「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ぬうう…… ( 19 ) タグの人気記事

 根性のねえこって。来てくれてた方、すんまへん。

 つかねえ。

1.GW序盤で疲れでぶっ倒れ、
2.そこへもってきて、わたくしのメイン・パソコンがやられ、シーゴラスに復旧を発注したものの、例によって手間取り、
3.そうこうするうちに体は元気になったものの、手持ちぶさたで部屋の模様替えを思いついたが運の尽き、
4.気がついたら、オーディオ一式捨てたり、本棚買い込んだりと、収拾のつかない騒ぎに。
5.収納グッズ求めて無印に日参しつつ、ゴミ捨ててるんだが作ってるんだがわかんないうちにGW終了。
6.結果、完璧に腰をいわし、
7.その間も、シーゴラスは着々とパソ修理で墓穴を掘り続け、
8.かくして、ほとんど義体化してパソの修理終了(前回のクラッシュじゃハードディスクを入れ替えたし)。それから長い長い「各種再設定」が始まるはずが、間の悪いことに、そこへ、待望の「Guitar Hero World tour」、海を越えて到着。
9.トーゼン、何もかも放り出し、痛む腰をさすりつつ、ファンの意地にかけて、Nirvana、Oasis、R.E.M.、スマパンだけは100%達成をと励んでた。 
10.などとやっておると、当地にてアウトブレイク勃発。みるみる間にレッドゾーンのまっただ中に。抵抗力の無さだけは自他ともに認めるわたくしのこととて、シーゴラスには厳重外出禁止を申し渡され、その前にと、備蓄食品の買い出しなどに奔走。治りかけてた腰痛激化。


 ……てなことで、後、2週間は家から一歩も出ずに食いつなげます。そいで、なんとか、上記4バンド100%をクリアいたしました。パソ君も復旧し(相変わらず、iTuneの再設定には手間取ったが)、部屋は片付いたと、そのすべての煽りがまたどんと体にきて、ああ、しんど(爆)。今んとこ豚さんは発症しておりませんの、私もシーゴラスも。
NirvanaのSmells~は早晩、ダウンロードできるのできないのとどっかの記事に書いてあったが、まだだ、畜生。それとまたしてもU2とレディへは無視された。Coldplayまで入ってたのに、何でだ

 つうことで、↓のエントリのレス、放っておいて、ホントに、ごめんなさい。明日ちゃんと入れます。
ああ、そうだわ、まだsleipnir入れてなかったなと。
[PR]
 というのはコステロの名曲。ただ、私の場合、複数じゃなくて単数のa accidentで、willじゃなくてhappened。♪I don't want to hear it, cause I know what I've doneとくらぁって、私が何かしたわけじゃねえよっ。

 ……ええ、事故に遭いました、また。「また」とはこのブログ始めた頃からのお知り合いの中には、ご記憶の方もおいでかと
 
 今日の夕方、わたくしはお買い物に行くべく、お気に入りの一澤帆布のトートバックを下げ、うちのシーゴラスでさえ「魔の20メートル」と呼ぶ、駅前の細い路地(朝と夕方は地元民で一杯。車はどれも歩行者より遅いスピードで通過するしかない)をるったるった歩いてたです。
 そいで、後ろから来た車に右脚の裏側ぶつけられたのさ。

 おわっと思ったのね。だが、そのまま膝裏におそらくバンパー部がぐりっぐりぐりと押しつて来る。よろめきそうになって、あ、やばっと思って、脇に飛び退ったと。
 いや、かすり傷ともいえないもんでしたがね(藁)。ただ、倒れてたら間違いなく轢かれてたってくらい、ぼーっとした運転。見るとじじい。ああ、前に自転車ごとひっくり返されたのもそういうじじいだった。私は「病葉マーク」の車を呼ぶ癖でもあるのか。 ツヅク

んで、それからどうなったかてえと。
[PR]
 いや、ご無沙汰でございます。寝たり起きたりが続いているわたくしです。
 もはやこの絶不調も二年目ともなると慣れてしまいまして、人間、慣れると何もしようとしなくなるものですねえ(と詠嘆してどうする)。んでも、こうして世間が暖かくなってきて春の訪れなんか感じたりすると、そろそろ出没したくもなって、またも出て来たんですが、でもって、リアルの方も、第何次かの「生活立て直しブーム」。
 んでもって、毎朝、シーゴラスが作ったにんじんジュース飲んで、、家事やって仕事してえと、「バック・トゥ・ザ・フツー・ライフ」を試みてたわけですよ、この数週間。
 それがさ、昨日だよ。

 お空はぴっかぴかに晴れており、わたくしは明るくたまっていた洗濯を始めた。ムロン、時間を有効に使う賢い主婦なので、同時にパソコンでDVDのリッピングと、自室と洗濯機のある洗面所を往復しておったです。
 んで、つと、自室サイドに戻ると、ドライヴがメディアを読み込まねえでやんの。ならばとメディアの出し入れを繰り返してドライヴを根負けさせ、ざまみろ、機械が人間に逆らうとは片腹痛いわと呵々大笑しつつ洗面所に戻りましたら、あら、足下にちゃぷちゃぷと打ち寄せるこれは何。なぜかしら、スリッパがぷかぷか浮いてるわ。

 洗面所、大洪水。なーんか辺り一面水浸しってより、はっきり浸水って感じぃ。 

More
[PR]
第79回アカデミー賞結果(Yahoo映画)
渡辺謙残念! 「硫黄島からの手紙」作品賞逃す

 結局、風邪引いて熱出ちまいまして寝ております。んで、ひっくり返ってWOWOW観てたわけですよ、途中から。菊地某んとこは観ておらんの(爆)。

b0016567_15121499.jpg も、スコセッシの監督賞受賞は、長年のファンとしてもノミネートの度に「取らしてやれよ、頼むよ、アンタ」だったわけなので、以前のイーストウッドの時並にウレシくて部屋を一踊りして泣いたりした挙げ句、この状況下ならさらに熱が上がる……なのだが、実は涙も込み上げず、踊る気にもならず、今、耳でぴっとやったらまだ38度のままだった(爆)。ううん、なんだか複雑。

 当のスコセッシはま、嬉しそうだった。ただでさえ早口なのが、タランティーノ並のスピードと分量で喋くり、微笑ましかったぞ。(ただ、プレゼンターの豪華さを「偶然で完成したパズル」とか「ハリウッドマジック」とかって、WOWOWで騒いでおったが、あんなもん想定の範疇に決まっておるがな。そういう白々しい騒ぎ方は止めて欲しいと思われ)

 つかねえ……デカプーがお好きな方には大変申し訳ないし、今度の作品を見ていないのでホントは何も言っちゃイケナイのだが、このそこはかとない寂しさは何。
 あのさー、スコセッシがオスカー握る時にはさあ、ロバート・デ・ニーロ主演男優賞つう並びで欲しかったのよ、わたくしは(ついでにハーヴェイ・カイテル助演男優賞とかどう)。そんでもって、二人が作品賞で涙するって絵が欲しかったのよ。
 ええ、ロートルファンのアレなんだけどね。も、彼らの人間関係も変わってるんだろうけどね。
 そいとなあ……やっぱ『ディバーデッド』が『インファナル・アフェア』のリメイクだってことにすげえひっかかってるのよ。あれだけの傑作をリメイクする必要があるんかい、人のネタにおんぶにだっこってどうよ、それで作品賞までやるかあ、これぞ植民地的簒奪ってのだよ、とか……(ブツブツ)。

 正直言えば、デカプーと組んでから、スコセッシ独特の「ひりひりきりきり+目眩く失墜感」というのはずいぶんと引き、マイルドになった気がする(デカプーは確かにうまいけど、俳優としちゃ三十路入ってもまだ顔が仕上がって来ないのが痛い。あのとっちゃん坊や面じゃあねえ)。
 それを老成と言っていいのかどうか、私にはまだ判断が付かないもんでね。だもんで、この受賞作も、近所の映画館まで降りて来ても行くかどうか、微妙ですね。

 といいつつも、今年は主要賞、キライな人が居ないというとてもめでたい年であった。ほんで、

 フォレスト・ウィテカーがやったわよ! ええ、やったわよ、主演男優賞だよ、どんなもんだい。

 の方が個人的には小躍り状態で、その後かなり咳き込み、のど飴舐めたりして。ま、ピーター・オトゥールが取っておっても同じくらい騒いだであろうし、そっちなら泣いていた可能性もあるけど、まあなあ。
 ヘレン・ミレンも無論、大好きなので、主演女優賞に不満はないが、これまったジュディ・デンチがまたしても逃したのがちょっち哀しい。

(後、ホストのキムタクなあ……つうのもあったけど、結局、映画ファンとしちゃ「自分のお気に入り」の映画評論家でも出て来ない限り、誰が出て来たって鬱陶しいのは同じだしなw)
[PR]
 更新さぼってます。
 鬱というほどの鬱でもなく、なんとなく暮らしてるんですけどね。
 なんて言うんだろ。今、神下ろしの真っ最中で、頭が豆腐なんですよね。
 どっかでふわふわしてるものを捕まえようとはしてるんだけど……集中してるよなしてないよな。ま、ちょっと家の方でもごたごたあって……それはもう片付いたつうか、片付くも片付かないもなく、自分で身仕舞いを正してかなきゃねってとこなんですが。

 だもんで、寂しいから実はこそこそとおともらちんとこ覗いてたりはするんだけど、自分があまりにさぼってるもんで、何だかコメントもしづらいの。脳内モードが不安定で、どうもネット・シフトに入りにくく、といって、決してお仕事シフトにもなるわけねーのよと(読んでるか、Kさん。そういうことだ)。それでつい、造顔マッサージなんか励んでたりするわけですが、ええ、無印良品の安いクリーム使って、重力の井戸から脱出を計ってるわけですわ。
 ついでに異常に出歩いておりまして、それでまあどうでもいいことにお金使っちって(爆)、記念にと思ってたニコンの一眼レフもオメガのスピードマスター(いいじゃないのよ、ずっと欲しいんだよ。欲しいんだけど、買ってねえのよ)も何も買わぬうちに金が無くなっていくと。ええ、日々の生活の中で、あれよあれよと金が消えるぅ。

 そうこうしつつ、なんかがどかんと頭をどやしてくれるのを待ってる、そういう感じです。
 おともらちと遊べなくて寂しいんだけど、それはそれでこの寂しさ抱えてないと、その何かにぶつかれないような気もするしし、でも、同時に日常ってのがきっちり動いてないとカミサマも決して降りて来ないような気もするし、よーするに素人。

 といって、ここを止める気は毛頭ないんだけどね。
 なんかねえ、やっぱ去年の暮れくらいからいろんなことで混乱してて、いや混乱するほどのこともないんだけど、まだほけほけしてるのだと思われ。
 早晩落ち着きます、ええ、きっと。落ち着かんと私が困るし、シーゴラスはもっと困っている。

 ということで、それでもまあ、今さらの京都篇#2 副題「駆け回る冬の足音in銀閣寺」も書けたし上げようとしたら、Kさんに「プロモートが先じゃ!」と怒られたの。なんで怒るのかしら。あの人はすぐ私を怒るのよ。こんなに幼気で従順な労働者のわたくしを、しくしく(爆)。
 つうことで、今日はその件を↑にさくっと上げまして、その件はもう触れないでねといういつものお願いで、だから何度も言ってるように、恥ずかしいのよ、なんだかヤなのよ、ごめんねごめんねと。
[PR]

"半ケツ衣装王"プリンスが来年のスーパーボール・ハーフショウに出演 (ABCdane.NET)

 このタイトルだけで、私はいろいろと脱力してしまうんだけど。

 なんといいますか、うちのシーゴラスはともかくプリンスが好きでして……まあ、他にもモリッシーらぶだし、ソニーのiPodに真っ先に渚ゆう子を入れたりするあたり、十分にマヌケな男なんですがね。
 そんな彼が世にも嬉しそうに「こいつ変」と言い、誰よりも温かい目で見守り続ける男、プリンス。

 そりゃ私も殿下好きですよ。コンサートには何度も行ってますよ。天才だと思ってますよ。「3121」なんぞ久しぶりにエッジ効いてる殿下の御技で、そりゃようございましたわ。
 でもね。

 今を去ること何年前なのだろう、ともかく遙かな昔、殿下がグラミーに出たときだよ。いつだっけ、GRAFITTI BRIDGEとかいう当人しか幸せにならない映画作ってた頃よ(あの人はよくそういうことをする。レコード会社の身にはならんでもいいが、少しはファンの身にもなって欲しい)。何せ当時、彼はTV嫌いの最盛期だったもんで、こっちももうわくわくと待ってたの、ビデオ・セットして。

 そんときやってくれたのがぁ、過激なローライズとか半ケツなんて生やさしいもんじゃなくてぇ、パンツのお尻部分がくっきり「くりぬき」という代物でして。はっきりその手のお店でお商売用に(あるいは成人の夜の個人的楽しみ用に)売ってるよなやつ。
 勿論、そのカッコでやってくれましたよ、踊り子さんたちと3Pダンス。(パールちゃんとダイアモンドちゃんだったっけ)

 わたくしもぽっと頬を染めたり、いやんと目を逸らす余裕さえなく、ただただ唖然といたしましたね。
 ちょっと、殿下、殿下ってば、あんたね、幾つだ? 十分売れてるだろ? 十二分に評価されてるだろ? この上もう何が欲しいというの? 前さえ隠せばいいって、そういう問題じゃないだろう? それでも出すのか。それでも、君は尻を出すのか。
 頭の中には「君は行くのか、そんなにしてまで」という歌の文句が流れてた。
 
 だもんで、今度のスーパーボウルなんだが……。
「検閲は問題ない。放送禁止になるようなことはしない」とプリンス側はコメント。
 んな、後ろ向きな態度でどうする。前のめりで行け前のめりで。
 アメリカの国家的行事スーパーボールだぜ。そこに「あの」プリンスが出るんだぜ。私は期待しているぞ。老けてく一方の80年代組の栄光アゲイン。
 こうなりゃ、も、半ケツどころか、元生地の画像にもある、「スピードでらりった男が出刃包丁を手に飛び出したところ」のようないにしえのご衣装で、SEXY MOTHERFUCKERとかHEADなんか演っていただいて、下着姿の踊り子のみなさんとまな板ショーやっていただいて、ネットワークのエライさんとアイスクリーム抱えた全米の視聴者の度肝を抜いてくれ。
 そいでグラミー・ノミネート、見事、棒に振るのさ。ああ、豪快。

 君ならできる。マイコーのように果てしなく下降していくだけのダウナー系変態ではなく、限りなく天の高みへと突き抜けてゆくアッパー型変人、そいでもって基本的に何があっても「僕だけは幸せ」で爆走する孤高の天才、そんな君なら出来るぞ、プリンス。
 

*ちなみにHEADの意味は、辞書をお引きあそばして。
 
*そうは言いつつ、まあ、今年の春に出たアルバム、ホントにいいのよ、これ。まあ好き嫌いは綺麗に別れるだろうけどね。 →3121(全曲視聴付き)
[PR]
名監督ロバート・アルトマン死去
ロバート・アルトマン
[訃報] 映画監督ロバート・アルトマン(81)死す!(The MouvieBuff Diaries)

アルトマンが逝った(web-tonbori堂)

My love for filmmaking has given me an entree to the world and to the human condition.
映画製作に抱くこの愛こそが、私に、世界や人間のありようへと入って行く道を開いてくれた。
(Robert Altman)
 ごめんなさい。レスはさぼるわ、メールのお返事もしないわで。つうのは、数日前、↑tonboriさんの記事でアルトマンが亡くなったことを読み、ショックだったのよ。だもんで、ぼーっとしてたの。個人的に喪に服してたってとこか。

 まあ、服喪中つうことで何してたかと言えば、買ったり録り貯めたりした一連の作品を観返したり(まあ我ながら持ってるもんだと思った)、Kさんと二月分の細かい打ち合わせしてたり、「メタルギア3」をやり直してたり(アルトマン→「M★A★S★H」→野戦服ってぐー」という思考の流れw)してたんだけどね。

 そんで、「カバレリア・ルスカティーナ」の間奏曲なんて聴いてると、ふと涙がにじんだりした。
 つうのは、今月は私も個人的にわさわさすることがあって、疲れてたんだわ。そこへ、どん! とこれが降って来て、よくも悪くも引導を渡されたよな気分。俺は先に行くけど、お前、がんばれなと言われたみたいな。え? それてないやん、じいちゃん、私を置いていかないで! とか。いや、それはもう勝手にリスペクトしてた私の一方的思いこみだけどさ(爆)。
 だもんで、一応、そんなとっちらかった気分のまんま、先にこのエントリを上げておきます。レスは明日、つけますんで、ホント、いつもごめんなさい。

 つうことで、枕終了、以下本編。ツヅク

More
[PR]
 いや、またネット不在にしております、レスもつけておりません、すいません。
 つか、そういう状況ではございませんで、腰痛(軽くはなったが、居座っている)の脳卒中のと言っておるうちに、事態がどんどん、

 しゃれにならなくなってきた。

 Kさんに明るく、「いや、まだ時間はありますよ、一両日くらい」と言われたのが、昨日だった。そいで、今日、直しを送ったら、あっさり、「前の方がよかったもん♪」と核弾頭を落とされた(爆)。あのな、悪いのは私であることに間違いはないが、それでもそんなに気安く核撃たないでもいいと思うわ、

 あんたは、北朝鮮か。  ……不謹慎なギャグでした。失礼しました。

 つうことで、電話で交渉の末、またもお直しコースと相成った。となると、あっちとこっち、東京と宝塚で同時進行で作業は進むことに。あはははははは。

 そうやってねばり強くネゴするのもわたくし。ただ、自分にとってどーでもいいことなら、どんなに重要な案件で、わざわざあちらから、「どうしましょ?」と訊いていただいても、「あんたが決めれば?」と冷たく言うのもわたくし。今こそ、きっぱりと言いたい。

 少しは立場を考えろよ、わたくし。

 ちなみに、細かいミスを指摘してくれたKさんに、「んな、小姑みたいに」と言ってしまい、「仕事なんだよ!」と怒られた。(すみません、ちょっと運命とか状況とか業とか、そういうもんに逆らってみたかっただけなんです) 
 そのすぐ後に用事で電話してきた盟友の京女、ヨーコにそれ話したら、「その態度のでかさは何なんだよ、このクソ女」と怒鳴られた。 昨日も、遅くまでぱちぱち(当家では仕事をしていることをさす。キーボードの音ね)してて、「先寝てね」とシーゴラスに言うと、「ええっ?! まだあれ送ってなかったの?! とっとと送れよ!」と折檻された。 

 ということで、今日は絶対にやらないぞ、『バイオハザード4 PS2移植版』。↓のレスは明日つけます。ほんま、すいません。伏してお詫び。ともかく、掃除だの仕事だの、腰痛だの、ああ、平和な日々に戻りたい。
[PR]
 すいません。あれから、爆発的な腰痛で寝ておりました。
 
 ほんでね、昨日もせんねん灸して温湿布して唸りながら寝てるとね、仕事のことでKさんからメール来たの。んで、会社に電話したら居ねえでやんの。

 んだけど、電話を受けた人が、「あ、○○さんですかあ」ってとても優しいつうか、笑顔が浮かぶような声で応対してくれたの。
 
 嬉しいなあ、やっと名前覚えてもらえたんだあと後で出先から電話くれたKさんに言うと、あっさり、
「あ、それ、違うよ」
 ぬ?
「あのね。僕が出る前の会議でね、そっちからまだ来てないって話になったの。ほら、
『脳卒中になっても上げます』
 って言い切ってたでしょうが。なのにまぁだ来てないんですよお、変ですねえ、おかしいなあ……って、そういう話題になってたからさあ」
 ……脳卒中なら仕事は上げた。でも、お掃除後遺症で腰痛だったんだ。腰痛って辛いんだよ。立っても座っても寝てても辛いんだよ。シーゴラスに一時間腰揉ませたけど、まだ痛いんだよお(涙)。

 ということで、んでも、私はまじめだから(まじめな人間がここまで納期を引き延ばすだろうか)、今日中に上げるって約束したの。んで、これ打ってる今ね、まだ送ってないの。何、後、3時間しかもあるわ。180分もあるのよ。プラス思考でいかないとね。ふふ。

 も、綱渡りだわ、バンジージャンプだわ。特に、最悪、損をするのは自分だけってあたりが、
 なんともデンジャラス。
 
 んで、そういうこと言ってるとね、

 愛しのneonの液晶が映らなくなったあっ!!!
 
 弱り目に祟り目ってこれかい。まさかnanoたんには何も起こらんだろうな。

 つうことで、仕事してます。果たして上がるんだろうか。ともかく、がんがる。でも、『独眼竜政宗』の再放送は観ねばな。

 
[PR]
 ご無沙汰しております。

 レスもつけずにいきなし沈黙こいてしまいまして、皆様、もはや、完全にお見捨てつうか、汗顔の至り。どうしちったんすか?とわざわざご連絡くださった方までおりまして、申し訳ありません。別にどうもしておりません(大汗&号泣)。

 前回、心斎橋行きの件でちらと書きましたように、ひたすらHOUSE KEEPING作業に、要するに掃除と片づけに明け暮れておりましたのよ。ええ、集中的につうか、

 何かに取り憑かれたように。

 しばし、わたくし、この世の人では無かったのよ。掃除と片づけの神様が降りちまいまして。

 要するにですね、ノート君の初期設定も一落ち着きして(相変わらず、ワーキンググループではみな何かと光学迷彩を着込んだり、分身の術を使いたがるが)、ふと部屋をば見渡し、「そうだわ。わざわざお部屋から運んでくるのって馬鹿みたいじゃないの。お居間にこのノート君が常駐するスペースを作っておかねばいけないわ」と思ったのが、悲劇の始まり。

 以下はそのあたりをめぐる、長たらしいモノローグ「のようなもの」。
 ほんまに、ほんまに長いんで、そこんとこご覚悟の上、more押してね。以下ツヅク

More
[PR]