私はこの人、演技力はかなりあると思うんだけど、恩師だったかの死を語るのに、感情の高揚の調整失敗でオーバーアクト気味になってた(いわゆる、役に引き摺られてた状態)。も一人がジーン・ハックマン、幾ら何でも60年前の両親の離婚の話で涙を浮かべるタイミングが早すぎ。「はい、ここで、涙」という無意識の準備がお先走りしたというかね。
 うまかったのはやはり、ジャック・レモン。アルコール依存症の告白だけど、アル中の役柄がらみの話から「で、僕もそうだったんだ」にすとんと持ってく呼吸が絶妙。相手にはっと息を呑ませて(これはインタビュワーのJ・リプトンの受けの間もうまかった)、その事実が相手に染みこむのを待ってから、「そう、僕、ジャック・レモンもアルコール依存症だった」と静かに繰り返すとこは圧巻だったわ。

 んで、アクターズ・スタジオでやってるってのもまた売り物ですから、観客は生徒だ。
 これがまた面白い。
 いえ、メインのインタビュー後の学生からの質問受付ってのはさほど面白くない。だって、大概のスターが小ネタかちょっといい話か人生訓語るくらいだしな。聞く方もたいしたことは聞かない。唯一、印象に残ってるのは、デ・ニーロが「芝居につまりそうになったら、相手の台詞をよく聞け」と言ってたことくらいだ。(相手の台詞を聞けば、自分の役がまた掴み直せる筈だ。相手は君じゃなく、役に向かって話してるんだからってな話だったと思う)
 私が好きなのは、客席のその生徒たちの表情。
 だって、彼らも役者の卵なわけで、トーゼン、「憧れの先輩を胸を熱くして見つめる未来のスターたち」という「素」の役を全身で演じてる。そんで、いつ客席にふられるかわからないカメラのために、ゲストの言うことに一つ一つ、表情や身振り(大きければいいわけでもないけど、目立たなかったら意味ないしねえ)で反応してみせてるわけですよ。
 何故って、それがゲストの目に止まるかもしれないでしょ。カメラに映ったときに「いい表情」してれば、それでオーディションの話が来るかもしれないでしょ。どっかのプロデューサーが見てるかもしれないじゃないの。その万分の一のチャンスのために、みんな全身全霊で、「夢中で聞き入る生徒」の芝居をしてる。おそらく、服装やメイクだって気を使ってると思うね。「貧しいけれど夢で一杯の役者志望の若者」って線で、どう自分をアピールするかっていうの、みんな必死に考えてると思う。
 その力の入れようはステージに居るゲストたちより遥かに熱く、熱い分、より露骨でばれやすいんだけど、私は観てて楽しい。時として、ふとこっちの胸も熱くなったりする。さっき書いた俳優の「泣かせ」即興芝居については、ある意味余裕の演技だけど、こっちは切ないんだよ。

 繰り返すけど、それが悪いとか嘘って言ってるんじゃない。やらせとか言うのとは天と地ほども違う。全然違うんだから。
 役者、というのは自分の身に起こった事実まで、再現して演じずにおれない人たちなんだなあと。そうやって「素」を演じることで、「かなりよいしょ気味のインタビュー番組」を一個の人生ドラマに変えてしまう、欧米の俳優ってのは凄いよなあってのが言いたいわけ。
 無論、それを支えてるのが、さっきも書いたJ・リプトンの受けの芝居だけどね。インタビュワーもまた、役者としてこのドラマに参加してるわけさ。観客席の生徒たちは観客を演じてるしね。

 これがブロードウェイを支えるんだなと思うのさ。これがハリウッドを支えるんだなと思うのさ。

追記:「素」を演じることについて。
 ええとね。例えば、思い出を語る場合ですが、そこであったことはホントだろうし、それを思い出して揺り動かされてる感情も本物、けれど、それを話すときに、まんまを出すんじゃなく、どうプレゼンテーションするか考えてしまうってことですね。効果的に伝えるためのテンポとかタイミングとか、表情とか。
[PR]
 uuminさんに教えていただいたFLASHなんすけどね。いえ、私はこれをオカズに30分笑いました。5回観ました。この喜びをみんなに分かち合いたいわあ、と。

んで、ここをポチッとな→■star vacation
(サイトのトップは仮面ゲッター そっから下のメニューのFLAHでも行けます)

 タイトルをクリックしたってください。FLASHが始まります。地味ですが音出るんで、職場ではお気をつけください。まあ、音以前に、そっくり返って笑ってる自分が十分人目につくと思いますが。んで、かの全世界的映画を「まったく」観ていない方にはまるでわからんかと思うけど、それはごめんね。

 私の感想としては……

 脱力萌え~っっっっ!

 私のヤマハ製○○ー○ーと若頭(belltoneさん、また男を上げる旅に戻っちったのか)の○○○レで演ってみたりして、うふ。ぷっぺぺぽー、ぷぺぽーぷぺぽー♪ 

(uuminさんつう方は、さまざまな事柄について、いつも緻密で、なおかつ偏らぬ考証を書いておられ、わたくしは日々ソンケーの念を抱いておるのですが、こういうものも抑えておられるとは……侮りがたいお人だ)

追記:uettyさんからいただいた情報です。
○○○○(私の一存により伏せ字)・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ
この歌はその中の一曲だそうです。すいません、情報に疎い女で(藁)。
私はこれ、近所のTSUTAYAにリクエストしておこうと思います。
[PR]