「ほっ」と。キャンペーン
 ずいぶんさぼってます。またレスもつけずにすいません。風邪が長引いてまして……とか、お詫びしなきゃいけないことは多々あります。そんなこんなですいません。
 そんでですね、今日もですね、またタオルケット被ってリビングで寝てまして、「選挙行かなきゃなあ、いつまでも寝ててもかえってよくなんないしなあ。そろそろネットも戻りたいよお」とかなんとか思ってJNNニュース見てましてね。
 そして、そんなことあんなこと全部吹っ飛びました。JNNではついぞ見ない名前、「ノエル・ギャラガー」という名の見出しに。

ノエル、オアシス脱退!!
オアシスのノエルが脱退表明、理由は「兄弟の不仲」

 なんてえええ????
 正式コメントぉっ?????

 台所でパンケーキ焼いてたシーゴラスがすっ飛んで来ました。当家に激震が走りました。微熱がまだあるとかそんなことどうでもよくなりました。そういう場合じゃございません。
 

続きます。
[PR]
b0016567_21342790.jpg
2007.1.28撮影 Richo Caplio-GX

 ↑自分で撮っておいて何だが、むちゃくちゃベタだよな、どうかと思う(笑)。
 んで、今回のエントリで上げた写真はみんな二年前の冬に撮ったもの。とっくにフォトショ使ってリタッチや加工済ませてたのに、ずーっと上げなかった。それってのも、実は天王寺については書きにくかったから。前回もあれで結構苦労して書いたのよ。
 まして、新世界についてはもっと書きにくい。
 
 なんで天王寺界隈が書きづらいかと言えば、私が何度も言うように兵庫県民&阪急沿線住民で、「大阪」という場所を長年「キタ(梅田)」限定でしか知らなかったんだよね。天王寺なんてぶっちゃけ魔境です。親が連れてきたがるとこじゃなかった。
 結果、「近くて遠い」場所だったりするわけだ。だから、ネイティヴ相手には、すいません、私、田舎者のツーリストですと腰低く語るわけ。
 けどさ、これが非関西人相手となると、わたくしは、そんな内部的地域対立性には口をぬぐい、いけしゃあしゃあと「関西圏」に大同団結する。で、図に乗って、関西文化圏の中である位置を占める天王寺という存在を、「うちのねき(近所)」みたく語りかねんのさ(笑)。そういう風に都合によって、勝手に「遠くて近い」にしちゃうのね。そのあたり、自分で混乱しとるとこがあるのよ。

と、やっとこさ新世界の話。
[PR]
b0016567_23394546.jpg

2009.7.18撮影 Pentax K10d クリックしてもらうと、少しは大きな画像が開きます。 

天王寺公園(wiki)
天王寺公園(大阪の花と緑総合情報サイト)

 いや、毎度思うのよ、駅前に立つたびに。公園入り口前のあの独特の「人だかり」もそうだけど。やっぱあのラヴホの看板な。あの張りぼての天守閣が、駅前の景観の中に放つ存在感
 退いてほしくないんだろうか、行政は。
 まあ、絶対に外してくれないとは思うけどさ。でも、一応、ここって大阪の顔の一つ、大阪のメインターミナルの駅前なのよね。だからこそ、天王寺公園を有料化し、夜間には鍵までかけてうろんな輩追い出したんだしさ(やる方も凄いが、ここまでしないとというあたりもまた凄い)。大阪市としてはちょっとでもあのあたりをクリーンにしたいでしょうに、あれ、退けてくれんかなあ、と思うておらんのかな。だって、いかにあの公園を平和な小市民向けに再整備しようと、あの看板いっちょでぶちこわしという気も。
 だが、平松市長にせよ橋下知事にせよ、どっちも関西圏で育った人、何を言うかは想像がつく。

せやて、しゃあないやん退いてもらうには銭かかるやん)」
 あるいは、
別にええんちゃうん看板だけやったら実害があるわけやなし)」

 てなとこでしょうな。で、私はそういう考え方が好きである。

ツヅク
[PR]
 ということで、レス放置の2ヶ月のトンズラ。汗顔の至りでございます。例によって夏が来る→体調悪化→気が塞ぐ→なぁ~んにもしたくね、おらできね、のフーガ。
 で、何してたかってゲーム(笑)。Fallout3。バトルはV.A.T.S. 使えばぬるぬるよん(デス様以外は)、熱があったってリビングでタオルケット被って寝ころんでてもできるもん。シーゴラスが帰る前に落とせばバレないも~ん♪(何度かばれてコントローラー取られたけど) ぶっちゃけ、鬱の時に、こういう「一気に集中できる」ゲームって必需品だよな、私には。それが引きこもりを産むと言われればそうだけど、一時逃避として治療効果はあると思う。 
 ……ええ、まにゃーなさん、全然、お忙しくなんてしてなかったのよ(涙)。お出かけとか、まともに遊んでもないけど、それ以外にもまともなことは何もしてなかったの(号泣)。
 
 まあ、レス放置だけは失礼だから止めようと毎度思ってるんですが……ともかくごめんなさい。
 申し訳ないんで少しでも目につけばと、↓のエントリのレス、エントリで上げます。普通のエントリは明日には……って、明日は狂言観に行くんだった、大阪まで出て体力保つのか、大丈夫か(爆)。

★michiiさん
その「1050円で“その街にいる気分を味わえる”値段設定も絶妙」な「世界の大道演奏CD」、また買っちまいました。今度はチェコのバロックだけど、大道芸ではないようです。これ、人にプレゼントするのにも「価格設定が絶妙」なんすよね。父の日によく贈りました。
 私はシチリア、アイルランド、プエルトリコ、スコットランド、ブエノス・アイレス(同じですよー、micchiさん)、ハワイと持ってます、なんか「地域に対する趣味の偏りがもろ(笑)。んで、iPodに移してリビングやキッチンKで流しっぱなしにすることが多いんだけど、シーゴラス曰く、「なんかなあ、MUJIの店に居るみたいでなんだかなあ」。
 うちで「切れたら買う」は書類用バインダーと紙製ファイルボックス、封筒数種、それと「ナシゴレンの素」です。
 
★belltneさん
シーゴラスの腐海属性物件については、多くの方が共感を(笑)。まあ、私も「いつ自分が」という恐怖と隣り合わせですし。気を抜くと蟻塚の間をCDと本蹴って歩く羽目に。
ただ、隣の芝生は青いの譬え通り、ギターの部品にはゲージツのかほりがして、汚れた塗料の瓶より許せそうな気がします。気がするだけかもしれません。んで、アクリルケース? そりゃあそこじゃ高額系ですな。よっ、金持ち! 
あそこの紅茶もよく買います。私は基本、リーフで淹れるけど、朝はティーバック使うことも多いんで。お味はまさに「無難」だし(笑)。夏場にアールグレイが多いかな。シーゴラスはティーバッグどころか、粉末のでチャイ飲んでます。紅茶に関してだけはマメな妻がちゃんと葉っぱから淹れてやるからと言っても、待ってるのが面倒みたい。
 
★tonboriさん
そうです、MUJIは高め、それも絶妙な「高さ」加減。そして「揃えたくなる」、仰有る通りです。私は紙製のファイルボックスを実家に居た頃から愛用してますけど、これホント、並べるとウレシイ(今も棚下段にずらりw)。その分、単品の存在感は薄い、けど、だから、なんとでも相性がいい……ああこのループが困ったときの無印症候群(笑)。いっときぼしゃりかけてましたが、今の経営センスはとてもいいと思いますね。
野郎が居るところ即ち腐海とは名言でございますが、あのさー、居るのよぉ、広い世間にはちゃんとぉ、身仕舞いのいい旦那様がぁっ! それを思うと、いつかこの腐海が清浄な森に、ええ、そのために私はナウシカ、がんばらなきゃと思うのは、思い上がりでしょうか?

★kingdowさん
レゴの整理にはいいでしょうね。透けるものが多いっすから。ただ↑の通り、微妙に高い。だもんで私もアクリル系にはほとんど手を出してません(笑)。でもこれ、微妙に安いんだもん。
柿の種チョコはシーゴラスも大好きで、前に上げたように反対側切って食べております。つか、お菓子系、全体的に分量減ってない? そいと前まで、MUJIはわりと高品質なチョコ使ってたのが最近、味落ちたなあと。
残党表現はうちも使いますよ。バブルな80年代組は栄枯盛衰が派手ですしね。

★samuraiさん
ソファ、欲しいんですよ(猫ちゃん付ならなおステキ♪)。でも、リビングは家賃払ってる人の「日本の家庭のお茶の間とは卓袱台or炬燵囲んで座るとこ。ソファだのコーヒーテーブルだのは無し!」というルールが優先されていて……くそお。ただ、腰痛対策に、あの「体にフィットするソファ」を買う予定(笑)。
一部屋まるまる腐海ってのはシーゴラスの部屋がそうでして、もうあそこでは何がどうだろうが見まいと心に決めて耐えておるのに……おるのに、どーして浸食するのっ。ああっ、リビングにオームの群れがっ、ひるんじゃいけないのよ、そう、私は風の谷のナウシカ!……という次第でございます。家庭生活は戦いです。

★kiyotayokiさん
無印のガラスのマグとかコップは綺麗なんでつい買っちゃうんですが、薄いんですよねえー、あそこの。うちも先日、大型のコップ割りました。やっぱ、コップはどこの雑貨屋でも売ってる、フランス製のなんとかって安もんに限ります。後、スタバが出してるでっかいコップも、夏になると冷やした煎茶をがんがん飲む私には便利です。
このメイクボックス、お買いになりましたでしょうか? もし外れだったら、ごめんなさいね。

★JULIKAさん
うちはその積み上げ物件、うちでは日常目にするものは「サハラの蟻塚」、巨大化すると「カッパドキヤ」とか「グランドキャニオンの峡谷」と呼びます。林立する各種アイテムの塔、金色の靄がかかってたら「イノセンス」、世界遺産の指定が欲しい。そう、そしてある日突然、雪崩は起こります。自然は恐ろしいものですね。
お使いになられてますか? これまた期待外れならごめんね(汗)。百均はいっとき、「裏の百均、表の無印」、押し入れには百均、見えるとこには、という展開でしたが、今はねえ……結局、umacoさんが仰有ってるように、商品として練られてるか否かなんですよ。例えばうちの定番中の定番、紙製ファイルボックス、資料一杯に入れて持ったらそれだけで百均のは破れてアウトだけど、MUJIのは何年も使用に耐える、毎日引っ張り出してもOKです。あ、でも、百均では小型のタッパウェアよく買います。写真にも使ってるけどインナーの整理に便利なの。百円で4つは大きい(笑)。

★せんだってさん
そういわれると、実際んとこ、私も、「好き」なんでしょうねえ……でも、なんか「好き」と言いにくいの、なんでなんだろ。なんかなあ、自分がMUJIの想定客層の一部にすとんとはまっちまう感じがするつうか、そう「微妙に高いのにつけこまれてる」(笑)。
ああ、ここにもMUJIソファがありつつ、「座ってない」方が。私の部屋のソファもよく部分腐海と化しますぜ。というか結界ちゅーか、そっから悪霊とか召還できそうな感じ~、ほら、力場っての?(笑)。まあ、昼寝するために買って物置場になるというのは、よくあるパターンなんすがね。

★umacoさん
おお、プロユースに耐えますか?! いや、umacoさんがお読みになって、でも、玄人にゃ使えねえしろもんだよと言われたら恥ずかしいなと思ってたけど、そうか、よかった。本文にも書きましたが、角切ってるのがみそね。大きさも深さも練られてると思います。
プロユースって頑丈な分、概ね重いんですよ。私はノートパソコン用にと気張ってバックパック買ったんだけど、重い。本体より重い。結局、やはりMUJIが以前出してた通学用のナイロンのバックパックにやはりMUJIのインナーケースに入れて背負ってます(笑)。
そういわれれば、ここ1年ほど、スリッパ、うちもMUJIです。マットも最近、MUJIに変わったし。ゴミ箱もそうだったわ……ううん、後は家?(笑)

★鍵コメさん
わざわざお知らせくださってたのにネット落ちですいませんでした。また寄せていただきます。

★まにゃーなさん
おお、MUJIの伝家の宝刀PPストッカー、私の部屋の押し入れの帝王! CD(棚落ち決定でプラジャケ剥がれ、不繊布ファイルに入れてるやつw)と文房具類のストック入れてます。ええ、文房具は膨大なストック欲しいの、勤め人時代の癖で(笑)。
あれも価格が絶妙の上、ホームセンターで売ってる似たような価格のストッカーは4段に(プラジャケの)CD詰めると下の抽斗が押されてたわんで使い物になりませんが、あれ、積み上げ式だから強いの。大丈夫なのね。感動しました。
んで、増殖の一途のCDですが、今回の大整理で本棚の上が空いたんで、一段単体のを並べたとしてざっと計算したら後、200枚はいける、不繊布ファイル使用なら500枚はOKだと(笑)。後、キャリーケースも便利です。積ん読本を放り込んでます。
[PR]
困ったときの無印
 うちの身内の間にはそういう合言葉がある。あるいは、「転ばぬ先の無印」とも言う。
 別に「MUJI大好き!」とか「ファンです!」なんてのではない。なんつうか、要するに、コレ! つうものがないとき、下手なもん買って失敗(=高いの買ったのに使いづらいor安物買いの銭失い)するよりゃともかくMUJIが無難、デザインも腹は立たんしな、という感じ。
 しかし、「腹立たない」ってのは、実はかなり高難度なんだよね。実際、切れたら買う定番も含め、見回してみると、家の中で無印の占める割合というのは結構でかいもんな。今、これ打ってる机もそうだった(藁)。意図してんじゃなくて、結果そうなってるってのが、「つけ込まれてるぅ」って感じもするが(藁)。
 
 とはいえ、何年に一度かは新たな定番を出してくる底力があるのがあのブランド。そこんとこが数少ない80年代生き残り組の所以だろう。
 で、今回はこのメイクボックスですわよ。
b0016567_11444725.jpg
 かなり前に出たもんなんで、みなさんご存じであろうが、収納アイテムとしては当家の近年最大のヒット商品。店行くたびに買い足しちゃって、早晩、我が家の小物収納分野を独占しそうな勢い。

 商品の詳細紹介はこっち。↓
やじうまミニレビュー 無印良品「ポリプロピレン・メイクボックス」 ~サイズをそろえた組み合わせ式メイクボックス (家電ウォッチ)

続きます。決して化粧関係の話ではないぞ。
[PR]
 ということで、書く暇がなく、ストックの音楽ネタ(爆)。

 けど、前のOver the rainbowに続いて何ともベタなねただこと。それこそ腐るほどカバーされてるもんな(藁)。ライブのアンコールとかでも、誰でも歌うしさ。
 まあ、歌い方の基本としては、導入を滑らかに素直に、徐々に徐々に盛り上げて、サビんとこで軽くかまして、二番の導入でさらにがっと前に出し、そん次のサビはほぼ本気、ちょっとアドリブなんか入れたりして、そして、その次、三番、take my hand~んとこ。ここがもう聴かせどころなんで、転調するもよし、ブレイク取るもよし、引っ張りまくるもよし。最後は高らかに愛を歌うか、静かにフェイドアウトするかもお好み。
 そいで、今んとこ人気があるのといえばUB40でしょうが、今回はパスということで。つか、今回は、アレンジってより「歌」で、「何より声で勝負」ってのにしてみたかったんで。一応、URLは出しておきます。→■UB40/Can't help falling in love
 

 では、最初。もう正しいアメリカ人のカバーとして、Pearl Jam。
 この歌でPearl Jamらしくハードアレンジしたのもあるけど、私はこの正調の方が好きなんだよね。芸が無いっちゃないけど。

 ここのヴォーカリストのエディ・ヴェダーの声ってのがあたしゃ大好きでしてねえ。野太いけど、深くて繊細といいますか。アレンジしないでも、この声だけで十分、Heavyだよ。
 なんかさあ、工事現場で働く真っ黒な顔したあんちゃんに、泥まみれの手で野の花を捧げられたみたいでさあ。これは来るなあ、うん。

ということで、続きます。
[PR]
 根性のねえこって。来てくれてた方、すんまへん。

 つかねえ。

1.GW序盤で疲れでぶっ倒れ、
2.そこへもってきて、わたくしのメイン・パソコンがやられ、シーゴラスに復旧を発注したものの、例によって手間取り、
3.そうこうするうちに体は元気になったものの、手持ちぶさたで部屋の模様替えを思いついたが運の尽き、
4.気がついたら、オーディオ一式捨てたり、本棚買い込んだりと、収拾のつかない騒ぎに。
5.収納グッズ求めて無印に日参しつつ、ゴミ捨ててるんだが作ってるんだがわかんないうちにGW終了。
6.結果、完璧に腰をいわし、
7.その間も、シーゴラスは着々とパソ修理で墓穴を掘り続け、
8.かくして、ほとんど義体化してパソの修理終了(前回のクラッシュじゃハードディスクを入れ替えたし)。それから長い長い「各種再設定」が始まるはずが、間の悪いことに、そこへ、待望の「Guitar Hero World tour」、海を越えて到着。
9.トーゼン、何もかも放り出し、痛む腰をさすりつつ、ファンの意地にかけて、Nirvana、Oasis、R.E.M.、スマパンだけは100%達成をと励んでた。 
10.などとやっておると、当地にてアウトブレイク勃発。みるみる間にレッドゾーンのまっただ中に。抵抗力の無さだけは自他ともに認めるわたくしのこととて、シーゴラスには厳重外出禁止を申し渡され、その前にと、備蓄食品の買い出しなどに奔走。治りかけてた腰痛激化。


 ……てなことで、後、2週間は家から一歩も出ずに食いつなげます。そいで、なんとか、上記4バンド100%をクリアいたしました。パソ君も復旧し(相変わらず、iTuneの再設定には手間取ったが)、部屋は片付いたと、そのすべての煽りがまたどんと体にきて、ああ、しんど(爆)。今んとこ豚さんは発症しておりませんの、私もシーゴラスも。
NirvanaのSmells~は早晩、ダウンロードできるのできないのとどっかの記事に書いてあったが、まだだ、畜生。それとまたしてもU2とレディへは無視された。Coldplayまで入ってたのに、何でだ

 つうことで、↓のエントリのレス、放っておいて、ホントに、ごめんなさい。明日ちゃんと入れます。
ああ、そうだわ、まだsleipnir入れてなかったなと。
[PR]
 これが戦前の堺筋、のジオラマ。
b0016567_15411578.jpg

住まいのミュージアム・大阪くらしの今昔館(公式サイト)

 実は行ったのは去年だす(藁)。
 当時はいずれ引っ越す予定で、その下見もあって大阪をうろうろしておったのに……不況が憎い。私からアーバン&犬飼える生活の夢を奪ったサブプライムローンが憎い。
 天神橋筋六丁目駅を降りてすぐだけど、商店街の入り口にある「大阪住まいの情報センター」のビルの8F、9Fということで、わかりにくいかもしんない。

 wikiによれば、ここは「住まい」をテーマとした日本初の専門博物館だそうで、
 高度な学術性を踏まえ、市民の目線に立って歴史を読み解き、見せる展示を超えた「体感する」展示を目的とし、「住まいと暮らし」の情報交流拠点としての集客型ミュージアムを基本理念としている。
 とまあご立派だが、実際はかなり小さい構えなんで、気負って行くとこじゃない。

 売りは8F丸々使った「天保元年の大阪の町並み(そごうが創業した年だ)のセット」と、9Fのジオラマで、いっちゃなんだけど、それきりだし(藁)。
 

More
[PR]