b0016567_21414831.jpg

 タイトルは伊関葉子氏の俳句です。

 桜ってのは、思い出すときが一番綺麗なんじゃないか。
 瞼裏にぱあっと、あの乳白色に一滴色を落としたような花の群れが、果てしなく広がっていくときというのが、一番綺麗なんじゃあないかしらん。
 
 なんか、そういう気分の詩がなかったっけと思い、本をひっかき回し(そうしてると、頭の中で忽然と「あはれ花びら流れ をみなごに花びら流れ」がリピート再生し続けて、邪魔だったら。だーかーらーそれは犀星、金沢じゃ土産物屋の包みにまで印刷されとったわ)、発見はしたものの、なんだよ、またしても中也かよという(爆)。
あれはとほいい處にあるのだけれど
おれはここで待ってゐなくてはならない
        中原中也 「言葉なき歌」
 いや、別にここで中也が言ってるのは桜じゃないけどね。そういう「とほいい」という感じ。
 桜はその花の中で見ていたって、やっぱりどこか「とほいい」もんな。中也が待ってた「詩」とか「言葉」とか「美」とかみたく、どこまでも遠く移ろうもので、つかまえられないものなんだろうなあ。
 こないだも、オテムバさんと「花は独りで見るもんだ」とか話してたんだよね。それも「とほいい」からだな。二人で見たってみんなで見たって、ホントに見てる時は「独り」なんだ。

 んで、写真は去年のもの。今年はどうやら、家の近所で見てすませそうです。結局、マミーとの約束はお流れになったし。
 しかし、去年は気合いいれた。京都まで行った。そう、日本で一番歴史的文学的に付加価値背負った桜を見に(爆)。その後で一週間寝たきりだったが、確かに、その甲斐はあったなと。何せ空は晴れてるわ、タクシーの運転手さんからレストランのマスターから通りすがりのおばちゃんにまで、「いい日にお越しになりましたねえ」と言われるほどの満開。平日だってのに朝から満員の阪急電車に乗ってよかったよと。

 写真はかの哲学の道をちょっと入ったとこにある神社、名前忘れた(藁)とこで撮ったんだけど、ここが一番よかったな、人が少なくて。


花見の友(出遅れた分、個人的に祭り。観るのは独りでもお花は多い方がいいじゃん)
こんなんばっかり(下衆牢愚)
貴様と俺とはJAXAの桜 (せんだって日記)
おだてブタ(Untitled-Blog)
(web-tonbori堂)


私のお気に入り桜ショット&お花見スポット♪
[PR]
b0016567_1913668.jpg
Looking over my shoulder 
my behind was covered  
with cherry blossoms

肩越しにふりむくと
背後は桜の花に
覆われていた
(Allen Ginsberg 中上哲夫訳)


More
[PR]