b0016567_21193429.jpg

 タイトルの句は梶田竹外。
 今回の写真はダメw。明日、もちっとましなのが撮れたらまた別に上げます。

 
 私がネットに戻ったとき、ひさしぶりでおしゃべりしたい人はいっぱい居たけど、その中に一人、どうしても話したかった方が居らした。
 でも、その方は私が出て来た頃には、しばらく更新してらっしゃらなかった。まあ、そうマメに更新をかける方じゃなかったけれど、私がちょうどあのときを契機に戻ったように、その方が、その頃を境に黙ってらっしゃった。そのわけは、私にはわかる気がした。
 で、しばらくたって更新エントリが出たとき、私はぬけぬけと「やっほー」と声をかけた。さすがに何度も落ちては戻りの繰り返しで、気恥ずかしかったからだ。
 その方もどこか「にやり(またかよ、性懲りもなく)」という感じだった。けれど、「きっかけがアレだったにしても」戻って来てくれて嬉しいと(ウソでもw)おっしゃってくれた。そんな風に「やっほー」程度しか言わなかったけれど、その方も、私が戻った理由をほぼ察してらしたと思う。
 そして、その方の数日後のエントリの中に、「遠く離れた場所であれこれ考えているよりも」という一行があった。私は何と言っていいかわからず、「お互いにね(苦笑)」とだけコメントした。
 その方も苦笑が滲むレスで、あのときは行動できるだけましだったねみたいなことをおっしゃった。
 
 私とその方が、この件について交わした会話はこれだけだ。これだけで十分だった。十分な何かを私は受け取った。
 その方は、神戸にお住まいだ。

ツヅキマス

あのときの桜
[PR]
b0016567_22225991.jpg

Kodak DC3800 某駅のホームにて

 えとー、↓のはも少しお待ち下さい。(うれしがって騒いだ分、デビューが怖い。それに落とすのが怖ぁて怖ぁてw
 も1個のニューカマー、人の懐に優しいコダくんのです。

 これはどう見ても、逆光狙って失敗したもんだけど(爆)、個人的には好きなんですね。桜の花に夕陽が透けてる感じが。この色目が気安く出せるのがコダくん。夕暮れ時のお散歩&買い出しのお供です。

 なんにせよ、これが今年、最後に撮った桜。実はその前にサイバー君で撮った桜は全滅。

 タイトルの俳句は青木敏子氏のもの。「美しい」という言葉をこれだけ短い詩で使ってしまうのは難しいよな。それを言わずにどう「美しい」と思わせるのが勝負ってとこあるし。ある意味力業だわ。
 私のイメージからすると、この句の桜は、一本きりの桜、なんだけどね。わあっといっぱい咲いてる感じじゃない。

 しかし、この傍らの廃屋は、私が覚えている限りずーっと廃屋なんだが……いや、まだ人が住んでるんだろうか。 
 

 
[PR]
b0016567_13514964.jpg
 タイトルの俳句は金子兜太のもの。

 春先に、ムンク展観に行った帰りに港に寄りました。
 神戸港っていうとみんな三宮か元町、ポートタワー、メリケン波止場あたりなんだろうな。そりゃ、私だって好きだけど、でも、こういう倉庫街の方は「もうむちゃくちゃ好き」となる。
 何より、私は働く機械、工作機械や大型重機が好きで好きでたまんないのだ。そいつらがいっぱいいるんだもん。特にこのクレーンが港にずらりと並んでるとこは、キリンの群れのようでかわいい。ついでに靄がかかっておぼろなシルエットだけだと巨神兵にも見えて、かなりステキだ。★1

b0016567_13521382.jpg
 これは狙いましたが、期待したほどじゃなかった(藁)。

まだ、続きます。
[PR]
b0016567_03143.jpg


 旧年中はお世話になりました。何より、はなはだしいネット落ちにもかかわらず、なおも覗いてくださっていた方、ほんとうにありがとうございました。
 今年は、少しは心を入れ替えて更新する所存でございますので、よろしければまた覗いてやってくださいませ。かまってくれたり、遊んでくれたりしましたら、なおうれしいです。

 ……と書いてる時点で、私はすでに酔っぱらっておるわけで(爆)。これから買ったばかりの『ガンダム無双』やってばたっと寝て、お昼前に起きて寝起きの顔でマミーんとこ行って「一年の計は元旦にあるというのにおまえという娘は」とか怒られつつ雑煮食って、以後は親戚ツァー2008。今更お年玉も貰えぬ身ではツァー収益などあろうはずもなく、単に肩こりと消化不良を抱えて三が日が開けると。

 こういうていたらくでございますので、

 
去年今年貫く棒の如きもの    高浜虚子


 などという圧倒的な言葉を前にすると、粛然として襟を正そうかとも思うのでございますが、そう言う端からこういう画像をアップしておるわけでマヌケだわと。まあ、ぶっちゃけ、
 
賀状書く少し大きなことも書く    岡島昭二

 てなとこでひとつ。

 それでは、I wish you a happy new year!  みなさま、よいお正月をお過ごしくださいませ。


 あ、今気づいたが、あっがいたん、久しぶりの登場だあ。
[PR]
b0016567_1913668.jpg
Looking over my shoulder 
my behind was covered  
with cherry blossoms

肩越しにふりむくと
背後は桜の花に
覆われていた
(Allen Ginsberg 中上哲夫訳)


More
[PR]