<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

困ったときの無印
 うちの身内の間にはそういう合言葉がある。あるいは、「転ばぬ先の無印」とも言う。
 別に「MUJI大好き!」とか「ファンです!」なんてのではない。なんつうか、要するに、コレ! つうものがないとき、下手なもん買って失敗(=高いの買ったのに使いづらいor安物買いの銭失い)するよりゃともかくMUJIが無難、デザインも腹は立たんしな、という感じ。
 しかし、「腹立たない」ってのは、実はかなり高難度なんだよね。実際、切れたら買う定番も含め、見回してみると、家の中で無印の占める割合というのは結構でかいもんな。今、これ打ってる机もそうだった(藁)。意図してんじゃなくて、結果そうなってるってのが、「つけ込まれてるぅ」って感じもするが(藁)。
 
 とはいえ、何年に一度かは新たな定番を出してくる底力があるのがあのブランド。そこんとこが数少ない80年代生き残り組の所以だろう。
 で、今回はこのメイクボックスですわよ。
b0016567_11444725.jpg
 かなり前に出たもんなんで、みなさんご存じであろうが、収納アイテムとしては当家の近年最大のヒット商品。店行くたびに買い足しちゃって、早晩、我が家の小物収納分野を独占しそうな勢い。

 商品の詳細紹介はこっち。↓
やじうまミニレビュー 無印良品「ポリプロピレン・メイクボックス」 ~サイズをそろえた組み合わせ式メイクボックス (家電ウォッチ)

続きます。決して化粧関係の話ではないぞ。
[PR]
 ということで、書く暇がなく、ストックの音楽ネタ(爆)。

 けど、前のOver the rainbowに続いて何ともベタなねただこと。それこそ腐るほどカバーされてるもんな(藁)。ライブのアンコールとかでも、誰でも歌うしさ。
 まあ、歌い方の基本としては、導入を滑らかに素直に、徐々に徐々に盛り上げて、サビんとこで軽くかまして、二番の導入でさらにがっと前に出し、そん次のサビはほぼ本気、ちょっとアドリブなんか入れたりして、そして、その次、三番、take my hand~んとこ。ここがもう聴かせどころなんで、転調するもよし、ブレイク取るもよし、引っ張りまくるもよし。最後は高らかに愛を歌うか、静かにフェイドアウトするかもお好み。
 そいで、今んとこ人気があるのといえばUB40でしょうが、今回はパスということで。つか、今回は、アレンジってより「歌」で、「何より声で勝負」ってのにしてみたかったんで。一応、URLは出しておきます。→■UB40/Can't help falling in love
 

 では、最初。もう正しいアメリカ人のカバーとして、Pearl Jam。
 この歌でPearl Jamらしくハードアレンジしたのもあるけど、私はこの正調の方が好きなんだよね。芸が無いっちゃないけど。

 ここのヴォーカリストのエディ・ヴェダーの声ってのがあたしゃ大好きでしてねえ。野太いけど、深くて繊細といいますか。アレンジしないでも、この声だけで十分、Heavyだよ。
 なんかさあ、工事現場で働く真っ黒な顔したあんちゃんに、泥まみれの手で野の花を捧げられたみたいでさあ。これは来るなあ、うん。

ということで、続きます。
[PR]
 根性のねえこって。来てくれてた方、すんまへん。

 つかねえ。

1.GW序盤で疲れでぶっ倒れ、
2.そこへもってきて、わたくしのメイン・パソコンがやられ、シーゴラスに復旧を発注したものの、例によって手間取り、
3.そうこうするうちに体は元気になったものの、手持ちぶさたで部屋の模様替えを思いついたが運の尽き、
4.気がついたら、オーディオ一式捨てたり、本棚買い込んだりと、収拾のつかない騒ぎに。
5.収納グッズ求めて無印に日参しつつ、ゴミ捨ててるんだが作ってるんだがわかんないうちにGW終了。
6.結果、完璧に腰をいわし、
7.その間も、シーゴラスは着々とパソ修理で墓穴を掘り続け、
8.かくして、ほとんど義体化してパソの修理終了(前回のクラッシュじゃハードディスクを入れ替えたし)。それから長い長い「各種再設定」が始まるはずが、間の悪いことに、そこへ、待望の「Guitar Hero World tour」、海を越えて到着。
9.トーゼン、何もかも放り出し、痛む腰をさすりつつ、ファンの意地にかけて、Nirvana、Oasis、R.E.M.、スマパンだけは100%達成をと励んでた。 
10.などとやっておると、当地にてアウトブレイク勃発。みるみる間にレッドゾーンのまっただ中に。抵抗力の無さだけは自他ともに認めるわたくしのこととて、シーゴラスには厳重外出禁止を申し渡され、その前にと、備蓄食品の買い出しなどに奔走。治りかけてた腰痛激化。


 ……てなことで、後、2週間は家から一歩も出ずに食いつなげます。そいで、なんとか、上記4バンド100%をクリアいたしました。パソ君も復旧し(相変わらず、iTuneの再設定には手間取ったが)、部屋は片付いたと、そのすべての煽りがまたどんと体にきて、ああ、しんど(爆)。今んとこ豚さんは発症しておりませんの、私もシーゴラスも。
NirvanaのSmells~は早晩、ダウンロードできるのできないのとどっかの記事に書いてあったが、まだだ、畜生。それとまたしてもU2とレディへは無視された。Coldplayまで入ってたのに、何でだ

 つうことで、↓のエントリのレス、放っておいて、ホントに、ごめんなさい。明日ちゃんと入れます。
ああ、そうだわ、まだsleipnir入れてなかったなと。
[PR]
 これが戦前の堺筋、のジオラマ。
b0016567_15411578.jpg

住まいのミュージアム・大阪くらしの今昔館(公式サイト)

 実は行ったのは去年だす(藁)。
 当時はいずれ引っ越す予定で、その下見もあって大阪をうろうろしておったのに……不況が憎い。私からアーバン&犬飼える生活の夢を奪ったサブプライムローンが憎い。
 天神橋筋六丁目駅を降りてすぐだけど、商店街の入り口にある「大阪住まいの情報センター」のビルの8F、9Fということで、わかりにくいかもしんない。

 wikiによれば、ここは「住まい」をテーマとした日本初の専門博物館だそうで、
 高度な学術性を踏まえ、市民の目線に立って歴史を読み解き、見せる展示を超えた「体感する」展示を目的とし、「住まいと暮らし」の情報交流拠点としての集客型ミュージアムを基本理念としている。
 とまあご立派だが、実際はかなり小さい構えなんで、気負って行くとこじゃない。

 売りは8F丸々使った「天保元年の大阪の町並み(そごうが創業した年だ)のセット」と、9Fのジオラマで、いっちゃなんだけど、それきりだし(藁)。
 

More
[PR]